1. HOME
  2. ニュース
  3. シンプクレス 外為どっとコムの高機能チャートシステムを構築

シンプクレス 外為どっとコムの高機能チャートシステムを構築

~HTML5/JavaScriptの採用により、OSに依存しない高機能チャートサービスを提供~
~クラウド基盤としてアマゾン ウェブ サービス(AWS)を採用~

シンプレクス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:金子英樹、以下:シンプレクス)は、株式会社外為どっとコム(本社:東京都港区、代表取締役社長:竹内淳、以下:外為どっとコム)が提供するFX(外国為替証拠金取引)サービス『外貨ネクストネオ』の高機能チャートシステムとして、「SimplexFX Pro(シンプレクス・エフエックス・プロ)」が採用され、2017年6月17日より稼動開始したことをお知らせします。

また、本システムの基盤として、Amazon Web Services, Inc. が提供するクラウドコンピューティングサービス「アマゾン ウェブ サービス」(以下:AWS)を採用したことを併せてお知らせします。

高機能チャートシステム導入背景

外為どっとコムは、2002年4月の設立以来、一貫した「お客様第一主義」のもと様々なサービスを提供しているFX専業会社です。さらなるサービス拡充を目指す外為どっとコムは、OSに依存しない非インストール型の高機能チャートシステムを導入することを決定しました。本案件では、「SimplexFX Pro」の豊富なチャート機能に加え、AWSの利用によりインフラのコストを削減できる点、および、既存システムとシームレスに連携できる点が評価されました。

高機能チャートシステムの特長

(1)HTML5/JavaScriptの採用により、OSに依存しない高機能チャートサービスを提供

本システムでは、Web標準技術であるHTML5/JavaScriptを採用することにより、OSに依存しない非インストール型の高機能チャートサービスを提供します。20種類のテクニカル指標や描画ツール、複数通貨ペアの相関分析に対応した分析チャートなど、従来のリッチクライアントと同等の操作性と機能性を実現しています。

(2)クラウド基盤としてアマゾン ウェブ サービス(AWS)を採用

AWSの採用にあたっては、金融システムとして要求される高度なセキュリティー要件を満たしている点に加え、拡張性・可用性を持ちながらインフラのコストを削減できる点が決め手となりました。今後もシンプレクスでは、高度なセキュリティー要件を満たしたクラウド対応を進め、多様化する金融機関のニーズに柔軟に対応したソリューションの提供を行ってまいります。

※アマゾン ウェブ サービス、AWSは、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

高機能チャートシステム 画面イメージ

イメージ1 イメージ2 詳しくは、外為どっとコムの高機能チャートシステムを構築
新着の記事
講義へのICT活用を積極化する中央大学は、どのようにしてデータマネジメントを実践しているのか?

新型コロナウイルス感染症は、世の中に大きな影響与えているが教育現場への影響は計り知れない。そんな中、中央大学ではICTの活用を積極的に取り組んでいる大学の一つだ。本稿では、中央大学のICT教育におけるデータマネジメントのICTサービスを安定的に提供しているのか事例を紹介する。

異業種の金融参入・連携における成功実現の要諦

本連載の第1回では、国内市場における異業種連携の最新動向と、金融サービスの位置付け、連携の実現に向けて初期構想段階に検討すべきポイントなどについて解説した。第2回ではこれを踏まえ、具体的事例として日本郵船の電子通貨事業MarCoPayのCEO 藤岡敏晃様のお話を紹介した。最終回となる今回は、これらを踏まえて準備・実行フェーズにおける課題・ポイント、戦略・システム面での成功の要諦について解説していく。

異業種による金融参入事例〜MARCOPAYの実現に向けた日本郵船の取り組み

本連載の第1回では、国内市場における異業種連携の最新動向と、金融サービスの位置付け、連携の実現に向けて初期構想段階に検討すべきポイントなどについて解説した。第2回ではこれを踏まえ、具体的事例として日本郵船の電子通貨事業MarCoPayのCEO 藤岡敏晃様のお話を紹介していく。

機械学習モデルにおけるカテゴリ変数の数値化手法4選~扱い方から注意点

今回は「機械学習モデル」を使う上でポイントとなるカテゴリ変数の数値化手法に焦点を当て、代表的な4つの数値変換手法、①One hot Encoding、②Label Encoding、③Count Encoding、⑤Target Encodingについて解説するとともに、カテゴリ変数を扱う上での注意点についても解説する。