1. HOME
  2. ニュース
  3. シンプレクス 松井証券のFXディーリングシステムを構築

シンプレクス 松井証券のFXディーリングシステムを構築

~アルゴリズムエンジンにより、ディーリング業務の負担極小化と収益最大化を両立~ ~ディーリング業務の立ち上げから、導入後の収益分析・機能拡張までを広範にサポート~

シンプレクス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:金子英樹、以下:シンプレクス)は、松井証券株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松井道夫、以下:松井証券)が提供するFX(外国為替証拠金取引)サービスにおけるディーリングシステムとして、「SimplexFX(シンプレクス・エフエックス)」が採用され、2017年5月より稼動開始したことをお知らせします。

FXディーリングシステム導入背景

松井証券は、個人投資家の利益に資するイノベーティブなサービスの提供を通して、日本のオンライン証券ビジネスを牽引してきたインターネット専業の証券会社です。FXビジネスにおける収益力向上を目指す松井証券では、新たにディーリング業務を立ち上げるとともに、業務の中核を担うディーリングシステムの導入を決定しました。

本案件では、アルゴリズムエンジンを駆使したトレーディング/プライシング機能に加え、ディーリング業務の立ち上げから、導入後の収益分析・機能拡張までを広範にサポートするディーリングコンサルティングが評価されました。加えて、松井証券が提供する高機能株式トレーディングツール『ネットストック・ハイスピード』での10年以上に亘るシステム開発・運用実績もポイントとなり、シンプレクスが事業パートナーとして選定されました。

FXディーリングシステムの特長

(1)アルゴリズムエンジンにより、ディーリング業務の負担極小化と収益最大化を両立

本案件では、トレーディング/プライシング両面において、シンプレクスが開発したアルゴリズムエンジンを採用することで、ディーリング業務の負担極小化と収益最大化の両立を支援します。併せてスマート・オーダー・ルーティング(SOR)を実装することで、ディーリング収益向上の鍵を握るカバー注文の最良執行も支援します。今後は、国内20社以上の運用案件を通してシンプレクスが培ってきたノウハウを活かし、機械学習やAI技術を応用した先進のアルゴリズムエンジンの提供にも取り組んでいく予定です。

(2)ディーリング業務の立ち上げから、導入後の収益分析・機能拡張までを広範にサポート

本案件の導入支援では、「SimplexFX」を活用した場合の収益シミュレーションを行い、プライシングやカバー取引に係る各種アルゴリズムモデルなど、具体的なディーリング戦略の構築をサポートしました。システム導入後においても、収益分析・機能拡張までを広範に支援し、FXビジネスにおける収益力向上を持続的にサポートします。

詳しくは松井証券のFXディーリングシステムを構築

新着の記事
2018年コーポレートガバナンス・コード改訂の7つの重要ポイント

上場会社にコーポレートガバナンス・コードの適用が開始されてから3年が経過した2018年6月1日、コーポレートガバナンス・コードの一部改訂が行われた。上場会社は、改訂後のコードの内容を踏まえて更新したコーポレート・ガバナンス報告書を、2018年12月末日までに提出する必要がある。本稿では、2018年コーポレートガバナンス・コード改訂のポイントをわかりやすく解説する。

【連載インシュアテック】IoT時代の保険商品と国内事例2選

IoTが従来型ビジネスを破壊すると80%の保険会社が考えているという。今後のよりパーソナライズされた商品やサービスが求められる時代となる。国内でもIoTと保険の組み合わせによるインシュアテック事例「Vitality」「マイME-BYOカルテ」など、顧客ニーズに合致したサービスが展開され始めている。本稿はインシュアテックを学ぶ連載の第3回として、IoT×保険の事例を読み解く。

【初心者向け】機械学習とは ~理研AIP副センター長が解説

AIの能力の進化が凄まじい勢いで進んでいる。囲碁や将棋の世界では人間はAIに勝てなくなり、シンギュラリティという言葉も現実味を帯び始めてきた。レントゲン画像の正確かつ高速な診断や、ロボット投資アドバイザーなど、各業界へのAIの進出もますます進んでいる。本稿では、理化学研究所 革新知能統合研究センターの上田氏が、機械学習の概要から可能性まで、わかりやすく解説する。

生産性向上特別措置法(前編) ~規制のサンドボックスとは何か

2018年6月6日、生産性向上特別措置法(以下、「法」という。)が施行された。同法は、我が国における規制の在り方を根本的に変え得る「規制のサンドボックス」(Regulatory Sandbox)制度を創設するものとして注目を浴びている。本稿では、規制のサンドボックス制度に加え、同法が規定するデータ共有・連携のためのIoT投資減税等及び中小企業の生産性向上のための設備投資の促進の各制度のポイントについて弁護士が解説する。