1. HOME
  2. ニュース
  3. シンプレクス グローバルの戦略的拠点となる米国子会社をニューヨークに設立

シンプレクス グローバルの戦略的拠点となる米国子会社をニューヨークに設立

~米投資銀行の金融テクノロジーエッセンスを集約した次世代プラットフォームソリューション「GenesisEIP」の開発・販売拠点に~

シンプレクス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:金子英樹、以下:当社)は、2017年2月より、米国ニューヨーク州にグローバルの戦略的活動拠点となるSimplex Global Inc. (以下:Simplex Global社)を設立し、業務を開始したことをお知らせいたします。

米国子会社設立の理由

2017年4月18日付のプレスリリースで発表した通り、当社は米投資銀行の資金運用業務に精通したBeacon Platform, Inc.(本社:米国ニューヨーク、Founder & CEO:Kirat Singh、Founder & COO:Mark Higgin、以下:Beacon社)と資本業務提携契約を締結しております。

Simplex Global社は、Beacon社との戦略的パートナーシップに基づき、次世代プラットフォームソリューション「GenesisEIP ※」の共同開発、及び、セールス・マーケティングを推進することを目的として設立されました。金融・ITの領域で最先端技術が集積する米国の利点を活かし、本格的なグローバル展開における戦略的拠点として位置づけることで、当社グループの成長戦略の具現化と加速に繋げてまいります。

米国子会社の概要

会社概要

補足説明

※ GenesisEIP とは、シンプレクスとBeacon 社が共同開発する次世代プラットフォームソリューションのコードネームです。EIP は、Enterprise Innovation/Integration Platform の略称です。

詳しくは、グローバルの戦略的拠点となる米国子会社をニューヨークに設立

新着の記事
【連載】債権法改正と金融実務~譲渡制限特約付債権譲渡

債権法改正の連載として前回は定型約款に関する規定を解説した。今回は、全ての条文について見直しが行われた債権譲渡(466条から473条)について重要な点(譲渡制限特約付き債権譲渡に関する改正、将来債権譲渡に関する改正、債権譲渡時における債務者の抗弁に関する改正、相殺権に関する規定の新設)を弁護士が詳しく解説する。

量子コンピュータとは? 意味・背景・先進事例10選

量子コンピュータが実用化され始めた。2012年にD-wave社により商用化された量子コンピュータは、既存コンピュータの1億倍という超高速を記録。GoogleやIBMなどがしのぎを削り、MicroSoftはQ#という量子コンピュータの言語を発表した。コンピュータの世界は新たな次元に到達した。今、量子コンピュータの世界で何が起こっているのか、概観する。

基礎から学ぶ信用リスク管理 ~10分でわかる基本と各種計算式

金融機関において避けては通れないテーマの一つである「信用リスク管理」。これから信用リスク管理について学ぶ方のために、長年「信用リスク管理」に携わってきた筆者が、言葉の定義から各種計算の基礎、債務者格付制度、スコアリングモデルまで、初心者にも理解しやすいよう丁寧に解説する。

【弁護士が詳しく解説】「働き方改革」の施策と予定される法改正

政府主導の「働き方改革」に伴い、大規模な労働関係法令の改正が予定されている。この法改正には、違反に対し強制力をもって罰則を適用するものもあり、すべての事業者は他人事ではなくなるため、正しい理解と準備が必要だ。本稿では「働き方改革」の内容と法改正、企業への影響について、弁護士が正しい情報を提供する。