1. HOME
  2. 山口FG ロボアドバイザーによる資産運用サービス開始

山口FG ロボアドバイザーによる資産運用サービス開始

平成29年4月19日 株式会社山口フィナンシャルグループは株式会社お金のデザインと共同開発した資産運用向けロボアドバイザーサービスの提供を開始したことを発表した。

同サービスは、山口銀行・もみじ銀行・北九州銀行の各行で利用ができる。山口フィナンシャルグループとお金のデザインは、同サービスを開発・提供するため平成28年11月15日に資本業務提携を締結している。

詳しくは、ロボアドバイザーによる資産運用サービス THEO+[テオプラス]サービス開始のお知らせ

新着の記事
改正個人情報保護法とは?改正ポイントと対応方法を総解説

個人の権利利益を保護することを目的として、平成17年4月に全面施行された個人情報保護法が約10年ぶりに改正され平成29年5月30日に全面施行される。本稿では、個人情報保護法の改正の経緯から今回の改正内容で金融機関が押さえておくべきポイントを弁護士がわかりやすく解説する。

FinTech最新調査~技術革新に直面する日本の金融機関が向かうべき方向

PwC Japanが1,300人以上を対象に行った最新のフィンテックグローバル調査で、日本とグローバルではFinTechへの取り組み姿勢が大きく異なることが明らかになった。日本の金融機関は大きく出遅れたと言って良い。本稿は全5回連載の最終回として、調査結果を踏まえ、日本の金融機関におけるFinTechの現状と今後の可能性を示す。

【詳しく知りたい人向け】ベンチャーキャピタルの投資先評価

ベンチャーキャピタルは、未公開株式に投資を行い、投資先のキャピタルゲインを得ることを目的としている。投資先の適切な評価を行うことが重要論点である。本稿は、ベンチャーキャピタルの概要や会計処理等について説明する3回連載の3回目として、ベンチャーキャピタルにおける投資先評価の論点について公認会計士が解説する。

企業実証特例制度とは? メリット・利用方法・事例を総解説

事業者が新規事業を行おうとする際、事業者が自ら主導して特例措置を提案し、安全性等の確保を条件として企業単位で規制の特例措置の適用が認められる「企業実証特例制度」。本稿では、注目を集めている「企業実証特例制度」について、仕組みやメリット、利用方法および利用時の留意点について弁護士が説明する。