1. HOME
  2. ニュース
  3. アクセンチュア最新調査――半数以上の金融機関が、顧客体験の向上、デジタルイノベーションの推進、コスト削減を目的に、今後1年間で変革への投資を拡大

アクセンチュア最新調査――半数以上の金融機関が、顧客体験の向上、デジタルイノベーションの推進、コスト削減を目的に、今後1年間で変革への投資を拡大

アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、金融機関の半数以上が、主に顧客からの期待値の高まり、デジタルがもたらす破壊的な創造、コスト削減圧力や新たな規制に対応するため、今後1年間で変革への投資を拡大する予定であることが明らかになりました。また、日本の金融機関においても欧州、アジア、北米と同様の傾向が見られました。

本調査は、欧州、アジア、北米の金融機関(銀行・保険分野)の経営幹部約800名を対象に実施されました。本調査結果によると、回答者の53%(日本では43%)が今後1年間における変革への投資を拡大する予定だと答え、37%が現在の投資レベルを維持する予定だと回答しました。

アクセンチュアの金融サービス本部で人材・組織領域の変革支援コンサルティングをリードするアンディ・ヤング(Andy Young)は次のように述べています。「大半の金融機関は、破壊的な創造が今後数年で勢いを増すと想定しています。デジタル化された社会において、競争力を維持するためには、迅速かつ継続的に変化する能力(チェンジ・ケイパビリティ)が求められることを、企業は理解しています。だからこそ、多くの企業が、『アジャイル・チェンジ(機動的な組織への変革)』手法を適用して、株主の投資回収への期待に1年以内に応えようとしているのです。」

今回の調査結果によると、金融機関が投資を進めるなかで最も重要視している変革は、より良い顧客サービスと顧客体験の提供、デジタル技術、およびチャネルの適用、効率性とコスト管理、リスクと規制遵守に関するものでした。金融業界では、ビッグデータやアナリティクス、モバイル、IoT(インターネット・オブ・シングス)、クラウド コンピューティングなど、幅広いデジタル技術の取り込みを目指しています。しかし、本調査によると、こうした変革への投資によるメリットを得られるかどうかは企業によって異なり、レガシーシステムの運用状況や分散データの存在、組織の複雑さなどが成功を阻む要因となっています。

アクセンチュアの金融サービス本部人材・組織マネジメントコンサルティング部門の責任者を務めるアンドリュー・ウルフ(Andrew Woolf)は次のように述べています。「ほとんどの金融機関は、顧客の期待に応え、新たな競合企業に対抗するため、革新的なデジタル技術を取り入れた新しいビジネスモデルや経営モデルの導入を検討しています。変革に向けた強力なリーダーシップと、機動的に対応する労働力を有する企業は競争力が高まり、そうでない企業はますます苦戦を強いられることになるでしょう。」

前述のヤングは次のように付け加えています。「10年ほど前に始まった金融危機は、長期にわたる業界変化の幕開けとなり、変化の波は勢いを増すばかりです。金融機関は、こうした変化をまず受け入れることが重要です。そして、破壊的な変化に対応するために、企業は機動性を高めるとともに、現在と将来のビジネスを見極めて、変革への投資を賢く判断する必要があります。激しい業界変化は、顧客や社員を変革の中心に据えることになるでしょう。」

調査方法

本調査では、日本、英国、アイルランド、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、オーストラリア、米国、カナダのさまざまな金融機関において、戦略的な変革プログラムの開発/実施の責任者を務める787名の経営幹部にインタビューを行いました。787名のうち302名は大手銀行グループ、292名は保険会社、193名はウェルス&アセットマネージャーでした。調査は2016年後半に実施されました。

本プレスリリースは、2017年6月26日(現地時間)にアクセンチュアのニューヨークより発表した内容を日本語に翻訳したものです。原文のプレスリリースは、こちらよりご覧いただけます。(英文)

アクセンチュアについて

アクセンチュアは「ストラテジー」「コンサルティング」「デジタル」「テクノロジー」「オペレーションズ」の5つの領域で幅広いサービスとソリューションを提供する世界最大級の総合コンサルティング企業です。世界最大の規模を誇るデリバリーネットワークに裏打ちされた、40を超す業界とあらゆる業務に対応可能な豊富な経験と専門スキルなどの強みを生かし、ビジネスとテクノロジーを融合させて、お客様のハイパフォーマンス実現と、持続可能な価値創出を支援しています。世界120カ国以上のお客様にサービスを提供する41万1,000人以上の社員が、イノベーションの創出と世界中の人々のより豊かな生活の実現に取り組んでいます。

アクセンチュアの詳細はwww.accenture.comを、アクセンチュア株式会社の詳細はwww.accenture.com/jpをご覧ください。

詳しくはアクセンチュア最新調査――半数以上の金融機関が、顧客体験の向上、デジタルイノベーションの推進、コスト削減を目的に、今後1年間で変革への投資を拡大

新着の記事
銀行カードローンが危ない?総量規制の課題と関係機関の動向

多重債務問題の対策として貸金業法に導入された「総量規制」。だが現実には、総量規制の対象外である銀行カードローンが代用手段として利用されている。この状況に日弁連や金融庁が待ったをかけ、全銀協も対策を打ち出している。本稿では、貸金業法上の総量規制を概説し、銀行カードローン問題に対する関係機関の対応を紹介する。

【マイナンバー法改正】預貯金付番制度で変わる6つの実務対応

平成30年1月からマイナンバーと預貯金口座を紐づける「預貯金付番制度」が開始される。預貯金付番制度によって、社会保障制度や税務執行における資力調査や税務調査の実効性が高まると見込まれている。本稿では、預貯金付番制度の概要や背景から、金融機関の6つの実務対応までを弁護士が解説する。

キャッシュレス化が進む北欧諸国の最新動向とカード決済の今

北欧諸国でキャッシュレス化が進んでいる。デンマークでは小売店の支払いの80%がカード決済にて行われている。コンタクトレスカードも普及し、ATMでの現金引出回数も減少している。日本がキャッシュレス化を進める上で北欧諸国から学ぶことは多い。現地調査から見えた、北欧諸国のキャッシュレス化の取組と最新動向をレポートする。

RegTech(レグテック)とは?海外事例に見る規制×技術の可能性

RegulationとTechnologyを掛け合わせた造語「RegTech」。今、この概念が効果的・効率的な金融規制への対応を実現するとして注目を集めており、欧米を中心に新たなサービスが続々と生まれている。RegTechは後手に回っている金融犯罪対策の決め手となるだろうか。概念や背景を説明し、海外の事例を紹介する。