1. HOME
  2. ニュース
  3. シンプレクス グローバルの戦略的拠点となる米国子会社をニューヨークに設立

シンプレクス グローバルの戦略的拠点となる米国子会社をニューヨークに設立

~米投資銀行の金融テクノロジーエッセンスを集約した次世代プラットフォームソリューション「GenesisEIP」の開発・販売拠点に~

シンプレクス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:金子英樹、以下:当社)は、2017年2月より、米国ニューヨーク州にグローバルの戦略的活動拠点となるSimplex Global Inc. (以下:Simplex Global社)を設立し、業務を開始したことをお知らせいたします。

米国子会社設立の理由

2017年4月18日付のプレスリリースで発表した通り、当社は米投資銀行の資金運用業務に精通したBeacon Platform, Inc.(本社:米国ニューヨーク、Founder & CEO:Kirat Singh、Founder & COO:Mark Higgin、以下:Beacon社)と資本業務提携契約を締結しております。

Simplex Global社は、Beacon社との戦略的パートナーシップに基づき、次世代プラットフォームソリューション「GenesisEIP ※」の共同開発、及び、セールス・マーケティングを推進することを目的として設立されました。金融・ITの領域で最先端技術が集積する米国の利点を活かし、本格的なグローバル展開における戦略的拠点として位置づけることで、当社グループの成長戦略の具現化と加速に繋げてまいります。

米国子会社の概要

会社概要

補足説明

※ GenesisEIP とは、シンプレクスとBeacon 社が共同開発する次世代プラットフォームソリューションのコードネームです。EIP は、Enterprise Innovation/Integration Platform の略称です。

詳しくは、グローバルの戦略的拠点となる米国子会社をニューヨークに設立

新着の記事
金融業界の変革を妨げる業務プロセスの分断をどう解決するか?

【PR】金融業界は長年にわたって膨大なシステム群を構築してきた。その連携不足によって生じる業務プロセスの“分断”は、生産性向上を阻み、顧客サービスの提供スピードや品質でFinTech企業に評価を奪われる要因となっている。この課題を解決するには、既存のシステム群やデータベース群を連携させ、顧客からリクエストを受けてから、要求の実現やサービスの提供を行うまでの業務プロセスがエンド・ツー・エンドで完結するような業務プラットフォームを構築するのが有効となる。金融業界向けに特化し、ベストプラクティスを盛り込んだ業務連携のためのプラットフォームについて解説する。

金融機関から見るSTO(Security Token Offering)の現状と課題

2020年はブロックチェーンを用いたデジタル証券、すなわちセキュリティトークンの発行実験の成果が相次いで公表された。野村総合研究所、大和証券、三井住友信託銀行などが代表的な事例であろう。本稿では、きっかけとなった昨年の金融商品取引法(金商法)改正と現状のスキーム、今後の展望について解説する。

金融機関のためのスモールスタートから始めるリスク管理体制の構築

リスクには、大きく2つに分けることができる。①自分である程度コントロールできるリスク、②自分ではコントロールが難しいリスクである。近年は、自分ではコントロールが難しいリスク(経済ショックリスク、災害リスク、パンデミックリスク)に対する管理体制の構築が重要な課題となっている。本稿では、リスク管理構築のポイントを大きく2つに分け解説する。

『脱・銀行化』に向けたビジネスモデルの構築 ~「つながる」時代に向けた変革の論点~

今から10年後には、60代までの大多数と、70代の多くがスマートフォンを使いこなす時代が到来する。その社会における個人や企業・組織の活動は、入口がデジタルであり、商品・サービスの提供は、「デジタルが主、リアルが従」でデザインされることになるだろう。データを介して「つながる」社会におけるバンキングはどのような姿になっているだろうか。

注目のセミナー すべて表示する