1. HOME
  2. ニュース
  3. NTTデータ 貿易情報連携基盤接続でブロックチェーン技術活用した実証実験開始

NTTデータ 貿易情報連携基盤接続でブロックチェーン技術活用した実証実験開始

NTTデータと三菱東京UFJ銀行はシンガポールの貿易プラットフォームであるNTPへの接続に向けた実証実験を開始することを発表した。

今回の実証実験では、NTTデータのブロックチェーン技術、三菱東京UFJ銀行の持つ貿易金融などの実貿易取引におけるユースケース情報、NTPプロジェクトオフィスの環境を活用し、クロスボーダー取引における安全性、効率性、透明性を高めるために必要な課題を特定し、解決策を検討し貿易やサプライチェーンを接続する電子化基盤の構築を目指す。実証実験は、2018年3月末までを予定している。

詳しくは、ブロックチェーン技術を活用した貿易情報連携基盤をシンガポールの貿易プラットフォーム(NTP)へ接続する実証実験を開始

新着の記事
投資ファンドに関する最新の法改正動向

投資ファンドをめぐる法制は、投資ビークルとしての利便性の追求と、投資家保護を中心とした理由による規制の必要性との緊張関係から、頻繁に改正を繰り返してきている。今年になって、立て続けに法改正がなされ又はその方向性が定まり、実務に大きく影響する可能性があることから、いずれも未施行の段階ではあるものの紹介したい。

金融機関における新しいストレステストのシナリオプランニング

新型コロナウイルス感染症が世界中に広がり、人々の生活に影響を与えただけでなく、社会・経済のシステムに大きな影響を与えました。こうした「まさか」を想定したリスク管理のアップデートが求められています。本稿では、「まさか」を想定したリスク管理のアップデートに必要なシナリオプランニングについて解説する。

東証新上場区分が株主優待に与える示唆

2021年2月、東証プライム市場の上場基準が発表された。旧東証1部と大きく異なる部分として、株主数基準が挙げられる。本稿では、東証プライム市場上場基準の注目点から株主優待制度に焦点をあて解説する。

金融業界の変革を妨げる業務プロセスの分断をどう解決するか?

【PR】金融業界は長年にわたって膨大なシステム群を構築してきた。その連携不足によって生じる業務プロセスの“分断”は、生産性向上を阻み、顧客サービスの提供スピードや品質でFinTech企業に評価を奪われる要因となっている。この課題を解決するには、既存のシステム群やデータベース群を連携させ、顧客からリクエストを受けてから、要求の実現やサービスの提供を行うまでの業務プロセスがエンド・ツー・エンドで完結するような業務プラットフォームを構築するのが有効となる。金融業界向けに特化し、ベストプラクティスを盛り込んだ業務連携のためのプラットフォームについて解説する。

注目のセミナー すべて表示する