1. HOME
  2. ニュース
  3. シンプレクス SBI生命の団体信用保険向け業務システムを構築

シンプレクス SBI生命の団体信用保険向け業務システムを構築

~基本ロジックの共通化や拡張性が高いデータモデル設計により、システム導入コストを削減~

~契約・被保険者管理機能のオープン化により、ステータス更新のリアルタイム処理を実現~

シンプレクス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:金子英樹、以下:シンプレクス)は、SBI生命保険株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:飯沼邦彦、以下:SBI生命)の団体信用保険向け業務システムを構築し、本日(2017 年6月1日)より稼動開始したことをお知らせします。

本システムは、SBI生命が本日より販売を開始する団体信用保険2商品(団体信用生命保険および団体信用就業不能保障保険)の申込・契約引受から保険金請求・支払までの一連の業務を支援するものです。2016年7月の案件開始から、導入期間11ヶ月で本稼動を実現しました。

団体信用保険向け業務システムの導入背景

SBI生命は、2015年2月にSBIグループの一員となり、2016年2月からは、時代のニーズに応える在宅医療を保障する医療保険や定期保険を販売しています。さらに、2017年6月からの団体信用保険2商品の販売開始に伴い、団体信用保険向け新契約引受システムおよび保険金支払システムの導入を決定しました。そして、SBI生命の医療保険・定期保険の新契約システムの構築・運用を手掛け、豊富な金融ノウハウと高度な技術力に定評のあるシンプレクスが事業パートナーとして選定されました。

団体信用保険向け業務システムの特長

(1)基本ロジックの共通化や拡張性が高いデータモデル設計により、システム導入コストを削減

本システムでは、基本ロジックの共通化や拡張性の高いデータモデル設計を採用することで、従来システムと比較して、個社ごとに開発が必要となる部分を極小化することに成功しました。こうしたパッケージングを多く手がけるシンプレクスの「アプリケーションのテンプレート化」技術により、システム導入コストを大幅に削減しました。また、SBI生命が将来的に団体信用保険を様々な金融機関へ展開する場合にも、スムーズな展開を可能にするなど、システム導入後におけるビジネスの拡大にも継続的に貢献します。

(2)契約・被保険者管理機能のオープン化により、ステータス更新のリアルタイム処理を実現

契約・被保険者情報が基幹システムで管理されている従来システムにおいては、バッチ処理によるステータス更新に多くの時間を費やす必要があることから、かねてより業務効率化における課題となっていました。本システムでは、契約・被保険者管理機能をオープン化することにより、ステータス更新をオンラインでリアルタイム処理することに成功しました。これにより、申込から契約引受、保険金請求から支払までの各業務のスピードアップを図り、顧客満足度の向上を支援します。

保険ソリューション分野におけるシンプレクスの取り組み

少子高齢化による市場収縮や保険商品の多様化などを背景に、保険業界では迅速な商品開発とコンプライアンスの強化が求められています。シンプレクスは、2013年より当該分野に参入し、大手生命保険会社やネット専業生命保険会社、外資系生命保険会社に向けて、商品設計から営業支援、契約管理に至る広範なソリューションを提供しています。今後もシンプレクスは、豊富な金融ノウハウと高度な技術力を駆使することで、保険会社のビジネス拡大に貢献するシステム構築の支援を強化してまいります。

詳しくはSBI生命の団体信用保険向け業務システムを構築

新着の記事
保険会社のシニア向け商品開発とマーケティングのポイント

団塊世代全員が75歳以上の後期高齢者となる2025年を4年後に控え、保険業界においても認知症保険など高齢層を対象とした商品の開発や販売が続いている。今年度に入ってからは、各社のリリース資料には新型コロナウィルス感染症に関わるものが続いているものの、保険商品に関するリリース資料の中には認知症に関連した保障内容の拡充や窓販などでの取扱開始を知らせるものなどが散見されるようである。一方で生命保険文化センターの調査によれば介護保険の世帯加入率は15%に留まっており、今後の市場拡大が期待される。本稿では、弊社が実施してきた定性・定量調査の結果に基づき、シニアの生活全般および認知症を中心とした介護の状況や課題について概観するとともに、保険業界として高齢層のニーズに応えていくための方向性について私見を示す。

2020年に情シスは何を頑張ったのか? IIJが実施したユニークな調査に注目!

2020年は新型コロナウイルス感染症により情報システム管理者にとってにとっては、「苦労の絶えない1年」となった。本稿では、インターネットイニシアティブが2020年11月に情報システム管理者に対して実施したアンケート調査より何に苦労し何に頑張たっかのかを紹介する。

ファイルサーバは、どうすれば管理性を落とさずにクラウド化できるか

「ハードウェアの管理負荷を無くしたい。」「容量不足を何とかしたい。」こうした思いからファイルサーバのクラウド化を検討する企業が増えている。だが、ァイルサーバの運用管理は、権限管理やバックアップ等、想像以上に複雑である。本稿では、オンプレミスの管理性を維持したままクラウドへ移行したい。そんな希望を叶えるサービスとしてインターネットイニシアティブの提供する「SCCloud with IIJ/ファイルサーバサービス」を紹介する。

コロナ影響でVDIの導入傾向は変わったのか? IIJがVDI利用状況に関する調査レポートを公開

新型コロナウイルス感染症への対応でテレワークの歩みは全国的に広がり、クラウドで仮想デスクトップ(VDI)を提供するDaaSの登場でコスト課題も解消されつつある。VDIに関わる企業の取り組み状況は、この1年で大きく変わったと言えるだろう。本稿では、2020年8月、情報システム管理者と利用者の双方を対象にして、VDIに対する意識調査を実施した調査結果を紹介する。