1. HOME
  2. ニュース
  3. アイティフォー 住信SBIネット銀行がRPAの本格稼働により業務効率化を実現 ~11業務で作業時間を月1,700時間削減へ~

アイティフォー 住信SBIネット銀行がRPAの本格稼働により業務効率化を実現 ~11業務で作業時間を月1,700時間削減へ~

株式会社アイティフォー(東京都千代田区、代表取締役社長:東川 清)は、住信SBIネット銀行株式会社(東京都港区、代表取締役社長:円山 法昭)がアイティフォーのRPA(Robotic Process Automation)業務自動化ツール「ナイス・デスクトップオートメーション」(※1,2)を採用し2017年6月より3部門11業務において本格稼働したことを、本日発表します。これまで住信SBIネット銀行では、コールセンターや住宅ローン業務などのバックオフィス業務での手作業による負荷が大きな課題でした。今回のRPA導入では、月1,700時間の削減効果と、人為ミスの防止が見込まれます。また、サーバー上でロボットの統合管理を行うことで、内部統制も図ります。社内ではRPAを導入したいという100以上の要望が各部門から挙がっており、同年7月に設置したRPA推進室を中心にRPA導入を促進し業務効率化を実現することで、働き方改革とお客様サービス向上を目指します。

月1,700時間の業務効率化

住信SBIネット銀行では、RPAの導入で月1,700時間の業務効率化を実現しています。特に住宅ローン業務では、審査結果情報を取得してから顧客にメール通知するまでの一連作業を多い日には1日200~300件、すべて手作業で実施していました。アイティフォーのRPA業務自動化ツール「ナイス・デスクトップオートメーション」の導入により、1件につき10~15分かかっていた作業が約1~2分となり約90%の作業負担を削減。さらに5~6名を要していたスタッフを1~2名に削減することで、より効率的な要員配置が可能になりました。

人為ミスゼロ件を実現。金融機関として信頼性強化へ

銀行内では手作業による人為ミスの排除が大きな課題となっており、ロボット化の必要性を強く認識していました。RPAを導入し業務を自動化したことで、対象業務のミス発生件数がゼロ件となり、品質・精度の向上を実現しました。

サーバー側でロボットを集中管理し内部統制を実現

導入に際してはロボットの統制に注力しています。サーバー側の特性を活かしてロボットを集中管理しているため各部署で独自にロボットが作成・変更されることはなく、今後RPA適用業務の範囲拡大に対しても、IT統括部署での統合管理が行える体制を整えています。

RPA導入拡大により、働き方改革とお客様サービス向上を目指す

住信SBIネット銀行は、6月の本格稼働を受け、翌7月にRPA推進室を新設しました。今回稼働を開始した3部門11業務以外にも導入要望が全社から100件以上挙がっており、RPAによる大幅な導入効果が見込まれています。RPA推進室では、RPAロボット導入による業務効率化により、さらなる社内の働き方改革とお客様サービス向上を目指します。

1 ナイス・デスクトップオートメーション(NICE Desktop Automation)はナイスシステムズ社(イスラエル)の製品です。

2 RPA(Robotic Process Automation:ロボティック・プロセス・オートメーション)とは、デジタルレイバー(Digital Labor=仮想知的労働者)と言われるソフトウェアのロボットを活用して業務を自動化することです。

詳しくは住信SBIネット銀行がRPA導入により月1,700時間の業務効率化を実現

新着の記事
デジタルトランスフォーメーション推進におけるデジタル人材育成のためのリスキルの在り方

デジタルトランスフォーメーション(DX)の推進に際し、効率化によって生まれた時間や人材を活用していくためには、新たな役割を定義し、新たなスキルを習得させた上で、付加価値の高い仕事に従事させる必要がある。本稿では、これまでと異なる仕事内容やスキルを習得させ、新たな仕事で活躍させるためにはどのように進めたらよいのか。 DX推進の裏で課題となっている「リスキル」のあるべき姿と推進アプローチについて、伊予銀行の事例を交えながら紹介する。

【連載】地方銀行のガバナンス態勢の課題と再構築に向けた取組み

人口減少、マイナス金利政策など金融機関にとっての経営環境は厳しい状況下にある。中でも、地方銀行の経営環境は厳しく、多くの銀行で減益、赤字となっている状況である。今回、The Financeでは地方銀行のガバナンスおよび持続可能性モデルについて全2回の連載をお届けする。本稿では、不適切融資の事例から見るガバナンス態勢の課題を分析し、態勢整備に向けた重要論点について解説する。

保険会社におけるテクノロジーを活用した顧客起点型ビジネスモデルの実現

保険業界は中長期的な視点で見ると、2つの大きなトレンドが考えられる。「顧客主導型のリスク対応」と「エコシステム主導型の保険販売」という、保険会社にとっての2つの主導権争いである。これらトレンドの進展状況によっては、保険会社はこれまで以上に顧客から選ばれる存在になることが求められるのである。 そのため、保険会社は、顧客起点でビジネスモデルそのものを抜本的に見直し、2つの主導権争いに対応していく必要がある。本稿では、顧客起点型ビジネスモデルの将来像仮説と、その実現に向けた鍵であるテクノロジーについて海外先進事例も交えながら概観する。

ゲノム・遺伝子ビジネスとは~法的諸問題と保険ビジネスへの影響を弁護士が解説

「ゲノム」「遺伝子」といった言葉を報道等で目にする機会が多くなってきた。社会構造を変革する技術としてAIと同様に、ゲノム関連技術も「生命の設計図」に関する技術として社会的に大きな注目を集めつつある。特にゲノム医療の進展はめざましく、がん細胞の遺伝子を調べて患者ごとに最適な治療法を探る「がん遺伝子パネル検査」や、ゲノムを解析して疾患リスクや体質に関する情報を提供する遺伝子検査サービスも、その普及とともに情報の利活用が進んでいる。一方で、ゲノム情報の利活用は、不当な差別につながらないかといった問題をはらんでおり、特に保険分野において議論されている。本稿では、ゲノム・遺伝子とは何かを簡単に解説した上で、ゲノム・遺伝子ビジネスの法的諸問題を概観する。

注目のセミナー すべて表示する