1. HOME
  2. ニュース
  3. 沖縄銀行 タブレット活用で融資判断の最適化

沖縄銀行 タブレット活用で融資判断の最適化

沖縄銀行と三井情報株式会社は、事業計画支援システムをタブレット端末に対応させる機能を共同開発したことを発表した。

今回のシステムは、行員がタブレット端末に融資先の財務情報等を入力するとことにより、適切な提案およびリアルタイムにAWOT分析やPEAT分析をすることが可能となる。事務作業・融資判断の時間削減に繋がり業務効率化を図っていく。

お客さまの経営課題を見える化し、解決策の提案・事業計画策定の実施し、融資判断を迅速化

新着の記事
AI・アナリティクスを活用したデータ駆動型バンキングサービス

銀行のスマートバンキング化の動きが加速している。スマートバンキングはキャッシュレスなどの物理的な利便性に焦点を当てられがちだが、AIやデータアナリティクス、ディープラーニングと組み合わせることで、顧客体験に革命を起こすことができる。スマートバンキングとAIがもたらす銀行とITの未来を読み解く。

第三者委員会とは? 意義、目的、活動内容を総解説

「第三者委員会」というワードを耳にする機会が増えた。第三者委員会は法令によって設置が義務付けられているものではなく、企業が任意に設置しているものである。ではその調査報告は信用できるものなのだろうか。第三者委員会の意義や目的、活動、構成委員、必要性などについて、わかりやすく解説する。

【連載】債権法改正と金融実務~債務引受に関する規定の新設

現行民法には条文がなかった「債務引受」に関する規定が、債権法改正で新設された。債務引受には、併存的債務引受と免責的債務引受の2つのタイプがあり、それぞれを正しく理解する必要がある。本稿は、債権法に関する連載の第6回として、債務引受について弁護士が詳しく解説する。

【対談】サンドボックスとRegTechで変わる金融サービス

2018年6月施行の生産性向上特別措置法によって「規制のサンドボックス制度」が本格始動した。RegTechに貢献するスキームと期待を集める同制度の概要と見通し、金融サービスに与える影響などについて、内閣官房 日本経済再生総合事務局 参事官の中原裕彦氏と、EY新日本有限責任監査法人 金融事業部 パートナーの小川恵子氏が語り合った。