1. HOME
  2. ニュース
  3. シンプレクス DMM Bitcoinの仮想通貨取引システムを構築

シンプレクス DMM Bitcoinの仮想通貨取引システムを構築

~シンプレクスの仮想通貨取引プラットフォーム「SimplexCryptoCurrency」の第1号案件~

シンプレクス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:金子英樹、以下:シンプレクス)は、株式会社DMM Bitcoin(本社:東京都中央区、代表取締役:田口 仁、仮想通貨交換業者:関東財務局長 第00010号)の新たな仮想通貨取引システムとして、仮想通貨取引プラットフォーム「SimplexCryptoCurrency(シンプレクス・クリプト・カレンシー)」が採用されたことをお知らせします。

株式会社DMM Bitcoinは、「DMM Bitcoin」ブランドによる仮想通貨取引の新サービスサイトを2018年1月10日に公開し、2018年1月11日より口座開設申込の受付を開始しました※1。

特長

本案件でシンプレクスは、(1)一般投資家向け取引ツール、(2)業務管理システム、(3)ディーリングシステムを提供しています。それぞれの主な特長は以下の通りです。

(1)快適な仮想通貨取引を実現する一般投資家向け取引ツール

一般投資家向け取引ツールとして、豊富な注文機能と高機能チャートを搭載し、カスタマイズ性にも優れたWebブラウザ版取引ツールと、チャートを見ながらの「ワンタッチ」発注や各種アラートのポップアップ機能を搭載したiOS/Android対応のネイティブアプリを提供しています。

(2)適切な業務運用を支援する業務管理システム

口座管理や取引管理など、仮想通貨取引サービスに求められる適切な業務運営を支援する業務管理システムを提供しています。他社製ウォレット管理システムとの連携にも対応しています。

(3)仮想通貨取引サービスの早期収益化に貢献するディーリングシステム

仮想通貨の特性や現状のボラティリティ等を考慮した収益化戦略の遂行により、仮想通貨取引サービスの早期収益化に貢献するディーリングシステムを提供しています。

DMM Bitcoin

SimplexCryptoCurrencyについて

「SimplexCryptoCurrency」は、シンプレクスが20年以上に渡り培ってきた大手金融機関向けシステムの開発・運用ノウハウを集約した、これまでにない新しい仮想通貨取引プラットフォームです。一般投資家向け取引システムとして求められる耐障害性と信頼性を備え、仮想通貨ビジネスに必要なあらゆる機能をオールインワンで提供します。

今後もシンプレクスは、「SimplexCryptoCurrency」の提供を通して、仮想通貨交換業者のビジネス基盤の早期構築と、安定的なシステム運営を支援してまいります。併せて、将来的な取り扱い仮想通貨の拡充や、法令規制等への対応、金融工学に精通した専門スタッフによるディーリングコンサルティングの提供など、今後の市場動向を的確に捉えた包括的な支援を目指すことで、仮想通貨交換業者の収益最大化に貢献してまいります。

補足説明

※1 株式会社DMM Bitcoin及び「DMM Bitcoin」の新サービスについては下記のページをご参照ください。https://bitcoin.dmm.com

詳しくはDMM Bitcoinの仮想通貨取引システムを構築

新着の記事
金融所得課税一体化の今日的意義

7月7日に、金融庁の「金融所得課税一体化に関する研究会」において、「論点整理」が公表された。本研究会においては、デリバティブ取引への損益通算範囲拡大に関する議論が行なわれている。ヘッジ手段としてのデリバティブ取引と対象となる資産を一体課税の対象とすることで、ヘッジ効果を税務上も享受せんとするものである。一方、トマ・ピケティ以降の世界的な議論の趨勢如何では、貧富の差の顕著な拡大を受け、金融所得一体課税のバックボーンとなっている二元的所得税の考え方が、変化を余儀なくされる可能性も否定できない情勢だ。本稿では、金融所得課税一体化について、金融庁研究会の議論をふりかえりつつ、今後の方向性を検討したい。

投資ファンドに関する最新の法改正動向

投資ファンドをめぐる法制は、投資ビークルとしての利便性の追求と、投資家保護を中心とした理由による規制の必要性との緊張関係から、頻繁に改正を繰り返してきている。今年になって、立て続けに法改正がなされ又はその方向性が定まり、実務に大きく影響する可能性があることから、いずれも未施行の段階ではあるものの紹介したい。

金融機関における新しいストレステストのシナリオプランニング

新型コロナウイルス感染症が世界中に広がり、人々の生活に影響を与えただけでなく、社会・経済のシステムに大きな影響を与えました。こうした「まさか」を想定したリスク管理のアップデートが求められています。本稿では、「まさか」を想定したリスク管理のアップデートに必要なシナリオプランニングについて解説する。

東証新上場区分が株主優待に与える示唆

2021年2月、東証プライム市場の上場基準が発表された。旧東証1部と大きく異なる部分として、株主数基準が挙げられる。本稿では、東証プライム市場上場基準の注目点から株主優待制度に焦点をあて解説する。

注目のセミナー すべて表示する