1. HOME
  2. ニュース
  3. シンプレクス DMM.com証券の競走用馬ファンド管理システムを構築

シンプレクス DMM.com証券の競走用馬ファンド管理システムを構築

~「DMMバヌーシー」専用アプリとAPI連携/ファンド管理業務をトータルサポート~~クラウド基盤としてアマゾン ウェブ サービス(AWS)を採用~

シンプレクス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:金子英樹、以下:シンプレクス)は、株式会社DMM.com証券(本社:東京都中央区、代表取締役:谷川龍二、以下:DMM.com証券)の新規事業として発足する競走用馬ファンド「DMMバヌーシー」※1において、ファンド購入に関するファンド組成や募集受付業務などを支援する「競走用馬ファンド管理システム」を構築しましたのでお知らせします。

DMMバヌーシー

なお、本システムは競走用馬ファンド事業のコアシステムとして、8月5日に予定されている「DMMバヌーシー」専用アプリ※2のリリースに先駆けて、7月15日より稼動を開始しています。

競走用馬ファンド管理システムの構築背景

従来の競走用馬ファンド事業は、競走馬1頭を40~500口に分けて共同出資する少人数制が主流のため、多額の出資が必要となることから、一般投資家が参加しにくい状況にありました。DMM.com証券ではこうした状況に鑑み、「感動体験の共有」をコンセプトとして、募集口数を超小口化し、1万円から小額出資できる競走用馬ファンド「DMMバヌーシー」の発足を決定しました。

本案件でシンプレクスは、DMM.com証券向けFXディーリングシステムの開発・運用実績に加え、高度な金融業務ノウハウと業界屈指のシステム開発力が評価され、事業パートナーとして選定されました。

競走用馬ファンド管理システムの特長

(1)「DMMバヌーシー」専用アプリとAPI連携/ファンド管理業務をトータルサポート

本システムは、競走用馬ファンドの購入に関するファンド組成や募集受付、所有する競走用馬ファンドのデータ管理、投資家(一口馬主)への配当金の計算・支払、法定帳票・管理帳票の作成まで、ファンド管理に必要となるあらゆるバックオフィス業務を支援します。また、8月5 日にリリース予定のゲーム調のUIを特長とする「DMMバヌーシー」専用アプリに対しても、API(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)を活用することで、シームレスな情報連携を実現します。

(2)クラウド基盤としてアマゾン ウェブ サービス(AWS)を採用

本システムの基盤として、Amazon Web Services, Inc. が提供するクラウドコンピューティングサービス「アマゾン ウェブ サービス(以下:AWS)」を採用しました※3。AWSの採用にあたっては、金融システムとして要求される高度なセキュリティー要件を満たしている点に加え、拡張性・可用性を持ちながらコストを削減できる点が決め手となりました。今後もシンプレクスでは、金融業務に求められる厳しいシステム要件を満たしたクラウド基盤への対応を積極的に進めていく方針です。

補足説明 ※
※1 詳細についてはDMM.com証券ホームページをご参照ください
※2 専用アプリの開発は、株式会社OVER FENCE(本社:東京都港区、代表取締役社長:加藤賢)が手掛けています。
※3 アマゾン ウェブ サービス、AWSは、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

詳しくはDMM.com証券の競走用馬ファンド管理システムを構築

新着の記事
カジノ法案(IR整備法)成立!カジノ事業の規制を弁護士が解説

IR推進法の成立から約1年半、2018年7月20日にIR整備法が成立した。早ければ2024年頃には最初のIR施設が開業する。依存症やマネーロンダリング等への対策から、カジノ事業には様々な規制が課されるため、その理解は容易ではない。本稿は、カジノ事業の規制を中心に、カジノ法案(IR整備法)について弁護士が総解説する。

生産性向上特別措置法(後編)~データ共有・連携の支援 制度概要

2018年6月6日、生産性向上特別措置法が施行された。本稿では、生産性向上特別措置法の解説の後編として、同法が規定するデータ共有・連携を支援するためのコネクテッド・インダストリーズ税制及び公的データ提供要請制度並びに中小企業の生産性向上のための設備投資の促進の各制度のポイントについて解説する。

2018年コーポレートガバナンス・コード改訂の7つの重要ポイント

上場会社にコーポレートガバナンス・コードの適用が開始されてから3年が経過した2018年6月1日、コーポレートガバナンス・コードの一部改訂が行われた。上場会社は、改訂後のコードの内容を踏まえて更新したコーポレート・ガバナンス報告書を、2018年12月末日までに提出する必要がある。本稿では、2018年コーポレートガバナンス・コード改訂のポイントをわかりやすく解説する。

【連載インシュアテック】IoT時代の保険商品と国内事例2選

IoTが従来型ビジネスを破壊すると80%の保険会社が考えているという。今後のよりパーソナライズされた商品やサービスが求められる時代となる。国内でもIoTと保険の組み合わせによるインシュアテック事例「Vitality」「マイME-BYOカルテ」など、顧客ニーズに合致したサービスが展開され始めている。本稿はインシュアテックを学ぶ連載の第3回として、IoT×保険の事例を読み解く。