1. HOME
  2. ニュース
  3. シンプレクス 米投資銀行の金融市場業務に精通したBeacon社と資本業務提携

シンプレクス 米投資銀行の金融市場業務に精通したBeacon社と資本業務提携

欧米アジアの金融機関を対象に、米投資銀行の金融テクノロジーエッセンスが集約された次世代プラットフォームソリューション「GenesisEIP」の開発・販売に注力

シンプレクス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:金子英樹、以下:シンプレクス)とBeacon Platform, Inc.(本社:米国ニューヨーク、Co-Founder & CEO:Kirat Singh、以下:Beacon社)は、次世代プラットフォームソリューション「GenesisEIP※1(以下:Genesis)」を共同開発すると共に、協業チームを組織し、欧米アジアの金融機関を対象としたセールス・マーケティングを推進することを目的として、資本業務提携契約を締結しました。

資本業務提携の背景

グローバルに成功を収めている米投資銀行では、ゴールドマン・サックスのSecDBに代表されるように、金融市場業務に必要なエッセンスを網羅した「プラットフォームソリューション※2」を自社開発することで、収益最大化を図っています。他方、プラットフォームソリューションを構築していない一般の金融機関では、迅速な商品追加や大量計算を伴うリスク計測等の必要に迫られるなか、機動的かつ柔軟な包括的ソリューションを求めるニーズが高まっています。

こうした状況のなかシンプレクスでは、ゴールドマン・サックスとモルガン・スタンレーの日本法人で20年に亘り金融工学分野の責任者を務めたメンバーを開発責任者に迎え、Genesisの開発を進めてまいりました。そしてGenesisの基盤として、米投資銀行の金融テクノロジーエッセンスが集約されたBeacon社製のBeacon Platformを採用することを決定し、技術検証を実施してきました。今回の資本業務提携は、2015年5月より協力を続けてきた現行のパートナーシップを更に発展させるものです。

資本業務提携の内容

  1. 両社にて米国ニューヨークに共同オフィスを立ち上げ、Genesisの共同開発を推進する
  2. 欧米アジアの金融機関を対象としたGenesisの共同セールス・マーケティング活動を推進する
  3. プリセールス人員やコアエンジニア等、今後3年間で50名規模の協業チームを組織する
  4. 本資本提携によりシンプレクスは、Beacon社の発行済株式の2.9%を取得

Beacon Platform, Inc.について

Beacon社は、ゴールドマン・サックス、JPモルガン、バンクオブアメリカ・メリルリンチの3社にて、プラットフォームソリューション開発をリードしてきたメンバーにより、2013年に設立されました。ニューヨーク、ロンドン、ベルリンに拠点を構え、米投資銀行の金融市場業務に関する豊富な知見と、自社開発のプラットフォーム技術を融合し、金融機関に向けて包括的ソリューションを提供しています。直近では、世界的なリスクマネジメントとデリバティブの専門誌「Risk Magazine」が主催するRisk Awards 2017において”Fintech start-up of the year“を受賞する等、グローバルに注目を集めています。

Co-Founder and CEO : Kirat Singh

1997年から10年に亘り、ゴールドマン・サックスにおいてSecDBの開発に携わる。JPモルガンとバンクオブアメリカ・メリルリンチでもそれぞれAthenaとQuartzの設計開発に携わり、計18年間3社にてプラットフォームソリューションの開発に従事。

Co-Founder and COO : Mark Higgins

1998年から8年間に亘り、ゴールドマン・サックスにおいてSecDBの開発に携わる。その後JPモルガンにて、Athenaの開発プロジェクトをKiratとともに立ち上げる。計20年間トレーディングとリスクマネジメントシステムの開発に従事。

Equity Partner and CCO : Michael Kirch

2002年から12年に亘り、ゴールドマン・サックスに勤務。コモディティのスペシャリストで、ゴールドマン・サックスのEMEAコモディティ・ストラテジストチームのヘッド等を歴任。Beacon社のチーフコマーシャルオフィサー。

シンプレクス株式会社について

シンプレクスは、金融機関の収益業務に特化した金融ソリューションプロバイダーです。ソロモン・ブラザーズ証券(現:シティグループ証券)の最先端金融技術を担っていたメンバーにより、1997年に設立されました。1,000名を超える金融・ITに精通したプロフェッショナルが在籍し、大手金融機関を中心に強固な顧客基盤を獲得しています。また、米国の調査会社「IDC Financial Insights」が選定する世界の金融ITサービス企業ランキングFinTech Rankingにも毎年ランクインしています。

補足説明

※1 GenesisEIPとは、シンプレクスとBeacon社が共同開発する次世代プラットフォームソリューションのコードネームです。EIPは、Enterprise Innovation/Integration Platformの略称です。

※2 最初のプラットフォームソリューションであるゴールドマン・サックスのSecDBは1990年台初頭に誕生しました。SecDB 以降、JPモルガンのAthena、バンクオブアメリカ・メリルリンチのQuartzが相次いで構築されています。今回シンプレクスとBeacon社が共同開発するGenesisは、ソリューションプロバイダーが一般の金融機関・投資家を対象に提供する、業界初の次世代プラットフォームソリューションです。(1)機動力と柔軟性に富んだ開発基盤の構築、(2) 大規模計算の高速化とクラウド活用によるスケーラビリティの確保、(3)データ及び計算機能等の市場システムにおけるコア機能の一元管理を実現するGenesisにより、金融機関の収益最大化を支援してまいります。

詳しくは、米投資銀行の金融市場業務に精通したBeacon社と資本業務提携

新着の記事
【平成29事務年度金融行政方針】業態別の取組み

平成29事務年度金融行政方針「Ⅴ. 金融仲介機能の十分な発揮と健全な金融システムの確保等」では、金融機関の業態ごとの施策がまとめられている。本稿は平成29事務年度金融行政方針に関する全3回連載の2回目として、「Ⅴ. 金融仲介機能の十分な発揮と健全な金融システムの確保等」に焦点を当て、各業態の施策と国際的な取り組みについて解説する。

【平成29事務年度金融行政方針】全体像と金融実務に与える影響

平成29年11月10日、平成29事務年度金融行政方針が公表された。金融行政方針は、金融庁がどのような金融行政を行っていくかを示すものであり、金融機関の実務に大きな影響を与える。本稿は金融行政方針を解説する全3回連載の第1回目。平成29事務年度金融行政方針の全体像と金融実務に影響を与えるポイントを解説する。

最新版「金融レポート」と「金融行政方針」に見る銀行の課題と今後の金融行政

平成28事務年度 金融レポート、平成29事務年度 金融行政方針が公表された。地銀経営の課題や、アパート・マンションローンの問題、銀行カードローンと総量規制の問題など、今年も金融機関の業務に影響する内容が盛り込まれている。本稿では、2つのレポートの内容を金融機関の観点から留意すべき事項を中心に解説する。

【連載】債権法改正と金融実務:改正の趣旨・経緯・施行日

民法が制定されて約120年、初めて大規模な改正が行われる。債権法改正と呼ばれる本改正は、金融機関への影響も大きい。本連載では、金融実務に関わる分野を中心に解説するとともに、読者が債権法改正について調査する際に読むべき資料を丁寧に紹介する。第1回では、債権法改正の背景や経緯を解説する。