1. HOME
  2. ニュース
  3. NTTデータ 三井住友カード、NTTデータと連携し、ECサイト運営事業者向けに銀聯カード決済を提供

NTTデータ 三井住友カード、NTTデータと連携し、ECサイト運営事業者向けに銀聯カード決済を提供

三井住友カード株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:久保 健、以下:三井住友カード)は株式会社NTTデータ(本社:東京都江東区、代表取締役社長:岩本 敏男、以下:NTTデータ)と連携し、インターネット商取引(EC)におけるUnionPay(以下、銀聯)カード決済の提供をECサイト運営事業者向けに開始致しました。

本件により、NTTデータの決済システムを導入する日本のECサイトにおいて、世界中で約65億枚※1発行されている銀聯カードのユーザーに対し、決済環境を提供することが可能となり、中国を中心とした銀聯カードユーザーの利便性向上と、新規顧客の取り込みを狙います。※2

本取り組みにおいては、セキュリティの高い銀聯の決済方式である「SecurePay」※3を採用しております。

なお、NTTデータとの連携において「SecurePay」での第一号案件として、株式会社千趣会(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:星野 裕幸、以下:千趣会)が運営するECサイト「ベルメゾンネット」にて、2017年7月27日より、銀聯カード決済サービスを開始致しました。

三井住友カードは、今後もNTTデータと連携し、銀聯カードの利便性向上のためにサービス拡充を進めると共に、業界を牽引してまいります。

またNTTデータは、この取り組みを契機に、越境EC関連の決済サービスについて、今後もより一層の拡充を進め、消費者動向ならびに加盟店のニーズに合った幅広いサービスのご提供を目指します。

注釈 ※
※1 2016年12月末現在
※2 主に海外で発行された銀聯カードが対象となります。三井住友カードが発行する銀聯カードはご利用出来ません。(2017年7月27日現在)
※3 銀聯が運営するWebサイトへ遷移し、ワンタイムパスワードや暗証番号等入力する決済方式。

新着の記事
【解説】InsurTech(インシュアテック)とは?概要と法的問題

Insurance(保険)とTechnology(テクノロジー)から成る造語であるInsurTechとはどのようなものか。また、多数ある保険関連の法律や規制ととどのように関わるのか。弁護士が詳しく解説する。

【総解説】休眠預金等活用法 ~ 概要・経緯・目的・実務対応

休眠預金等活用法が2018年1月1日に施行された。休眠預金等活用法とはどのような法で、何を目的に作られたのか。休眠預金とは具体的にどのようなものを指すのか。休眠預金活用法の概要から金融機関の実務対応(①移動事由の確定、②預金規定の改定、③預金者等への情報提供)まで弁護士が詳しく解説する。

【連載】債権法改正と金融実務~譲渡制限特約付債権譲渡

債権法改正の連載として前回は定型約款に関する規定を解説した。今回は、全ての条文について見直しが行われた債権譲渡(466条から473条)について重要な点(譲渡制限特約付き債権譲渡に関する改正、将来債権譲渡に関する改正、債権譲渡時における債務者の抗弁に関する改正、相殺権に関する規定の新設)を弁護士が詳しく解説する。

量子コンピュータとは? 意味・背景・先進事例10選

量子コンピュータが実用化され始めた。2012年にD-wave社により商用化された量子コンピュータは、既存コンピュータの1億倍という超高速を記録。GoogleやIBMなどがしのぎを削り、MicroSoftはQ#という量子コンピュータの言語を発表した。コンピュータの世界は新たな次元に到達した。今、量子コンピュータの世界で何が起こっているのか、概観する。