1. HOME
  2. ニュース
  3. シンプレクス 松井証券の『投信工房』スマートフォン向けアプリを構築

シンプレクス 松井証券の『投信工房』スマートフォン向けアプリを構築

~ロボアドバイザーによるポートフォリオ提案、積立シミュレーションやPush通知にも対応~

シンプレクス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:金子英樹、以下:シンプレクス)は、松井証券株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松井道夫、以下:松井証券)が提供するロボアドバイザーによるポートフォリオ提案サービス『投信工房』のスマートフォン向けアプリを構築しましたのでお知らせします。

『投信工房』スマートフォン向けアプリの特長

松井証券は、昨年11月より提供を開始した『投信工房』のさらなる利便性向上のため、スマートフォン向けアプリの提供を6月26日(月)より開始しました。本アプリのリリースにより、ロボアドバイザーによるポートフォリオ提案からリバランスまで、これまでパソコンやタブレット端末でご利用いただいていた『投信工房』の全ての機能を、スマートフォンからもご利用いただけるようになりました。

本アプリは、年齢や毎月の積立金額を入力すると、その条件で積立投資した際の資産総額の推移をチャートで表現するほか、目標金額の設定をすると、目標を達成するために必要な金額をアドバイスする「積立シミュレーション機能」にも対応しています。また、基準価額のお知らせや取引成立通知についても、メールだけでなく、Push通知での受信が可能です。

『投信工房』スマートフォン向けアプリ画面イメージ

シンプレクスの取り組み

日本での資産運用ニーズの高まりや、金融機関によるフィデューシャリー・デューティー(顧客本位の業務運営)の実践に向けた取り組みの一環として、個々の投資家ニーズに最適化されたロボアドバイザー事業は今後も拡大していくと予想されています。シンプレクスでは、「高度な資産運用業務ノウハウ」と「最先端テクノロジー」を融合した独自のアセットアロケーション・エンジンの開発に注力すると共に、コンサルティングから業務プラットフォーム構築、日々の業務実行支援に至るまで、金融機関のビジネス拡大に貢献する広範なロボアドバイザー・ソリューションを提供してまいります。

※「投信工房」は松井証券株式会社の登録商標です。

詳しくはシンプレクス 松井証券の『投信工房』スマートフォン向けアプリを構築

新着の記事
【初心者向け】機械学習とは ~理研AIP副センター長が解説

AIの能力の進化が凄まじい勢いで進んでいる。囲碁や将棋の世界では人間はAIに勝てなくなり、シンギュラリティという言葉も現実味を帯び始めてきた。レントゲン画像の正確かつ高速な診断や、ロボット投資アドバイザーなど、各業界へのAIの進出もますます進んでいる。本稿では、理化学研究所 革新知能統合研究センターの上田氏が、機械学習の概要から可能性まで、わかりやすく解説する。

生産性向上特別措置法(前編) ~規制のサンドボックスとは何か

2018年6月6日、生産性向上特別措置法(以下、「法」という。)が施行された。同法は、我が国における規制の在り方を根本的に変え得る「規制のサンドボックス」(Regulatory Sandbox)制度を創設するものとして注目を浴びている。本稿では、規制のサンドボックス制度に加え、同法が規定するデータ共有・連携のためのIoT投資減税等及び中小企業の生産性向上のための設備投資の促進の各制度のポイントについて弁護士が解説する。

規制業種における独禁法上の企業結合審査のあり方 ~諸外国の例を参考に

金融庁レポートにて、金融機関の経営統合に対する競争の観点からの審査について、現在のシステムは経営統合を用いた地域貢献の余地を狭め、地域金融インフラの確保や金融仲介の質の向上に負の影響が懸念されると示された。今後のあるべき銀行の企業結合審査とは何か。諸外国の法制にも目を配りつつ、論じる。

5年間で3.75倍に!? 世界中で進むデジタルペイメントを読み解く

銀行のスマートバンキング化の動きが加速している。その中でも特に注目すべきは「デジタルペイメント」だ。日本政府も2018年4月に「キャッシュレス・ビジョン」を公表し、デジタル上での資金のやり取りの重要性は高まってきている。デジタルペイメントは現在どの程度世界で活用されているのか、銀行や顧客にとってのメリットは何なのか、今後銀行はこの流れにどのように対処していくべきか解説する。