1. HOME
  2. ニュース
  3. シンプレクス DMM.com証券の競走用馬ファンド管理システムを構築

シンプレクス DMM.com証券の競走用馬ファンド管理システムを構築

~「DMMバヌーシー」専用アプリとAPI連携/ファンド管理業務をトータルサポート~~クラウド基盤としてアマゾン ウェブ サービス(AWS)を採用~

シンプレクス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:金子英樹、以下:シンプレクス)は、株式会社DMM.com証券(本社:東京都中央区、代表取締役:谷川龍二、以下:DMM.com証券)の新規事業として発足する競走用馬ファンド「DMMバヌーシー」※1において、ファンド購入に関するファンド組成や募集受付業務などを支援する「競走用馬ファンド管理システム」を構築しましたのでお知らせします。

DMMバヌーシー

なお、本システムは競走用馬ファンド事業のコアシステムとして、8月5日に予定されている「DMMバヌーシー」専用アプリ※2のリリースに先駆けて、7月15日より稼動を開始しています。

競走用馬ファンド管理システムの構築背景

従来の競走用馬ファンド事業は、競走馬1頭を40~500口に分けて共同出資する少人数制が主流のため、多額の出資が必要となることから、一般投資家が参加しにくい状況にありました。DMM.com証券ではこうした状況に鑑み、「感動体験の共有」をコンセプトとして、募集口数を超小口化し、1万円から小額出資できる競走用馬ファンド「DMMバヌーシー」の発足を決定しました。

本案件でシンプレクスは、DMM.com証券向けFXディーリングシステムの開発・運用実績に加え、高度な金融業務ノウハウと業界屈指のシステム開発力が評価され、事業パートナーとして選定されました。

競走用馬ファンド管理システムの特長

(1)「DMMバヌーシー」専用アプリとAPI連携/ファンド管理業務をトータルサポート

本システムは、競走用馬ファンドの購入に関するファンド組成や募集受付、所有する競走用馬ファンドのデータ管理、投資家(一口馬主)への配当金の計算・支払、法定帳票・管理帳票の作成まで、ファンド管理に必要となるあらゆるバックオフィス業務を支援します。また、8月5 日にリリース予定のゲーム調のUIを特長とする「DMMバヌーシー」専用アプリに対しても、API(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)を活用することで、シームレスな情報連携を実現します。

(2)クラウド基盤としてアマゾン ウェブ サービス(AWS)を採用

本システムの基盤として、Amazon Web Services, Inc. が提供するクラウドコンピューティングサービス「アマゾン ウェブ サービス(以下:AWS)」を採用しました※3。AWSの採用にあたっては、金融システムとして要求される高度なセキュリティー要件を満たしている点に加え、拡張性・可用性を持ちながらコストを削減できる点が決め手となりました。今後もシンプレクスでは、金融業務に求められる厳しいシステム要件を満たしたクラウド基盤への対応を積極的に進めていく方針です。

補足説明 ※
※1 詳細についてはDMM.com証券ホームページをご参照ください
※2 専用アプリの開発は、株式会社OVER FENCE(本社:東京都港区、代表取締役社長:加藤賢)が手掛けています。
※3 アマゾン ウェブ サービス、AWSは、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

詳しくはDMM.com証券の競走用馬ファンド管理システムを構築

新着の記事
キャッシュレス化が進む北欧諸国の最新動向とカード決済の今

北欧諸国でキャッシュレス化が進んでいる。デンマークでは小売店の支払いの80%がカード決済にて行われている。コンタクトレスカードも普及し、ATMでの現金引出回数も減少している。日本がキャッシュレス化を進める上で北欧諸国から学ぶことは多い。現地調査から見えた、北欧諸国のキャッシュレス化の取組と最新動向をレポートする。

RegTech(レグテック)とは?海外事例に見る規制×技術の可能性

RegulationとTechnologyを掛け合わせた造語「RegTech」。今、この概念が効果的・効率的な金融規制への対応を実現するとして注目を集めており、欧米を中心に新たなサービスが続々と生まれている。RegTechは後手に回っている金融犯罪対策の決め手となるだろうか。概念や背景を説明し、海外の事例を紹介する。

地銀再編を読み解く3つのキーワード ~二極化する地銀と未来の姿

地銀再編の動きが活発になっている。既存ビジネスの収益力減少などを背景に地銀の再編が進み、早ければ2020年には総資産20兆円の金融機関が20行の時代が訪れる。どの金融機関の動きが地銀再編に影響を及ぼすのか。本稿では、地銀再編を読み解く重要キーワドを通し、地銀の行方と未来の姿を占う。

改正銀行法で何が変わる? オープンAPIとFinTechの推進

2017年5月26日「銀行法等の一部を改正する法律」が成立し、同年6月2日に公布された。銀行法の改正は2年連続だ。FinTechに関する金融規制の整備も進みつつある。オープン・イノベーションに向けて、銀行は対応を迫られている。本稿では、平成29年改正銀行法の概要とポイントを弁護士がわかりやすく解説する。