1. HOME
  2. ニュース
  3. シンプレクス グローバルの戦略的拠点となる米国子会社をニューヨークに設立

シンプレクス グローバルの戦略的拠点となる米国子会社をニューヨークに設立

~米投資銀行の金融テクノロジーエッセンスを集約した次世代プラットフォームソリューション「GenesisEIP」の開発・販売拠点に~

シンプレクス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:金子英樹、以下:当社)は、2017年2月より、米国ニューヨーク州にグローバルの戦略的活動拠点となるSimplex Global Inc. (以下:Simplex Global社)を設立し、業務を開始したことをお知らせいたします。

米国子会社設立の理由

2017年4月18日付のプレスリリースで発表した通り、当社は米投資銀行の資金運用業務に精通したBeacon Platform, Inc.(本社:米国ニューヨーク、Founder & CEO:Kirat Singh、Founder & COO:Mark Higgin、以下:Beacon社)と資本業務提携契約を締結しております。

Simplex Global社は、Beacon社との戦略的パートナーシップに基づき、次世代プラットフォームソリューション「GenesisEIP ※」の共同開発、及び、セールス・マーケティングを推進することを目的として設立されました。金融・ITの領域で最先端技術が集積する米国の利点を活かし、本格的なグローバル展開における戦略的拠点として位置づけることで、当社グループの成長戦略の具現化と加速に繋げてまいります。

米国子会社の概要

会社概要

補足説明

※ GenesisEIP とは、シンプレクスとBeacon 社が共同開発する次世代プラットフォームソリューションのコードネームです。EIP は、Enterprise Innovation/Integration Platform の略称です。

詳しくは、グローバルの戦略的拠点となる米国子会社をニューヨークに設立

新着の記事
改正外為法と金融機関に対する影響

2019年11月22日に外為法の改正が可決され、2020年5月までに施行される。本稿では、今回の外為法改正におけるポイントと金融機関に与える影響について解説する。

米国不動産投資に対する新規制CFIUSによる最終案の公表

2020年1月13日米国不動産への外国投資家による投資を規制する内容を含む、外国投資リスク審査現代化法の最終規則案を税国財務省が公表した。本稿では、最終規則案のポイントと日本に与える影響について解説する。

金融当局による保険代理店モニタリングの動向と着眼点

2019年9月以降関東財務局は、約60社の保険代理店に対し8つ程度のテーマについて立入ヒアリングを実施している。本稿では、金融当局による保険代理店へのモニタリング動向と監査の重要性について、保険代理店へのコンサル経験を豊富に持つ弁護士が解説する。

スマホ決済サービスの 販促キャンペーンの景品規制

キャッシュレスサービスが勃興する中、サービス提供会社は様々なキャンペーンを打ち出している。キャンペーン戦略を練る上で、景表法上の規制対応は欠かせない。本稿では、販促キャンペーンにおける景表法上の留意点について解説する。

注目のセミナー すべて表示する