1. HOME
  2. ニュース
  3. 三井住友プライマリー生命 「顧客本位の業務運営」に関する代理店向け研修を開発

三井住友プライマリー生命 「顧客本位の業務運営」に関する代理店向け研修を開発

平成29年11月8日 三井住友プライマリー生命保険は、2017年3月に金融庁が公表した「お客さま本位の業務運営に関する方針」を受け金融機関代理店向けの研修メニューを開発し代理店への提供を開始することを発表した。

この研修内容は、「お客さまの取引目的・ニーズ等を把握したうえで、お客さまにふさわしい金融商品・サービスの提案・販売を行う」ことに対し販売員を対象に、顧客のニーズを引き出すヒアイングスキルの向上を目的としている。

その他にも、コンサルティングセールス研修や正しい保険募集のための研修が組み込まれている。

詳しくは金融機関代理店の「お客さま本位の業務運営に関する方針」を支援する取組みの一環として新たな研修を開発しました。

新着の記事
【連載】債権法改正と金融実務~連帯債務に関する見直し

債権法改正の連載として前回は保証に関する規定を解説した。今回は「連帯債務」について、現行法と改正法の違い、改正法における実務対応、経過措置など、連帯債務者および連帯保証人に対する請求による時効管理を中心に、弁護士が詳しく解説する。

【連載インシュアテック】保険ビジネスのブロックチェーン活用

仮想通貨で利用されてから多くの業界が関心を集めているブロックチェーン。保険業界においてもブロックチェーンは注目されており多くの保険会社が実証実験を行ている。連載2回目では、ブロックチェーンに焦点を当て、ブロックチェーンを活用しているインシュアテックスタートアップの紹介を中心に解説する。

急拡大するグリーンボンドとは~メリット、要件、国内事例を総解説

グリーンボンドの市場が急拡大している。2017年の世界での発行額は1,555億米ドルにも上り、国内法人でも100億円規模での発行事例が見られるようになってきた。グリーンボンドは発行する企業にも投資家にもメリットがあり、世界が注目していると言えよう。本稿では、2018年6月に公表されたばかりの2018年版グリーンボンド原則(Green Bond Principles)の内容も含め、全体像をわかりやすく解説する。

【連載スマートバンキング】サイバーセキュリティの分類と対策

近年、テクノロジーが著しく発展している中、銀行業界もテクノロジーを活用し大きく変貌しようとしている。The Financeでは「スマートバンキング化を支える6つのテクノロジー」と題した連載を開始する。第一回目では、サイバーセキュリティに焦点を当てサイバーセキュリティの分類からテクノロジーを活用した対策について解説する。