1. HOME
  2. ニュース
  3. TSUBASAアライアンス オープンAPIプロジェクト開始

TSUBASAアライアンス オープンAPIプロジェクト開始

千葉銀行や伊予銀行等の地銀6行が加盟する「TSUBASA金融システム高度化アライアンス」は、T&Iイノベーションセンターと日本アイ・ビー・エムと共同で、オープンAPIに対応した「TSUBASA FinTech共通基盤」の構築に向けた検討プロジェクトを開始したことを発表した。

フィンテック企業が同一の仕様で、共通基盤を採用した金融機関と接続することが可能となる。同基盤をアライアンス加盟行のみならず、幅広く金融機関に利用されることを目指す。

TSUBASA金融システム高度化アライアンス加盟行・・・千葉銀行、伊予銀行、第四銀行、東邦銀行、中国銀行、北洋銀行

新着の記事
日本版スチュワードシップ・コード改訂 7つの重要ポイント

2017年5月29日、日本版スチュワードシップ・コードの改訂版が公表された。日本版スチュワードシップ・コード改訂版を理解するためには、フォローアップ会議と有識者検討会での議論を押さえることが重要だ。本稿では、今回の改訂の経緯から公表された改訂版の7つのポイントを弁護士がわかりやすく解説する。

非金融でも注目したい世界のブロックチェーン活用と先進事例

活用が進むブロックチェーン。だが、その注目は金融用途や技術論に偏りすぎている。視野を広げれば小売や医療、エネルギー分野と、先進的な活用事例も見えてくる。各業界で競うように活用が進むブロックチェーンは自律協調型社会に向けた革新となるか。新たな社会システムの構築に向けたブロックチェーン活用事例と活用のポイントに迫る。

巨大化する中国のFinTech ~7億人市場と主要企業・政府の動向

中国でFinTechが急拡大している。7億人以上のインターネット利用者を抱える中国では、アリババ等の大手インターネット企業が、SNS等の既存サービスの利用者を囲い込んでFinTechサービスを提供し、中国政府も積極的な姿勢を見せている。現地取材を通して見えた中国のインターネット金融の実態と動向を解説する。

フェア・ディスクロージャー・ルールとは?7つのポイントを解説

上場企業などに投資家に対する公平な情報開示を求める新規制(いわゆるフェア・ディスクロージャー・ルール)を盛り込んだ金融商品取引法改正案が平成29年5月17日、参院本会議で可決、成立した。改正金商法は、公布の日(同年5月24日)から起算して1年を超えない範囲内において政令で定める日から施行される。本稿では、改正の経緯、フェア・ディスクロージャー・ルールのポイント、今後予想される金融庁の動きなどについて、金融規制法に精通した弁護士が解説する。