1. HOME
  2. ニュース
  3. NTTデータ 三井住友カード、NTTデータと連携し、ECサイト運営事業者向けに銀聯カード決済を提供

NTTデータ 三井住友カード、NTTデータと連携し、ECサイト運営事業者向けに銀聯カード決済を提供

三井住友カード株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:久保 健、以下:三井住友カード)は株式会社NTTデータ(本社:東京都江東区、代表取締役社長:岩本 敏男、以下:NTTデータ)と連携し、インターネット商取引(EC)におけるUnionPay(以下、銀聯)カード決済の提供をECサイト運営事業者向けに開始致しました。

本件により、NTTデータの決済システムを導入する日本のECサイトにおいて、世界中で約65億枚※1発行されている銀聯カードのユーザーに対し、決済環境を提供することが可能となり、中国を中心とした銀聯カードユーザーの利便性向上と、新規顧客の取り込みを狙います。※2

本取り組みにおいては、セキュリティの高い銀聯の決済方式である「SecurePay」※3を採用しております。

なお、NTTデータとの連携において「SecurePay」での第一号案件として、株式会社千趣会(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:星野 裕幸、以下:千趣会)が運営するECサイト「ベルメゾンネット」にて、2017年7月27日より、銀聯カード決済サービスを開始致しました。

三井住友カードは、今後もNTTデータと連携し、銀聯カードの利便性向上のためにサービス拡充を進めると共に、業界を牽引してまいります。

またNTTデータは、この取り組みを契機に、越境EC関連の決済サービスについて、今後もより一層の拡充を進め、消費者動向ならびに加盟店のニーズに合った幅広いサービスのご提供を目指します。

注釈 ※
※1 2016年12月末現在
※2 主に海外で発行された銀聯カードが対象となります。三井住友カードが発行する銀聯カードはご利用出来ません。(2017年7月27日現在)
※3 銀聯が運営するWebサイトへ遷移し、ワンタイムパスワードや暗証番号等入力する決済方式。

新着の記事
【初心者向け】機械学習とは ~理研AIP副センター長が解説

AIの能力の進化が凄まじい勢いで進んでいる。囲碁や将棋の世界では人間はAIに勝てなくなり、シンギュラリティという言葉も現実味を帯び始めてきた。レントゲン画像の正確かつ高速な診断や、ロボット投資アドバイザーなど、各業界へのAIの進出もますます進んでいる。本稿では、理化学研究所 革新知能統合研究センターの上田氏が、機械学習の概要から可能性まで、わかりやすく解説する。

生産性向上特別措置法(前編) ~規制のサンドボックスとは何か

2018年6月6日、生産性向上特別措置法(以下、「法」という。)が施行された。同法は、我が国における規制の在り方を根本的に変え得る「規制のサンドボックス」(Regulatory Sandbox)制度を創設するものとして注目を浴びている。本稿では、規制のサンドボックス制度に加え、同法が規定するデータ共有・連携のためのIoT投資減税等及び中小企業の生産性向上のための設備投資の促進の各制度のポイントについて弁護士が解説する。

規制業種における独禁法上の企業結合審査のあり方 ~諸外国の例を参考に

金融庁レポートにて、金融機関の経営統合に対する競争の観点からの審査について、現在のシステムは経営統合を用いた地域貢献の余地を狭め、地域金融インフラの確保や金融仲介の質の向上に負の影響が懸念されると示された。今後のあるべき銀行の企業結合審査とは何か。諸外国の法制にも目を配りつつ、論じる。

5年間で3.75倍に!? 世界中で進むデジタルペイメントを読み解く

銀行のスマートバンキング化の動きが加速している。その中でも特に注目すべきは「デジタルペイメント」だ。日本政府も2018年4月に「キャッシュレス・ビジョン」を公表し、デジタル上での資金のやり取りの重要性は高まってきている。デジタルペイメントは現在どの程度世界で活用されているのか、銀行や顧客にとってのメリットは何なのか、今後銀行はこの流れにどのように対処していくべきか解説する。