1. HOME
  2. ニュース
  3. TISとアカウンティング・サース・ジャパン、FinTech領域で業務提携契約を締結 〜金融機関の中小企業向け融資判断の円滑化を支援〜

TISとアカウンティング・サース・ジャパン、FinTech領域で業務提携契約を締結 〜金融機関の中小企業向け融資判断の円滑化を支援〜

TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:桑野 徹、以下 TIS)と、税理士のためのクラウド税務・会計・給与システム「A-SaaS(エーサース)」を提供するアカウンティング・サース・ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:田中啓介、以下 アカウンティング・サース・ジャパン)は、アカウンティング・サース・ジャパンが提供する「A-SaaS(エーサース)」を活用した新たな金融サービスの開発を検討し、共同で推進していくことを目指し、業務提携したことを発表します。

業務提携の目的

今回の業務提携では、「A-SaaS(エーサース)」に保管されている財務会計データを、利用者の許諾のもと金融機関を中心に導入実績を持つTISの与信管理ソリューション「SCORE LINK」に連携して活用することで、金融機関に対し融資判断情報を提供する新サービスの開発を両社で推進していきます。

「A-SaaS(エーサース)」の利用者(中小事業者)は、新サービスの利用により、金融機関に対する融資申し込みの手続を簡素化・迅速化できます。また、融資判断を行う金融機関は、新サービスの導入により、これまで融資先の決算書を審査システムに1件ずつ登録していた手間を削減することができると同時に、取り込まれた財務データや財務分析データを融資業務の最前線である営業店で早期に利用することが可能になります。

さらにTISとアカウンティング・サース・ジャパンでは、「A-SaaS(エーサース)」を利用する中小事業者に価値あるサービスを提供するため、FinTech領域での共同の研究開発を推進していきます。

業務提携の背景

銀行や信用金庫などの金融機関では、中小企業数の減少などを背景に、中小企業向け融資の貸出金の伸び悩みや、競争激化による貸出金利の低下といった課題を抱えており、中小企業向け融資業務のさらなる効率化が求められています。一方、融資を希望する中小企業には、年次単位の業歴や事業規模で融資判断がされ、資金が必要な適切なタイミングで融資を受けられない、という課題がありました。

そこで、TISとアカウンティング・サース・ジャパンは、新サービスを共同開発することで、金融機関から中小企業への融資業務の効率化や判断の迅速化を支援します。

税理士のためのクラウド税務・会計・給与システム「A-SaaS(エーサース)」について

~税理士のためのクラウド税務・会計・給与システム シェアNo.1!~

「A-SaaS(エーサース)」は、パソコンとインターネット環境があればどこでも使える、新しいクラウドベースの税務・会計・給与システムです。これは、従来の税理士事務所内の専用サーバーなどのハードウェアと一緒に購入する必要のあった税務・会計・給与システムとは全く異なるコンセプトのシステムです。全国約30,000件の税理士事務所・税理士法人のうち、すでに2,100件超の事務所にご契約・ご利用いただいております。

また、「A-SaaS(エーサース)」は、税理士を通じてその顧問先である中小事業者にも会計・給与システムをご利用いただいております。12万を超える事業者が「A-SaaS(エーサース)」に登録されており、給与システムへの登録従業員数は40万人超にのぼります。インターネットを介した税理士と中小事業者のデータ共有は、税理士によるリアルタイムな経営指導を実現し、中小事業者の業績・生産性の向上に寄与しております。

「SCORE LINK」について

SCORE LINK」は、財務諸表入力業務や財務診断業務を支援する与信管理ソリューションです。財務登録業務の効率化、事務作業の軽減、審査業務の標準化、紙資料の授受廃止によるペーパーレス化、セキュリティリスクの軽減、取引先とのコミュニケーション強化などを実現します。1997年の提供開始から、銀行、信用金庫、信用保証協会などの金融機関を中心に240以上の企業に導入実績があります。詳細は以下URLをご参照ください。

詳しくはTISとアカウンティング・サース・ジャパン、FinTech領域で業務提携契約を締結 〜金融機関の中小企業向け融資判断の円滑化を支援〜

新着の記事
【初心者向け】機械学習とは ~理研AIP副センター長が解説

AIの能力の進化が凄まじい勢いで進んでいる。囲碁や将棋の世界では人間はAIに勝てなくなり、シンギュラリティという言葉も現実味を帯び始めてきた。レントゲン画像の正確かつ高速な診断や、ロボット投資アドバイザーなど、各業界へのAIの進出もますます進んでいる。本稿では、理化学研究所 革新知能統合研究センターの上田氏が、機械学習の概要から可能性まで、わかりやすく解説する。

生産性向上特別措置法(前編) ~規制のサンドボックスとは何か

2018年6月6日、生産性向上特別措置法(以下、「法」という。)が施行された。同法は、我が国における規制の在り方を根本的に変え得る「規制のサンドボックス」(Regulatory Sandbox)制度を創設するものとして注目を浴びている。本稿では、規制のサンドボックス制度に加え、同法が規定するデータ共有・連携のためのIoT投資減税等及び中小企業の生産性向上のための設備投資の促進の各制度のポイントについて弁護士が解説する。

規制業種における独禁法上の企業結合審査のあり方 ~諸外国の例を参考に

金融庁レポートにて、金融機関の経営統合に対する競争の観点からの審査について、現在のシステムは経営統合を用いた地域貢献の余地を狭め、地域金融インフラの確保や金融仲介の質の向上に負の影響が懸念されると示された。今後のあるべき銀行の企業結合審査とは何か。諸外国の法制にも目を配りつつ、論じる。

5年間で3.75倍に!? 世界中で進むデジタルペイメントを読み解く

銀行のスマートバンキング化の動きが加速している。その中でも特に注目すべきは「デジタルペイメント」だ。日本政府も2018年4月に「キャッシュレス・ビジョン」を公表し、デジタル上での資金のやり取りの重要性は高まってきている。デジタルペイメントは現在どの程度世界で活用されているのか、銀行や顧客にとってのメリットは何なのか、今後銀行はこの流れにどのように対処していくべきか解説する。