1. HOME
  2. ニュース
  3. TIS、中国のFinTech企業『上海訊聯数据服務有限公司(CardInfoLink)』と資本・業務提携 ~ QRコード決済ソリューションの日本、東南アジア展開と、中国へのカードシステムの提供で協業 ~

TIS、中国のFinTech企業『上海訊聯数据服務有限公司(CardInfoLink)』と資本・業務提携 ~ QRコード決済ソリューションの日本、東南アジア展開と、中国へのカードシステムの提供で協業 ~

TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:桑野 徹、以下TIS)は、中国のFinTech企業『上海訊聯数据服務有限公司(CardInfoLink)』(本社:中国上海市浦東新区、総裁:趙健、以下 CIL社)と、資本・業務提携したことを発表します。

CIL社は2010年に上海で創業したFinTech企業で、QRコード決済領域とカード決済領域において、プロセシングサービスを提供しています。QRコード決済領域では、支付宝(以下「Alipay」)と微信支付(以下「WeChat Pay」)の双方の正式認可を得ており、両サービスの決済を処理できるという特長を持っています。CIL社のQRコード決済プロセシングサービスは、日本、アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア、シンガポール、タイ、香港などにおいて、空港・百貨店・アミューズメント施設・家電量販店・コンビニエンスストア・ドラッグストアなどの様々な施設・店舗で導入されています。
また、カード決済領域では中国銀聯をはじめとする各国際カードブランドからの認証を受けており、特に国際間取引におけるスイッチング業務では、トップクラスの実績を持っています。

<上海訊聯数据服務有限公司の概要>
社名 :上海訊聯数据服務有限公司(CardInfoLink)
設立 :2010年
資本金 :14,519千人民元
代表者 :趙健
主要事業 :各種決済領域におけるプロセシング事業

TISでは、決済系システムの開発実績を数多く有し、リテール決済ソリューションのトータルブランド「PAYCIERGE(ペイシェルジュ)」を展開するなど、得意分野である決済関連事業の強化を進めています。その強化の一環として、競争の激しい中国の決済市場で躍進するCIL社が創り出す多彩なソリューション群を高く評価し、今回の資本・業務提携にいたりました。
TISは、CIL社との資本・業務提携を通じて、「日本、東南アジアにおけるQRコード決済事業」と「中国におけるカードプロセシング業務」の2つの事業を共同で推進します。両社では、日本、中国、東南アジアで付加価値の高いITサービスを提供していくことを目指します。

資本業務提携の概要

1)日本、東南アジアにおけるQRコード決済事業

中国発の「Alipay」「WeChat Pay」に代表されるQRコード決済の潮流は、東南アジアから世界各国に急速に広がりつつあります。TISは、CIL社との資本・業務提携によりQRコード決済ソリューションを日本の流通・小売店舗やアクワイアラ(加盟店契約会社)にサービス提供します。また、東南アジア地域では、TISのグループ会社を通じてサービスを展開します。

本QRコード決済ソリューションを活用することで、流通小売・飲食店舗では、同一の端末/アプリケーションで複数のQRコード決済サービスに対応可能となり、外国人インバウンド需要の取込と店舗オペレーションの効率化が実現できます。

また、今後増加が予想される日本企業、東南アジア企業が展開するQRコード決済サービスにも対応していく予定です。

将来のQRコード決済事業の展開イメージ

将来のQRコード決済事業の展開イメージ

CIL社のQRコード決済ソリューションの例

  • DOCODE(下記イメージ写真参照)
    「DOCODE」は、既存のカード決済端末機に追加設置するだけで、決済端末機に改修を加えることなく、安価にQRコード決済を導入できるソリューションです。
  • タブレット端末+APP(アプリケーション)
  • Android版決済端末
  • パソコン版POS

DOCODEの設置イメージ

DOCODE

2)中国におけるカード発行システム事業

TISでは、中国において将来的には外資国際ブランドのカードが発行されると見込んでいます。その際には、TISが日本で多数の実績を持つカードシステムとノウハウをCIL社に提供し、CIL社の営業力と国際ブランドとのアライアンスをベースにした中国でのTPP事業(Third Party Processing:カード発行システムに関する共同事業)を検討していきます。

詳しくはTIS、中国のFinTech企業『上海訊聯数据服務有限公司(CardInfoLink)』と資本・業務提携~ QRコード決済ソリューションの日本、東南アジア展開と、中国へのカードシステムの提供で協業 ~

新着の記事
【平成29事務年度金融行政方針】全体像と金融実務に与える影響

平成29年11月10日、平成29事務年度金融行政方針が公表された。金融行政方針は、金融庁がどのような金融行政を行っていくかを示すものであり、金融機関の実務に大きな影響を与える。本稿は金融行政方針を解説する全3回連載の第1回目。平成29事務年度金融行政方針の全体像と金融実務に影響を与えるポイントを解説する。

最新版「金融レポート」と「金融行政方針」に見る銀行の課題と今後の金融行政

平成28事務年度 金融レポート、平成29事務年度 金融行政方針が公表された。地銀経営の課題や、アパート・マンションローンの問題、銀行カードローンと総量規制の問題など、今年も金融機関の業務に影響する内容が盛り込まれている。本稿では、2つのレポートの内容を金融機関の観点から留意すべき事項を中心に解説する。

【連載】債権法改正と金融実務:改正の趣旨・経緯・施行日

民法が制定されて約120年、初めて大規模な改正が行われる。債権法改正と呼ばれる本改正は、金融機関への影響も大きい。本連載では、金融実務に関わる分野を中心に解説するとともに、読者が債権法改正について調査する際に読むべき資料を丁寧に紹介する。第1回では、債権法改正の背景や経緯を解説する。

銀行カードローンが危ない?総量規制の課題と関係機関の動向

多重債務問題の対策として貸金業法に導入された「総量規制」。だが現実には、総量規制の対象外である銀行カードローンが代用手段として利用されている。この状況に日弁連や金融庁が待ったをかけ、全銀協も対策を打ち出している。本稿では、貸金業法上の総量規制を概説し、銀行カードローン問題に対する関係機関の対応を紹介する。