1. HOME
  2. ニュース
  3. シンプレクス グローバルの戦略的拠点となる米国子会社をニューヨークに設立

シンプレクス グローバルの戦略的拠点となる米国子会社をニューヨークに設立

~米投資銀行の金融テクノロジーエッセンスを集約した次世代プラットフォームソリューション「GenesisEIP」の開発・販売拠点に~

シンプレクス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:金子英樹、以下:当社)は、2017年2月より、米国ニューヨーク州にグローバルの戦略的活動拠点となるSimplex Global Inc. (以下:Simplex Global社)を設立し、業務を開始したことをお知らせいたします。

米国子会社設立の理由

2017年4月18日付のプレスリリースで発表した通り、当社は米投資銀行の資金運用業務に精通したBeacon Platform, Inc.(本社:米国ニューヨーク、Founder & CEO:Kirat Singh、Founder & COO:Mark Higgin、以下:Beacon社)と資本業務提携契約を締結しております。

Simplex Global社は、Beacon社との戦略的パートナーシップに基づき、次世代プラットフォームソリューション「GenesisEIP ※」の共同開発、及び、セールス・マーケティングを推進することを目的として設立されました。金融・ITの領域で最先端技術が集積する米国の利点を活かし、本格的なグローバル展開における戦略的拠点として位置づけることで、当社グループの成長戦略の具現化と加速に繋げてまいります。

米国子会社の概要

会社概要

補足説明

※ GenesisEIP とは、シンプレクスとBeacon 社が共同開発する次世代プラットフォームソリューションのコードネームです。EIP は、Enterprise Innovation/Integration Platform の略称です。

詳しくは、グローバルの戦略的拠点となる米国子会社をニューヨークに設立

新着の記事
金融行政のこれまでの実践と今後の方針~金融実務における主なポイント【後編】

金融庁が公表した「変革期における金融サービスの向上にむけて~金融行政のこれまでの実践と今後の方針~(平成30事務年度)」。前編では、全体の構成と、平成30事務年度における金融行政の重点施策のうち「デジタライゼーションの加速的な進展への対応」、「家計の安定的な資産形成の推進」、「活力ある資本市場の実現と市場の公正性・透明性の確保」に関する金融実務上のポイントを解説した。本稿、後編ではその他の重点施策について、実務上重要なポイントを解説していく。

Kyash鷹取真一氏が描くキャッシュレス社会の姿とKyashにおける今後の展開

平成30年4月経済産業省は、日本のキャッシュレス社会を推進すべく「キャッシュレス・ビジョン」を公表した。また昨今、異業種の大企業が決済分野に参入するなどプレイヤーが乱立し、キャッシュレス社会に向けた動きが激化している。本稿では、2015年1月に創業しこれまでに総額10憶円を超える資金調達を行い、ウォレットアプリを提供している株式会社Kyash CEOの鷹取真一氏に同氏が描くキャッシュレス社会の姿とKyashにおける今後の展開についてインタビューを実施した。

急増する事業承継におけるM&A~金融機関担当者が押さえておくべき留意点を解説

中小企業における後継者難が顕在化するなか、事業承継を成功させるための有効な手段として、M&Aが考えられている。近年金融機関では、事業承継M&Aの支援を行う部署を新設するなど取組みを強化している。これまでM&Aのアドバイスをあまり行っていない地方金融機関等にとって、M&Aに対する理解・ノウハウを蓄積することは重要だが、事業承継M&Aにおける特有の留意点が存在する。本稿では、事業承継M&Aをサポートするうえで直面する機会が多い点について概観する。

金融行政のこれまでの実践と今後の方針~金融実務における主なポイント【前編】

金融庁は、過去の取組みや現状の課題と、金融行政の方針との関係性をより明確化し、PDCAサイクルに基づく業務運営を強化することを目的に、これまで公表してきた「金融レポート」と「金融行政方針」を一体化させ、平成30年9月26日に「変革期における金融サービスの向上にむけて~金融行政のこれまでの実践と今後の方針~(平成30事務年度)」公表した。本稿では、金融実務に関わるポイントを解説していく。