1. HOME
  2. ニュース
  3. UiPath、三井住友ファイナンシャルグループ および三井住友銀行による、世界でも有数の規模とスピード感を持つRPA(Robotic Process Automation)導入プロジェクトを全面支援

UiPath、三井住友ファイナンシャルグループ および三井住友銀行による、世界でも有数の規模とスピード感を持つRPA(Robotic Process Automation)導入プロジェクトを全面支援

ロボティック・プロセス・オートメーション(Robotic Process Automation 以下、RPA)ソフトウェア企業UiPath社(本社 米国)の日本法人であるUiPath株式会社(本社 千代田区大手町 代表取締役CEO 長谷川康一、以下「UiPath」)は、株式会社三井住友フィナンシャルグループ(執行役社長グループCEO:國部 毅、以下「SMFG」)および株式会社三井住友銀行(頭取CEO:髙島 誠、以下「SMBC」)が2017年4月より開始した生産性向上、効率化推進を目指す業務改革の取組みを支援しています。

SMFGおよびSMBCでは業務改革への取り組みの一環としてRPAの活用を推進しています。UiPathは世界でも有数の規模とスピード感を持つこのRPA導入開発プロジェクトに対して、RPAソフトウェアを提供しています。またUiPathソフトウェアの先進的な利用やインフラ構築に関するサポート、さらにSMFGおよびSMBCのパートナー各社(※1)とも協業してITガバナンスの整備や開発手法の標準化、セキュリティーへの対応などのアドバイスも行っています。

SMBCでは本部部署の業務見直しを行い、無駄な業務の廃止、重複業務の集約を進めるとともに、残存業務の中でRPAに代替可能な業務について、RPAによる自動化を進めています。コンプライアンス・リスク関連業務、業界情報やお客様の取引情報などの収集業務、営業店でのお客様宛運用報告書、住宅ローンチラシ作成業など約200業務での自動化が既に実現しており、40万時間(開発着手分を含むと約65万時間)の業務量が削減されています。SMBCでは今年度末迄には100万時間、3年以内に300万時間(約1,500人分の業務量)以上の業務削減を計画しています。

SMFGおよびSMBCはUiPathのソフトウェアについて以下のポイントを挙げ評価しています。

  1. 使い易い操作性や高いユーザビリティを有する
  2. 高いスケーラビリティーを有し、大規模処理が可能である
  3. 目的に合わせてデスクトップ型・サーバー型のRPAを両立でき、それら全てを集中管理サーバ(オーケストレータ)から一元管理できる製品アーキテクチャである
  4. 早い段階から日本法人を立ち上げ、重点的に日本国内における技術サポート体制を確立している

株式会社三井住友フィナンシャルグループ 企画部 業務改革室 副室長 山本慶氏は、以下の様に述べています。「本プロジェクトの目的の一つは、広範囲にRPAを導入、ルーティン作業等から従業員を開放し『本来、人にしかできない、より付加価値の高い業務』を行える環境整備にありました。UiPath社には、金融機関の求める高いセキュリティガバナンスへの迅速な製品改良、世界トップユーザーのベストプラクティスの共有、RPAをプラットフォームとしたCognitive-OCRとの連携等、全面的にサポート頂き、短期間に大きな効果を実現できました。」

UiPathでは、今後も引き続きSMFGおよびSMBCでのRPA活用による業務改革の支援に取り組んでまいります。

(※1)SMFGおよびSMBCのパートナー各社(五十音順)

DMMバヌーシー

UiPath社について

UiPath社は、お客様の業務プロセスを効率的に自動化するための一体化されたソフトウェアプラットフォームを提供する、世界有数のRPAベンダーです。米国を本社とするUiPath社は、日本、英国、ルーマニア、フランス、ドイツ、インド、シンガポール、香港、オーストラリアに拠点を持ち、約700社のRPAによる自動化実績を有しています。

日本法人は2017年2月に設立されました。既に約50社のお客様で利用が始まっており、70社以上の企業様がPoC(Proof of Concept 実証実験)に取り組んでいます。より詳細な情報は同社のウェブサイト等をご参照ください。

新着の記事
活用が進むクラウドコンピューティングにおける今後のバンキングサービスの行方

銀行のスマートバンキング化の動きが加速している。銀行やフィンテック企業は、最新テクノロジーを活用することによって新サービスを創出し、消費者のお金の使用・管理・運用に変革をもたらそうとしている。本稿では、クラウドコンピューティングに焦点を当て銀行の基幹システムの歴史を振返り、今後のクラウドコンピューティングを活用したバンキングサービスの行方について解説する。

情報銀行とは~情報銀行ビジネスの動向と今後の展望

情報銀行の社会実装が進むことで、従来、情報提供元となる企業に分散管理されていた個人情報が、統合・一元データとして活用されることで、データの付加価値が向上し、企業のマーケティングの高度化、新規サービスの創出等、様々な便益の向上が期待されている。また、2020年までに約1,000億円超の規模に成長するとも言われている。本稿では、情報銀行の概要から今後の展望について解説していく。

金融行政のこれまでの実践と今後の方針~金融実務における主なポイント【後編】

金融庁が公表した「変革期における金融サービスの向上にむけて~金融行政のこれまでの実践と今後の方針~(平成30事務年度)」。前編では、全体の構成と、平成30事務年度における金融行政の重点施策のうち「デジタライゼーションの加速的な進展への対応」、「家計の安定的な資産形成の推進」、「活力ある資本市場の実現と市場の公正性・透明性の確保」に関する金融実務上のポイントを解説した。本稿、後編ではその他の重点施策について、実務上重要なポイントを解説していく。

Kyash鷹取真一氏が描くキャッシュレス社会の姿とKyashにおける今後の展開

平成30年4月経済産業省は、日本のキャッシュレス社会を推進すべく「キャッシュレス・ビジョン」を公表した。また昨今、異業種の大企業が決済分野に参入するなどプレイヤーが乱立し、キャッシュレス社会に向けた動きが激化している。本稿では、2015年1月に創業しこれまでに総額10憶円を超える資金調達を行い、ウォレットアプリを提供している株式会社Kyash CEOの鷹取真一氏に同氏が描くキャッシュレス社会の姿とKyashにおける今後の展開についてインタビューを実施した。