1. HOME
  2. ニュース
  3. シンプレクス SBI生命の団体信用保険向け業務システムを構築

シンプレクス SBI生命の団体信用保険向け業務システムを構築

~基本ロジックの共通化や拡張性が高いデータモデル設計により、システム導入コストを削減~

~契約・被保険者管理機能のオープン化により、ステータス更新のリアルタイム処理を実現~

シンプレクス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:金子英樹、以下:シンプレクス)は、SBI生命保険株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:飯沼邦彦、以下:SBI生命)の団体信用保険向け業務システムを構築し、本日(2017 年6月1日)より稼動開始したことをお知らせします。

本システムは、SBI生命が本日より販売を開始する団体信用保険2商品(団体信用生命保険および団体信用就業不能保障保険)の申込・契約引受から保険金請求・支払までの一連の業務を支援するものです。2016年7月の案件開始から、導入期間11ヶ月で本稼動を実現しました。

団体信用保険向け業務システムの導入背景

SBI生命は、2015年2月にSBIグループの一員となり、2016年2月からは、時代のニーズに応える在宅医療を保障する医療保険や定期保険を販売しています。さらに、2017年6月からの団体信用保険2商品の販売開始に伴い、団体信用保険向け新契約引受システムおよび保険金支払システムの導入を決定しました。そして、SBI生命の医療保険・定期保険の新契約システムの構築・運用を手掛け、豊富な金融ノウハウと高度な技術力に定評のあるシンプレクスが事業パートナーとして選定されました。

団体信用保険向け業務システムの特長

(1)基本ロジックの共通化や拡張性が高いデータモデル設計により、システム導入コストを削減

本システムでは、基本ロジックの共通化や拡張性の高いデータモデル設計を採用することで、従来システムと比較して、個社ごとに開発が必要となる部分を極小化することに成功しました。こうしたパッケージングを多く手がけるシンプレクスの「アプリケーションのテンプレート化」技術により、システム導入コストを大幅に削減しました。また、SBI生命が将来的に団体信用保険を様々な金融機関へ展開する場合にも、スムーズな展開を可能にするなど、システム導入後におけるビジネスの拡大にも継続的に貢献します。

(2)契約・被保険者管理機能のオープン化により、ステータス更新のリアルタイム処理を実現

契約・被保険者情報が基幹システムで管理されている従来システムにおいては、バッチ処理によるステータス更新に多くの時間を費やす必要があることから、かねてより業務効率化における課題となっていました。本システムでは、契約・被保険者管理機能をオープン化することにより、ステータス更新をオンラインでリアルタイム処理することに成功しました。これにより、申込から契約引受、保険金請求から支払までの各業務のスピードアップを図り、顧客満足度の向上を支援します。

保険ソリューション分野におけるシンプレクスの取り組み

少子高齢化による市場収縮や保険商品の多様化などを背景に、保険業界では迅速な商品開発とコンプライアンスの強化が求められています。シンプレクスは、2013年より当該分野に参入し、大手生命保険会社やネット専業生命保険会社、外資系生命保険会社に向けて、商品設計から営業支援、契約管理に至る広範なソリューションを提供しています。今後もシンプレクスは、豊富な金融ノウハウと高度な技術力を駆使することで、保険会社のビジネス拡大に貢献するシステム構築の支援を強化してまいります。

詳しくはSBI生命の団体信用保険向け業務システムを構築

新着の記事
講義へのICT活用を積極化する中央大学は、どのようにしてデータマネジメントを実践しているのか?

新型コロナウイルス感染症は、世の中に大きな影響与えているが教育現場への影響は計り知れない。そんな中、中央大学ではICTの活用を積極的に取り組んでいる大学の一つだ。本稿では、中央大学のICT教育におけるデータマネジメントのICTサービスを安定的に提供しているのか事例を紹介する。

異業種の金融参入・連携における成功実現の要諦

本連載の第1回では、国内市場における異業種連携の最新動向と、金融サービスの位置付け、連携の実現に向けて初期構想段階に検討すべきポイントなどについて解説した。第2回ではこれを踏まえ、具体的事例として日本郵船の電子通貨事業MarCoPayのCEO 藤岡敏晃様のお話を紹介した。最終回となる今回は、これらを踏まえて準備・実行フェーズにおける課題・ポイント、戦略・システム面での成功の要諦について解説していく。

異業種による金融参入事例〜MARCOPAYの実現に向けた日本郵船の取り組み

本連載の第1回では、国内市場における異業種連携の最新動向と、金融サービスの位置付け、連携の実現に向けて初期構想段階に検討すべきポイントなどについて解説した。第2回ではこれを踏まえ、具体的事例として日本郵船の電子通貨事業MarCoPayのCEO 藤岡敏晃様のお話を紹介していく。

機械学習モデルにおけるカテゴリ変数の数値化手法4選~扱い方から注意点

今回は「機械学習モデル」を使う上でポイントとなるカテゴリ変数の数値化手法に焦点を当て、代表的な4つの数値変換手法、①One hot Encoding、②Label Encoding、③Count Encoding、⑤Target Encodingについて解説するとともに、カテゴリ変数を扱う上での注意点についても解説する。