1. HOME
  2. ニュース
  3. 鹿児島銀行 印鑑レス取引の実証実験開始へ

鹿児島銀行 印鑑レス取引の実証実験開始へ

平成29年11月15日 鹿児島銀行は沖電気工業と協働で、営業店窓口において預金の引出し等の手続きを印鑑を使わずに行う実証実験を開始する。

今回の実証実験は11月下旬から開始し3カ月間、預金のお支払・貸金庫の開扉受付を対象に行う。専用リーダーでQRコードを読取り、顔認証、暗証番号の順で認証を行い手続きを行う流れとなる。鹿児島銀行は今回の実証実験結果を踏まえ「印鑑レス」で銀行取引全般の活用を目指す。

詳しくは営業店窓口における「印鑑レス」取引の実証実験開始について

新着の記事
【解説】InsurTech(インシュアテック)とは?概要と法的問題

Insurance(保険)とTechnology(テクノロジー)から成る造語であるInsurTechとはどのようなものか。また、多数ある保険関連の法律や規制ととどのように関わるのか。弁護士が詳しく解説する。

【総解説】休眠預金等活用法 ~ 概要・経緯・目的・実務対応

休眠預金等活用法が2018年1月1日に施行された。休眠預金等活用法とはどのような法で、何を目的に作られたのか。休眠預金とは具体的にどのようなものを指すのか。休眠預金活用法の概要から金融機関の実務対応(①移動事由の確定、②預金規定の改定、③預金者等への情報提供)まで弁護士が詳しく解説する。

【連載】債権法改正と金融実務~譲渡制限特約付債権譲渡

債権法改正の連載として前回は定型約款に関する規定を解説した。今回は、全ての条文について見直しが行われた債権譲渡(466条から473条)について重要な点(譲渡制限特約付き債権譲渡に関する改正、将来債権譲渡に関する改正、債権譲渡時における債務者の抗弁に関する改正、相殺権に関する規定の新設)を弁護士が詳しく解説する。

量子コンピュータとは? 意味・背景・先進事例10選

量子コンピュータが実用化され始めた。2012年にD-wave社により商用化された量子コンピュータは、既存コンピュータの1億倍という超高速を記録。GoogleやIBMなどがしのぎを削り、MicroSoftはQ#という量子コンピュータの言語を発表した。コンピュータの世界は新たな次元に到達した。今、量子コンピュータの世界で何が起こっているのか、概観する。