自動車産業の未来像

自動車産業の未来像

世界の自動車の生産台数は2021年には1億台を突破する予測がある中、自動運転、コネクティッド、電動化、シェアリング経済の進展、日本を筆頭に初めて市場の長期継続的減少に直面していく国が出てくるなど、自動車業界を取り巻く環境はまさに激変している。また、通信や演算処理、人工知能など昨今のテクノロジー進化とIOTの進展のスピードは目覚ましく、自動車産業の中の業務についても大幅な変革が求められる可能性は高い。本セミナーでは、自動車産業及びそれに関連する業界がどのように変化するのか、それに対して、各企業としてどのように対応していくことが求められるのか、できるだけ具体的にひも解いていく。

  • セミナー
  • 2016/02/02
東京海上グループのリスクベース経営(ERM)

東京海上グループのリスクベース経営(ERM)

保険会社を含む企業における内部統制が強化される流れの中で、ERMは経営の基軸として注目を集めるようになっています。こうした中、保険会社にとってなぜERMが必要なのか、といった基本概念を確認するとともに、東京海上グループにおけるリスクベース経営がどのようなサイクルで回っているのかについて、具体的にみていきます。

  • セミナー
  • 2016/01/31
今後のリース事業に期待する金融サービス

今後のリース事業に期待する金融サービス

1990年代の日本版金融ビックバンによって金融規制改革が始まり、その結果他業種からの新規参入が進み、現在では一般事業会社もファイナンス部門を立ち上げるようになり、文字通り金融事業における大競争時代が到来しているといえる状況にある。そのような状況下、法人金融の一翼を担っているリース事業もITバブルの崩壊や、リーマンショック、東日本大震災を経験し、2020年東京オリンピックの追い風があるとはいえ、極めて厳しい環境に置かれていると思われる。この厳しい経営環境の中で今後のリース事業を展望するときに、改めてリース事業の発展経緯から会計・税務・法律等の制度を整理し、更に近年のファイナンス事業の変化に着目することが有益ではないかと考えた。その中から見えてくるファイナンスのサービス化や事業リスクへの取り組み姿勢の変化を考察することが今後期待される事業金融の開発のヒントになるものと信じている。

  • セミナー
  • 2016/01/30
変わるソニーの金融事業戦略

変わるソニーの金融事業戦略

Array

  • セミナー
  • 2016/01/30
決済サービスの海外・国内事情2017

決済サービスの海外・国内事情2017

本講義では、昨年の同講義に続き、海外・国内を対比的に俯瞰し日本の2020年に向けた動向を探ります。中国では極めて短期間でAlipay、WeChat Payが爆発的に普及しました。一方アメリカでは着実にEMVとコンタクトレス導入を進め、その導入はほぼ終了しました。しかしアメリカの加盟店ではEMVカードを磁気で処理し、PINを使わない習慣が根強く残り、運用上の課題が残ります。アメリカ、イギリス、オーストラリアなどでは日本に先行してApple Pay、Android Pay、非接触(payWave/PayPass)カードの導入が進みましたが、実際にはほとんど利用されていないという実態も独自調査で浮き彫りになりました。 国内は、2020年に向けてキャッシュレス環境を整備するという施策が発表され、ATMでの海外カードの現金引き出し対応やEMV化の方向性が明らかになりました。2017年度は改正資金決済法、改正割賦販売法の施行が予定され、これまで法規制のなかった仮想通貨交換業、アクワイアラー、決済代行業者、加盟店が新たに規制対象となることが確定しています。改正法では仮想通貨の匿名取引が原則禁止され、カード会社と加盟店にはEMV対応が義務付けられます。 本講義は金融機関や小売などで決済サービスに従事する方のほか、ソリューションを提供するプロバイダの方などにも受講していただくことを意識し、決済サービスの状況と課題、今後の方向性を広範に扱う予定です。

  • セミナー
  • 2016/01/27
外国籍ファンドにおける法務上・税務上の重要ポイント

外国籍ファンドにおける法務上・税務上の重要ポイント

金融商品取引法の諸規制及び最新の税制改正を踏まえて、外国籍ファンドにおける法務上・税務上の留意点を分かりやすく解説し、全体像を把握していただくとともに、世界各国のファンド規制を踏まえ、海外でファンド関連ビジネスを展開するうえで有用なものとなるように配慮する。税務面では、日本の投資運用会社がPE(恒久的施設)に該当するか、最近の判例を踏まえて海外LPS等や信託がパススルー課税となるか、ファンドがタックスヘイブン課税を受けるか、源泉徴収の要否等の論点につき、適切な税務調査対応法とともに解説する。また、現在の経済情勢においてファンドがらみの紛争が起きた場合の解決手段やファンド向け融資における留意点についても概説する。また、質疑応答の時間を多く設け、個別の質問に十分対応することとしたい。

  • セミナー
  • 2016/01/27
三菱地所が描く大手町・丸の内・有楽町大型再開発プロジェクト

三菱地所が描く大手町・丸の内・有楽町大型再開発プロジェクト

東京駅と皇居の間に位置し、日本最大のオフィス街である大手町・丸の内・有楽町地区は、1988年の再開発推進協議会設立以降、PPP(Public Private Partnership)の考え方に基づき、エリア一体となった大型再開発プロジェクトが進展しており、東京2020オリンピック・パラリンピック後も、引き続き街並みは大きく変わり続けていく。 さらに同地区では、建物の更新が進む中で、単なる建て替えに留まらず、オフィス以外の様々な機能導入や、建物敷地を超えた公共空間の整備・活用等のエリアマネジメントを行い、エリア全体として価値を持続的に高めようとしている。小池都知事の『東京国際金融センター』構想の実現に向け、2017年2月に日本初のFinTech拠点「FINOLAB(フィノラボ)」を大手町エリアへ拡張移転するなどの取り組みも進めており、これを海外に対してもアピールすることで、ビジネス需要を質・量ともに増やしていこうとしている。

  • セミナー
  • 2016/01/26
保険会社における改正個人情報保護法の実務対応

保険会社における改正個人情報保護法の実務対応

改正個人情報保護法の施行が迫ってきています。10年ぶりの改正で、保険会社を始めとする民間企業に大きな影響を与える改正法を、新ガイドラインを踏まえて解説します。改正法では、諸外国並みに、要配慮個人情報が新設され、第三者提供の際には記録作成等が義務付けられます。また匿名加工情報も新設されました。ガイドラインも新しくなり、かつ個人情報保護に対する国民意識が高い現代で、保険会社を始めとする民間企業が、いかに改正個人情報保護法対応をスムーズに行うか、どのように個人情報保護を行っていくか、具体的に解説します。

  • セミナー
  • 2016/01/26
The Financeについて

The Financeは、金融業界のビジネスマンのためのウェブマガジンです。

金融業界向けの講演を数多く手掛ける有名講師陣のご協力により、どこよりも実践的な情報を掲載して参ります。