1. HOME
  2. ニュース
  3. 金融庁 「経営者保証に関するガイドライン」の活用に係る参考事例集を公表

金融庁 「経営者保証に関するガイドライン」の活用に係る参考事例集を公表

平成29年4月7日 金融庁は「経営者保障に関するガイドラインの活用に関する参考事例集(改訂版)」を公表した。

この参考事例集は、各金融機関より提出された資料より作成されている。参考事例集は、①経営者保障に依存しない融資の促進、②適切な補償金額の設定、③保証規約の見直し、④保証債務の整理の項目に分けられており、全51の事例が紹介されている。

詳しくは、「経営者保証に関するガイドライン」の活用に係る参考事例集(平成29年4月改訂版)の公表について

新着の記事
【解説】InsurTech(インシュアテック)とは?概要と法的問題

Insurance(保険)とTechnology(テクノロジー)から成る造語であるInsurTechとはどのようなものか。また、多数ある保険関連の法律や規制ととどのように関わるのか。弁護士が詳しく解説する。

【総解説】休眠預金等活用法 ~ 概要・経緯・目的・実務対応

休眠預金等活用法が2018年1月1日に施行された。休眠預金等活用法とはどのような法で、何を目的に作られたのか。休眠預金とは具体的にどのようなものを指すのか。休眠預金活用法の概要から金融機関の実務対応(①移動事由の確定、②預金規定の改定、③預金者等への情報提供)まで弁護士が詳しく解説する。

【連載】債権法改正と金融実務~譲渡制限特約付債権譲渡

債権法改正の連載として前回は定型約款に関する規定を解説した。今回は、全ての条文について見直しが行われた債権譲渡(466条から473条)について重要な点(譲渡制限特約付き債権譲渡に関する改正、将来債権譲渡に関する改正、債権譲渡時における債務者の抗弁に関する改正、相殺権に関する規定の新設)を弁護士が詳しく解説する。

量子コンピュータとは? 意味・背景・先進事例10選

量子コンピュータが実用化され始めた。2012年にD-wave社により商用化された量子コンピュータは、既存コンピュータの1億倍という超高速を記録。GoogleやIBMなどがしのぎを削り、MicroSoftはQ#という量子コンピュータの言語を発表した。コンピュータの世界は新たな次元に到達した。今、量子コンピュータの世界で何が起こっているのか、概観する。