1. HOME
  2. ニュース
  3. シンプレクス お金のデザインとの資本業務提携及び子会社の異動に関するお知らせ

シンプレクス お金のデザインとの資本業務提携及び子会社の異動に関するお知らせ

~世界水準の高度なグローバル資産運用サービスの発展・拡大を目指す~

シンプレクス・ホールディングス株式会社(以下:当社)は、株式会社お金のデザイン(以下:お金のデザイン)との間で、世界水準の高度なグローバル資産運用サービスの発展・拡大を目的として、資本業務提携契約を締結しました。

また、本提携の一環として、当社連結子会社である株式会社リオシー(以下:リオシー)は、お金のデザインとの間で、お金のデザインを株式交換完全親会社、リオシーを株式交換完全子会社とする株式交換契約を締結しました。

本株式交換に伴い、2017年5月22日付で当社がお金のデザインの株式を取得するとともに、リオシーは当社の連結子会社に該当しないこととなりましたのでお知らせします。

資本業務提携の目的

お金のデザインは、「お金」を将来の不安要素から、新たな世界につながる可能性へと変え、一人ひとりが自分らしく自由に生きることをサポートすることを目指して、世界水準の高度なグローバル資産運用サービスを提供しています。

なかでも日本初の独自開発のロボアドバイザーによる個人向け資産一任運用サービスである「THEO(テオ)」は、運用中のユーザー数が1万人を突破するなど、20代・30代を中心に利用が広がっています(2017年4月4日現在)。

今後は、お金のデザインが有する革新的なアルゴリズムによる豊富な資産運用ノウハウと、当社グループが有する高度な金融工学と業界屈指のシステム開発力を活用した協業を進め、世界水準の高度なグローバル資産運用サービスの更なる発展・拡大を図ってまいります。

引き続き当社グループでは、コンサルティングから業務プラットフォーム構築、日々の業務実行支援に至るまで、様々な金融機関のビジネス拡大に貢献する広範な資産運用ソリューションを提供してまいります。

詳しくはお金のデザインとの資本業務提携及び子会社の異動に関するお知らせ[シンプレクスHD]

新着の記事
地域金融機関の次世代基幹システムの潮流~人とデジタル技術、双方の利点を生かす~

地域金融機関を取り巻く環境は大きく変化している。営業エリア人口の減少や人口減少に伴う預金流出など、ここ10年で来店客が約40%減少した。デジタル化の進展によるライフスタイルの変化は目を見張るスピードで進んでおり、地域金融機関も従来にはない目線で構造変化を進めていく必要がある。連載第3回目の今回は、伊予銀行の取り組み事例について話を聞いた。

サステナブル・ファイナンスを経営の軸に成長産業クラスターとのシナジーを生み出す(三井住友銀行)

三井住友銀行には、環境型融資に10年以上前から取り組んできたサステナブルビジネスの歴史がある。連載第3回目の今回は、ホールセール統括部 サステナブルビジネス推進室の2人にその取り組みについて聞いた。

COVID-19のインパクトと「ニューノーマル」のかたち

新型コロナウィルス感染症(COVID―19)は、想像もしなかった形や規模で世界に深刻な影響をもたらしている。COVID-19はこれまで人類が直面してきたパンデミックの危機とどのような違いがあり、世界の経済そして金融業界にどのような影響をもたらしているのだろうか。本連載では、今後の危機対応で重要となるポイント、銀行・証券・保険業界による対応・変革のキーワード、そして金融業界が『ニューノーマル』のもたらす機会を活用し、さらなる成長を実現するためのアプローチについて全3回で解説していく。

地域金融機関の次世代基幹システムの潮流~日本初のチャレンジャーバンクを目指す~

デジタル革命の波は銀行業界にも押し寄せ、パラダイムシフトがすぐそこまで迫っている。変化に対応するため、ふくおかフィナンシャルグループ(FFG)は「みんなの銀行」プロジェクトを打ち立てた。今回は、みんなの銀行設立準備会社 代表取締役 横田浩二氏にその取り組みについて聞いた。