1. HOME
  2. ニュース
  3. シンプレクス DMM.com証券の競走用馬ファンド管理システムを構築

シンプレクス DMM.com証券の競走用馬ファンド管理システムを構築

~「DMMバヌーシー」専用アプリとAPI連携/ファンド管理業務をトータルサポート~~クラウド基盤としてアマゾン ウェブ サービス(AWS)を採用~

シンプレクス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:金子英樹、以下:シンプレクス)は、株式会社DMM.com証券(本社:東京都中央区、代表取締役:谷川龍二、以下:DMM.com証券)の新規事業として発足する競走用馬ファンド「DMMバヌーシー」※1において、ファンド購入に関するファンド組成や募集受付業務などを支援する「競走用馬ファンド管理システム」を構築しましたのでお知らせします。

DMMバヌーシー

なお、本システムは競走用馬ファンド事業のコアシステムとして、8月5日に予定されている「DMMバヌーシー」専用アプリ※2のリリースに先駆けて、7月15日より稼動を開始しています。

競走用馬ファンド管理システムの構築背景

従来の競走用馬ファンド事業は、競走馬1頭を40~500口に分けて共同出資する少人数制が主流のため、多額の出資が必要となることから、一般投資家が参加しにくい状況にありました。DMM.com証券ではこうした状況に鑑み、「感動体験の共有」をコンセプトとして、募集口数を超小口化し、1万円から小額出資できる競走用馬ファンド「DMMバヌーシー」の発足を決定しました。

本案件でシンプレクスは、DMM.com証券向けFXディーリングシステムの開発・運用実績に加え、高度な金融業務ノウハウと業界屈指のシステム開発力が評価され、事業パートナーとして選定されました。

競走用馬ファンド管理システムの特長

(1)「DMMバヌーシー」専用アプリとAPI連携/ファンド管理業務をトータルサポート

本システムは、競走用馬ファンドの購入に関するファンド組成や募集受付、所有する競走用馬ファンドのデータ管理、投資家(一口馬主)への配当金の計算・支払、法定帳票・管理帳票の作成まで、ファンド管理に必要となるあらゆるバックオフィス業務を支援します。また、8月5 日にリリース予定のゲーム調のUIを特長とする「DMMバヌーシー」専用アプリに対しても、API(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)を活用することで、シームレスな情報連携を実現します。

(2)クラウド基盤としてアマゾン ウェブ サービス(AWS)を採用

本システムの基盤として、Amazon Web Services, Inc. が提供するクラウドコンピューティングサービス「アマゾン ウェブ サービス(以下:AWS)」を採用しました※3。AWSの採用にあたっては、金融システムとして要求される高度なセキュリティー要件を満たしている点に加え、拡張性・可用性を持ちながらコストを削減できる点が決め手となりました。今後もシンプレクスでは、金融業務に求められる厳しいシステム要件を満たしたクラウド基盤への対応を積極的に進めていく方針です。

補足説明 ※
※1 詳細についてはDMM.com証券ホームページをご参照ください
※2 専用アプリの開発は、株式会社OVER FENCE(本社:東京都港区、代表取締役社長:加藤賢)が手掛けています。
※3 アマゾン ウェブ サービス、AWSは、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

詳しくはDMM.com証券の競走用馬ファンド管理システムを構築

新着の記事
【連載】債権法改正と金融実務~連帯債務に関する見直し

債権法改正の連載として前回は保証に関する規定を解説した。今回は「連帯債務」について、現行法と改正法の違い、改正法における実務対応、経過措置など、連帯債務者および連帯保証人に対する請求による時効管理を中心に、弁護士が詳しく解説する。

【連載インシュアテック】保険ビジネスのブロックチェーン活用

仮想通貨で利用されてから多くの業界が関心を集めているブロックチェーン。保険業界においてもブロックチェーンは注目されており多くの保険会社が実証実験を行ている。連載2回目では、ブロックチェーンに焦点を当て、ブロックチェーンを活用しているインシュアテックスタートアップの紹介を中心に解説する。

急拡大するグリーンボンドとは~メリット、要件、国内事例を総解説

グリーンボンドの市場が急拡大している。2017年の世界での発行額は1,555億米ドルにも上り、国内法人でも100億円規模での発行事例が見られるようになってきた。グリーンボンドは発行する企業にも投資家にもメリットがあり、世界が注目していると言えよう。本稿では、2018年6月に公表されたばかりの2018年版グリーンボンド原則(Green Bond Principles)の内容も含め、全体像をわかりやすく解説する。

【連載スマートバンキング】サイバーセキュリティの分類と対策

近年、テクノロジーが著しく発展している中、銀行業界もテクノロジーを活用し大きく変貌しようとしている。The Financeでは「スマートバンキング化を支える6つのテクノロジー」と題した連載を開始する。第一回目では、サイバーセキュリティに焦点を当てサイバーセキュリティの分類からテクノロジーを活用した対策について解説する。