1. HOME
  2. ニュース
  3. NTTデータ 三井住友カード、NTTデータと連携し、ECサイト運営事業者向けに銀聯カード決済を提供

NTTデータ 三井住友カード、NTTデータと連携し、ECサイト運営事業者向けに銀聯カード決済を提供

三井住友カード株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:久保 健、以下:三井住友カード)は株式会社NTTデータ(本社:東京都江東区、代表取締役社長:岩本 敏男、以下:NTTデータ)と連携し、インターネット商取引(EC)におけるUnionPay(以下、銀聯)カード決済の提供をECサイト運営事業者向けに開始致しました。

本件により、NTTデータの決済システムを導入する日本のECサイトにおいて、世界中で約65億枚※1発行されている銀聯カードのユーザーに対し、決済環境を提供することが可能となり、中国を中心とした銀聯カードユーザーの利便性向上と、新規顧客の取り込みを狙います。※2

本取り組みにおいては、セキュリティの高い銀聯の決済方式である「SecurePay」※3を採用しております。

なお、NTTデータとの連携において「SecurePay」での第一号案件として、株式会社千趣会(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:星野 裕幸、以下:千趣会)が運営するECサイト「ベルメゾンネット」にて、2017年7月27日より、銀聯カード決済サービスを開始致しました。

三井住友カードは、今後もNTTデータと連携し、銀聯カードの利便性向上のためにサービス拡充を進めると共に、業界を牽引してまいります。

またNTTデータは、この取り組みを契機に、越境EC関連の決済サービスについて、今後もより一層の拡充を進め、消費者動向ならびに加盟店のニーズに合った幅広いサービスのご提供を目指します。

注釈 ※
※1 2016年12月末現在
※2 主に海外で発行された銀聯カードが対象となります。三井住友カードが発行する銀聯カードはご利用出来ません。(2017年7月27日現在)
※3 銀聯が運営するWebサイトへ遷移し、ワンタイムパスワードや暗証番号等入力する決済方式。

新着の記事
キャッシュレス化が進む北欧諸国の最新動向とカード決済の今

北欧諸国でキャッシュレス化が進んでいる。デンマークでは小売店の支払いの80%がカード決済にて行われている。コンタクトレスカードも普及し、ATMでの現金引出回数も減少している。日本がキャッシュレス化を進める上で北欧諸国から学ぶことは多い。現地調査から見えた、北欧諸国のキャッシュレス化の取組と最新動向をレポートする。

RegTech(レグテック)とは?海外事例に見る規制×技術の可能性

RegulationとTechnologyを掛け合わせた造語「RegTech」。今、この概念が効果的・効率的な金融規制への対応を実現するとして注目を集めており、欧米を中心に新たなサービスが続々と生まれている。RegTechは後手に回っている金融犯罪対策の決め手となるだろうか。概念や背景を説明し、海外の事例を紹介する。

地銀再編を読み解く3つのキーワード ~二極化する地銀と未来の姿

地銀再編の動きが活発になっている。既存ビジネスの収益力減少などを背景に地銀の再編が進み、早ければ2020年には総資産20兆円の金融機関が20行の時代が訪れる。どの金融機関の動きが地銀再編に影響を及ぼすのか。本稿では、地銀再編を読み解く重要キーワドを通し、地銀の行方と未来の姿を占う。

改正銀行法で何が変わる? オープンAPIとFinTechの推進

2017年5月26日「銀行法等の一部を改正する法律」が成立し、同年6月2日に公布された。銀行法の改正は2年連続だ。FinTechに関する金融規制の整備も進みつつある。オープン・イノベーションに向けて、銀行は対応を迫られている。本稿では、平成29年改正銀行法の概要とポイントを弁護士がわかりやすく解説する。