1. HOME
  2. ニュース
  3. シンプレクス お金のデザインとの資本業務提携及び子会社の異動に関するお知らせ

シンプレクス お金のデザインとの資本業務提携及び子会社の異動に関するお知らせ

~世界水準の高度なグローバル資産運用サービスの発展・拡大を目指す~

シンプレクス・ホールディングス株式会社(以下:当社)は、株式会社お金のデザイン(以下:お金のデザイン)との間で、世界水準の高度なグローバル資産運用サービスの発展・拡大を目的として、資本業務提携契約を締結しました。

また、本提携の一環として、当社連結子会社である株式会社リオシー(以下:リオシー)は、お金のデザインとの間で、お金のデザインを株式交換完全親会社、リオシーを株式交換完全子会社とする株式交換契約を締結しました。

本株式交換に伴い、2017年5月22日付で当社がお金のデザインの株式を取得するとともに、リオシーは当社の連結子会社に該当しないこととなりましたのでお知らせします。

資本業務提携の目的

お金のデザインは、「お金」を将来の不安要素から、新たな世界につながる可能性へと変え、一人ひとりが自分らしく自由に生きることをサポートすることを目指して、世界水準の高度なグローバル資産運用サービスを提供しています。

なかでも日本初の独自開発のロボアドバイザーによる個人向け資産一任運用サービスである「THEO(テオ)」は、運用中のユーザー数が1万人を突破するなど、20代・30代を中心に利用が広がっています(2017年4月4日現在)。

今後は、お金のデザインが有する革新的なアルゴリズムによる豊富な資産運用ノウハウと、当社グループが有する高度な金融工学と業界屈指のシステム開発力を活用した協業を進め、世界水準の高度なグローバル資産運用サービスの更なる発展・拡大を図ってまいります。

引き続き当社グループでは、コンサルティングから業務プラットフォーム構築、日々の業務実行支援に至るまで、様々な金融機関のビジネス拡大に貢献する広範な資産運用ソリューションを提供してまいります。

詳しくはお金のデザインとの資本業務提携及び子会社の異動に関するお知らせ[シンプレクスHD]

新着の記事
デジタルとの共存により生まれる金融機関の新たなビジネスモデル~伊予銀行の事例とともに

地方の金融機関は今、超低金利、人口減少、など、厳しい環境下に直面している。一歩で、デジタル領域の急速な発展により、デジタルが担うことができる分野も多岐に渡ってきている。現在、デジタルが得意とする分野をデジタルが行ない、創造力・提案力が必要な分野を人が担当するデジタル・ヒューマン・デジタル(DHD)バンクを採用する金融機関が増えてきてる。本稿では、具体事例とともにDHDバンクがもたらす新たなビジネスモデルについて紹介する。

金融サービスにおけるブロックチェーンの可能性と効果的活用のためのベストプラクティス

仮想通貨で注目されはじめたブロックチェーンを応用し、革新的なサービスが生み出されようとしている。本稿では、ブロックチェーンを取り巻く環境からブロックチェーンで金融ビジネスはどのように変わるかについて、ふくおかフィナンシャルグーループの具体事例を紹介しながら、ブロックチェーンの可能性と活用におけるベストプラクティスを解説していく。

業務効率化を加速させるRegTech(レグテック)のポテンシャルと課題対応策

経営の不確実性が高まる中、コーポレート(企画、リスク、ファイナンス、コンプライアンス、等)領域の変革が各社で進められている。AI・RPA等のデジタル技術を導入した既存業務の効率化があるが、十分な効果を得られているだろうか。本稿では、デジタル技術導入の実事例から、変革効果を阻害する要因を解説し、その打開策としてRegTehを中心とした効果創出の仕組みづくりを紹介する。

【徹底解説】不動産クラウドファンディング・貸付型クラウドファンディング に関する新ルールのポイント

近時、クラウドファンディングに関して監督当局から相次いでガイドライン等が公表された。いずれも特定類型のクラウドファンディングを直接の対象とするものであるが、その中で言及されている問題意識はクラウドファンディング全般においても参考になる。そこで、新ルールの概要と実務上のポイントを専門の弁護士が解説する。