1. HOME
  2. ニュース
  3. シンプクレス 外為どっとコムの高機能チャートシステムを構築

シンプクレス 外為どっとコムの高機能チャートシステムを構築

~HTML5/JavaScriptの採用により、OSに依存しない高機能チャートサービスを提供~
~クラウド基盤としてアマゾン ウェブ サービス(AWS)を採用~

シンプレクス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:金子英樹、以下:シンプレクス)は、株式会社外為どっとコム(本社:東京都港区、代表取締役社長:竹内淳、以下:外為どっとコム)が提供するFX(外国為替証拠金取引)サービス『外貨ネクストネオ』の高機能チャートシステムとして、「SimplexFX Pro(シンプレクス・エフエックス・プロ)」が採用され、2017年6月17日より稼動開始したことをお知らせします。

また、本システムの基盤として、Amazon Web Services, Inc. が提供するクラウドコンピューティングサービス「アマゾン ウェブ サービス」(以下:AWS)を採用したことを併せてお知らせします。

高機能チャートシステム導入背景

外為どっとコムは、2002年4月の設立以来、一貫した「お客様第一主義」のもと様々なサービスを提供しているFX専業会社です。さらなるサービス拡充を目指す外為どっとコムは、OSに依存しない非インストール型の高機能チャートシステムを導入することを決定しました。本案件では、「SimplexFX Pro」の豊富なチャート機能に加え、AWSの利用によりインフラのコストを削減できる点、および、既存システムとシームレスに連携できる点が評価されました。

高機能チャートシステムの特長

(1)HTML5/JavaScriptの採用により、OSに依存しない高機能チャートサービスを提供

本システムでは、Web標準技術であるHTML5/JavaScriptを採用することにより、OSに依存しない非インストール型の高機能チャートサービスを提供します。20種類のテクニカル指標や描画ツール、複数通貨ペアの相関分析に対応した分析チャートなど、従来のリッチクライアントと同等の操作性と機能性を実現しています。

(2)クラウド基盤としてアマゾン ウェブ サービス(AWS)を採用

AWSの採用にあたっては、金融システムとして要求される高度なセキュリティー要件を満たしている点に加え、拡張性・可用性を持ちながらインフラのコストを削減できる点が決め手となりました。今後もシンプレクスでは、高度なセキュリティー要件を満たしたクラウド対応を進め、多様化する金融機関のニーズに柔軟に対応したソリューションの提供を行ってまいります。

※アマゾン ウェブ サービス、AWSは、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

高機能チャートシステム 画面イメージ

イメージ1 イメージ2 詳しくは、外為どっとコムの高機能チャートシステムを構築
新着の記事
「お得・便利・悩み解決」の3要素を押さえ ニッチなニーズを掘り起こす

サブスクリプション(以降、サブスク)とは、もともと雑誌や新聞の定期購読を指す言葉だったが、最近はモノやサービス、ソフトウェアやデジタルコンテンツなどを毎月一定額や従量で支払う契約全般を、サブスクリプションサービス/サブスクリプションビジネス(以降、サブスクビジネス)と呼ぶようになった。多様な業種が注目するサブスクビジネスのポイントや今後の展望について関係者に聞いた。

データサイエンティストの技術指標となるKaggle(カグル)とは~Kaggleを活用した新たなビジネス創出

ビッグデータ利活用の環境が整備されつつある中、その担い手となるデータサイエンティストが世界的に注目されて久しい。今や各国の政府が将来の国力を左右する材料として重視し、専門人材の育成に本腰を入れ始めた。データサイエンス人材に関する産官学の動きや、世界最高峰のデータサイエンティストが数多登録するプラットフォーム「Kaggle」などを関係者に聞いた。本稿では、データサイエンティストの技術力指標の一つとして使われている「Kaggle(カグル)」について焦点を当てKaggleの概要から活用事例を紹介しデータサイエンティストチームとの連携ポイントについて解説する。

RPAを最大限活用するための3つのポイントと副次的作用

RPAがコスト削減や業務効率化、或いは働き方改革の救世主として注目されて3年余り。多くの金融機関でも導入が進んだが、当初期待していた効果を得られなかったケースも多いのではないだろうか、今回「RPAブームから見る活用ポイントと次なる活用法」と題した全2回の特集をお届けする。第一回目では、この3年余りのRPAについて総括するともにRPAを最大限活用するためのポイントを大きく3つに分け解説する。

JPXによるTOCOM買収と「総合取引所」構想の行方

2019年7月30日、JPX(日本取引所グループ)とTOCOM(東京商品取引所)は、JPXがTOCOM株を総額約55億円で買収することで最終合意した。2020年7月には金や農産物をTOCOMからJPX傘下の大阪取引所に移管し、正式に「総合取引所」を発足させる予定だ。そもそも総合取引所構想の狙いはどこにあるのか、将来的に投資家にはどのようなメリットがあるのか、有識者に話を聞いた。

注目のセミナー すべて表示する