1. HOME
  2. ニュース
  3. UiPath、「テクノロジーで拡張する働き方」を実現するため、RPA(Robotic Process Automation)ソフトウェアを電通に提供し、導入プロジェクトを支援

UiPath、「テクノロジーで拡張する働き方」を実現するため、RPA(Robotic Process Automation)ソフトウェアを電通に提供し、導入プロジェクトを支援

東京 2017年11月30日 ―ロボティック・プロセス・オートメーション(Robotic Process Automation 以下、RPA)ソフトウェア企業UiPath社(本社 米国)の日本法人であるUiPath株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役CEO 長谷川康一、以下「UiPath」)は、「テクノロジーで拡張する働き方」を実現するため、RPAソフトウェアを株式会社電通に提供し、同社の導入プロジェクトを支援してまいります。

電通では労働環境改革を重要な経営課題の一つとして位置付け、様々な取り組みを進めています。UiPathによるRPA導入はその施策の一つであり、UiPathのRPAソフトウェアは同社において2017年末までに400工程で採用される見込みです。また、当社はRPAソフトウェアの提供にとどまらず、RPAガバナンスや各種標準化の整備、RPA開発者向けトレーニングなどのアドバイスやテクニカルサポートも行っています。

UiPath導入例としては、媒体社からメールで送られるExcelシートの集計作業をRPA化することでこれまで担当者により3時間を要した作業が数秒で終了可能になるなど、各種データ分析処理や、経理業務の一部工程の自動化があげられます。これらにより、月次でのべ10,000時間を超える時間創出の成果があがっています。

全社レベルでの業務の自動化を実現するために、電通では、幅広いユーザー部門での様々な作業の自動化の開発が柔軟に行えるRPAソフトウェアが必要でした。

UiPathのRPAソフトウェアは 直感的で汎用的なワークフローエンジンによる自動化プロセスの作成、300種類に及ぶ自動化支援ツールの利用、録画によるプロセス作成設計などを可能にする開発ツールを提供しており、電通の多岐にわたるニーズに応えております。

また、RPAソフトウェアを各部署に導入する場合、稼働状況が統合的かつ継続的に管理されることが必要です。UiPathのRPAプラットフォームは、各ロボットのスケジュール実行や監視を行うソフトウェア「オーケストレータ」により、ロボットの稼働状況やソフトウェア更新などを統合的に管理することができ、さらに電通のソフトウェア管理システムとの柔軟な連携も実現しています。

働き方改革を推進する電通ビジネスプロセスマネジメント局業務推進室長の小栁肇氏は以下の様に述べています。「我々のプロジェクトのゴールは、社員一人ひとりのワークライフバランスを改善し、生産性の向上を図ることです。そのためにも社内の多岐にわたる業務に対してRPAにより継続的に業務自動化が行わなければなりません。UiPath社のRPAソフトウェアは、開発支援ツールが使いやすく、また充実しており多種の業務を短期間で開発できます。また、各ユーザー部門のニーズから出発して将来RPAが全社規模になっても統合的なロボット管理が行えるため、我々の目標とするRPA活用を浸透させていくプロジェクトに最適のソフトウェアであると判断しました。グローバルのリーデイングベンダーとしてのRPAノウハウの提供および日本でのサポート体制も充実しており、現在、電通では、AIやCognitiveの活用によるRPAの業務高度化にも取り組んでいますが、それらに対応できる幅広いAPIが備わっているところもUiPathを評価する理由です。」

UiPathでは引き続き、電通の「テクノロジーにより拡張する働き方」改革のご支援に取り組んでまいります。

UiPath社について

UiPath社は、お客様の業務プロセスを効率的に自動化するための一体化されたソフトウェアプラットフォームを提供する、世界有数のRPAベンダーです。米国を本社とするUiPath社は、日本、英国、ルーマニア、フランス、ドイツ、インド、シンガポール、香港、オーストラリアに拠点を持ち、約700社のRPAによる自動化実績を有しています。

日本法人は2017年2月に設立されました。既に60社を越えるお客様で利用が始まっており、70社以上の企業様がPoC(Proof of Concept 実証実験)に取り組んでいます。 より詳細な情報は同社のウェブサイト等をご参照ください。(https://www.uipath.com/ja/

新着の記事
金融所得課税一体化の今日的意義

7月7日に、金融庁の「金融所得課税一体化に関する研究会」において、「論点整理」が公表された。本研究会においては、デリバティブ取引への損益通算範囲拡大に関する議論が行なわれている。ヘッジ手段としてのデリバティブ取引と対象となる資産を一体課税の対象とすることで、ヘッジ効果を税務上も享受せんとするものである。一方、トマ・ピケティ以降の世界的な議論の趨勢如何では、貧富の差の顕著な拡大を受け、金融所得一体課税のバックボーンとなっている二元的所得税の考え方が、変化を余儀なくされる可能性も否定できない情勢だ。本稿では、金融所得課税一体化について、金融庁研究会の議論をふりかえりつつ、今後の方向性を検討したい。

投資ファンドに関する最新の法改正動向

投資ファンドをめぐる法制は、投資ビークルとしての利便性の追求と、投資家保護を中心とした理由による規制の必要性との緊張関係から、頻繁に改正を繰り返してきている。今年になって、立て続けに法改正がなされ又はその方向性が定まり、実務に大きく影響する可能性があることから、いずれも未施行の段階ではあるものの紹介したい。

金融機関における新しいストレステストのシナリオプランニング

新型コロナウイルス感染症が世界中に広がり、人々の生活に影響を与えただけでなく、社会・経済のシステムに大きな影響を与えました。こうした「まさか」を想定したリスク管理のアップデートが求められています。本稿では、「まさか」を想定したリスク管理のアップデートに必要なシナリオプランニングについて解説する。

東証新上場区分が株主優待に与える示唆

2021年2月、東証プライム市場の上場基準が発表された。旧東証1部と大きく異なる部分として、株主数基準が挙げられる。本稿では、東証プライム市場上場基準の注目点から株主優待制度に焦点をあて解説する。

注目のセミナー すべて表示する