1. HOME
  2. ニュース
  3. シンプレクス 松井証券の『投信工房』スマートフォン向けアプリを構築

シンプレクス 松井証券の『投信工房』スマートフォン向けアプリを構築

~ロボアドバイザーによるポートフォリオ提案、積立シミュレーションやPush通知にも対応~

シンプレクス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:金子英樹、以下:シンプレクス)は、松井証券株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松井道夫、以下:松井証券)が提供するロボアドバイザーによるポートフォリオ提案サービス『投信工房』のスマートフォン向けアプリを構築しましたのでお知らせします。

『投信工房』スマートフォン向けアプリの特長

松井証券は、昨年11月より提供を開始した『投信工房』のさらなる利便性向上のため、スマートフォン向けアプリの提供を6月26日(月)より開始しました。本アプリのリリースにより、ロボアドバイザーによるポートフォリオ提案からリバランスまで、これまでパソコンやタブレット端末でご利用いただいていた『投信工房』の全ての機能を、スマートフォンからもご利用いただけるようになりました。

本アプリは、年齢や毎月の積立金額を入力すると、その条件で積立投資した際の資産総額の推移をチャートで表現するほか、目標金額の設定をすると、目標を達成するために必要な金額をアドバイスする「積立シミュレーション機能」にも対応しています。また、基準価額のお知らせや取引成立通知についても、メールだけでなく、Push通知での受信が可能です。

『投信工房』スマートフォン向けアプリ画面イメージ

シンプレクスの取り組み

日本での資産運用ニーズの高まりや、金融機関によるフィデューシャリー・デューティー(顧客本位の業務運営)の実践に向けた取り組みの一環として、個々の投資家ニーズに最適化されたロボアドバイザー事業は今後も拡大していくと予想されています。シンプレクスでは、「高度な資産運用業務ノウハウ」と「最先端テクノロジー」を融合した独自のアセットアロケーション・エンジンの開発に注力すると共に、コンサルティングから業務プラットフォーム構築、日々の業務実行支援に至るまで、金融機関のビジネス拡大に貢献する広範なロボアドバイザー・ソリューションを提供してまいります。

※「投信工房」は松井証券株式会社の登録商標です。

詳しくはシンプレクス 松井証券の『投信工房』スマートフォン向けアプリを構築

新着の記事
金融行政のこれまでの実践と今後の方針~金融実務における主なポイント【後編】

金融庁が公表した「変革期における金融サービスの向上にむけて~金融行政のこれまでの実践と今後の方針~(平成30事務年度)」。前編では、全体の構成と、平成30事務年度における金融行政の重点施策のうち「デジタライゼーションの加速的な進展への対応」、「家計の安定的な資産形成の推進」、「活力ある資本市場の実現と市場の公正性・透明性の確保」に関する金融実務上のポイントを解説した。本稿、後編ではその他の重点施策について、実務上重要なポイントを解説していく。

Kyash鷹取真一氏が描くキャッシュレス社会の姿とKyashにおける今後の展開

平成30年4月経済産業省は、日本のキャッシュレス社会を推進すべく「キャッシュレス・ビジョン」を公表した。また昨今、異業種の大企業が決済分野に参入するなどプレイヤーが乱立し、キャッシュレス社会に向けた動きが激化している。本稿では、2015年1月に創業しこれまでに総額10憶円を超える資金調達を行い、ウォレットアプリを提供している株式会社Kyash CEOの鷹取真一氏に同氏が描くキャッシュレス社会の姿とKyashにおける今後の展開についてインタビューを実施した。

急増する事業承継におけるM&A~金融機関担当者が押さえておくべき留意点を解説

中小企業における後継者難が顕在化するなか、事業承継を成功させるための有効な手段として、M&Aが考えられている。近年金融機関では、事業承継M&Aの支援を行う部署を新設するなど取組みを強化している。これまでM&Aのアドバイスをあまり行っていない地方金融機関等にとって、M&Aに対する理解・ノウハウを蓄積することは重要だが、事業承継M&Aにおける特有の留意点が存在する。本稿では、事業承継M&Aをサポートするうえで直面する機会が多い点について概観する。

金融行政のこれまでの実践と今後の方針~金融実務における主なポイント【前編】

金融庁は、過去の取組みや現状の課題と、金融行政の方針との関係性をより明確化し、PDCAサイクルに基づく業務運営を強化することを目的に、これまで公表してきた「金融レポート」と「金融行政方針」を一体化させ、平成30年9月26日に「変革期における金融サービスの向上にむけて~金融行政のこれまでの実践と今後の方針~(平成30事務年度)」公表した。本稿では、金融実務に関わるポイントを解説していく。