1. HOME
  2. ニュース
  3. 全銀協 カードローンへの取組状況の調査結果を公表

全銀協 カードローンへの取組状況の調査結果を公表

平成29年11月16日 全国銀行協会は会員行189行を対象にカードローン行に係る取組状況のフォローおよび把握を目的に調査を実施し結果を公表した。

今回の調査結果ではまず、広告・宣伝に関しては「総量規制対象外」、「年収証明書不要」と表示している広告や「下限金利」を過度に強調した広告については、調査対象となった銀行すべてが取り止めた。「審査の早さ」を過度に強調した広告はほぼ全ての銀行が取り止めている。

審査態勢については、信用保証会社との連携構築等審査態勢にも対応できている銀行が多くあり、まだ対応できたいない銀行は検討中と回答。銀行によるカードーローンへの対応は進んできている。

詳しくは「『銀行による消費者向け貸付けに係る申し合わせ』を踏まえた会員の取組み状況に関する実態調査」(第2回)に係る調査結果について

新着の記事
【連載インシュアテック】保険×ITの市場・分類・技術

テクノロジーの進化が産業に与えるインパクトは計り知れない。それは、保険業界にも当てはまることだ。The FinanceではインシュアテックとブロックチェーンのスタートアップであるiChainの後藤氏による「インシュアテックを加速させるテクノロジー」と題した連載を開始する。本稿では、日本における保険市場からインシュアテックを加速させるテクノロジーを紹介する。

【現地取材】インドFinTechの躍進と進むキャッシュレス化

インドではFinTech活用が進む中で、特にキャッシュレス化への勢いが止まらない。高額紙幣の廃止や、テクノロジーを活用しキャッシュレス化を推進している。本稿では、現地調査を行った筆者がインドにおけるキャッシュレス化について解説する。

【連載】債権法改正と金融実務~保証に関する新設制度

債権法改正の連載として前回は譲渡制限特約付債権譲渡について解説した。今回は、債権法改正の中でも大幅な見直しが行われた保証(446条から465条の10)について新設された制度について弁護士が詳しく解説する。

【弁護士が解説】マネー・ローンダリング及びテロ資金供与対策に関するガイドライン

金融庁は2018年2月6日に「マネー・ローンダリング及びテロ資金供与対策に関するガイドライン」を公表した。銀行や保険会社など、多くの金融機関が適用対象となる本ガイドラインについて正しく理解すべく、策定の背景や拘束力、主な内容とポイントについて弁護士が詳しく解説する。