1. HOME
  2. ニュース
  3. シンプレクス グローバルの戦略的拠点となる米国子会社をニューヨークに設立

シンプレクス グローバルの戦略的拠点となる米国子会社をニューヨークに設立

~米投資銀行の金融テクノロジーエッセンスを集約した次世代プラットフォームソリューション「GenesisEIP」の開発・販売拠点に~

シンプレクス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:金子英樹、以下:当社)は、2017年2月より、米国ニューヨーク州にグローバルの戦略的活動拠点となるSimplex Global Inc. (以下:Simplex Global社)を設立し、業務を開始したことをお知らせいたします。

米国子会社設立の理由

2017年4月18日付のプレスリリースで発表した通り、当社は米投資銀行の資金運用業務に精通したBeacon Platform, Inc.(本社:米国ニューヨーク、Founder & CEO:Kirat Singh、Founder & COO:Mark Higgin、以下:Beacon社)と資本業務提携契約を締結しております。

Simplex Global社は、Beacon社との戦略的パートナーシップに基づき、次世代プラットフォームソリューション「GenesisEIP ※」の共同開発、及び、セールス・マーケティングを推進することを目的として設立されました。金融・ITの領域で最先端技術が集積する米国の利点を活かし、本格的なグローバル展開における戦略的拠点として位置づけることで、当社グループの成長戦略の具現化と加速に繋げてまいります。

米国子会社の概要

会社概要

補足説明

※ GenesisEIP とは、シンプレクスとBeacon 社が共同開発する次世代プラットフォームソリューションのコードネームです。EIP は、Enterprise Innovation/Integration Platform の略称です。

詳しくは、グローバルの戦略的拠点となる米国子会社をニューヨークに設立

新着の記事
多様なニーズに応じた金融サービスの向上<住信SBIネット銀行>

「多様なニーズに応じた金融サービスの向上」は、金融庁の「令和元事務年度金融行政方針」でも強調されているように、国民の資産形成を後押ししつつ資金の好循環を実現するためには欠かせない。住信SBIネット銀行では「NPS®」と呼ばれる経営指標をベースに、顕在化しているニーズはもちろん、顧客自身すら気づいていない潜在ニーズにもアプローチする取り組みを強化している。同行 企画部 カスタマー・ロイヤルティ戦略室長の松丸剛氏に、NPSを活用した顧客本位の業務運営について聞いた。

イノベーションに向けたチャレンジの促進<みずほ銀行>

金融庁の「令和元事務年度金融行政方針」には、新たな金融サービス創出を目指す多様なプレーヤーを後押しすることが盛り込まれた。イノベーティブな事業を手掛ける企業のサポートは、日本経済活性化にも欠かせない。みずほ銀行は、イノベーション企業に成長機会を提供する会員サービス「M’s Salon」を軸にスタートアップ支援を展開している。他のメガバンクとは一線を画す手法と狙いを、みずほ銀行 執行役員 イノベーション企業支援部長の大櫃直人氏に聞いた。

「成長戦略実行計画『Society5.0の実現』」のポイント

政府は、アベノミクスの最新版「成長戦略実行計画」などを掲げて日本経済再生に取り組んでいる。成長戦略実行計画などに掲げられている「Society5.0」のポイントや方向性について、内閣官房 日本経済再生総合事務局(未来投資会議) 参事官の三浦章豪氏に聞いた。

「利用者を中心とした新時代の金融サービス~金融行政のこれまでの実践と今後の方針(令和元事務年度)~」について

金融庁は2019年8月28日、令和元事務年度の金融行政方針を発表した。金融庁の今後1年間の重点施策をまとめたもので、当局と金融サービス利用者、金融機関、市場関係者などの間で認識の共有を図り、より良い金融行政の実現につながることを目指したものだ。The Financeでは「令和元事務年度金融行政方針」を読み解くと題し全5回に分け方針の概要、各金融機関における先人的な事例を紹介していく。本稿では、金融庁政策立案総括審議官の松尾元信氏に金融行政方針の重点施策と実現に必要な取り組みについて紹介する。