1. HOME
  2. ニュース
  3. シンプレクス DMM Bitcoinの仮想通貨取引システムを構築

シンプレクス DMM Bitcoinの仮想通貨取引システムを構築

~シンプレクスの仮想通貨取引プラットフォーム「SimplexCryptoCurrency」の第1号案件~

シンプレクス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:金子英樹、以下:シンプレクス)は、株式会社DMM Bitcoin(本社:東京都中央区、代表取締役:田口 仁、仮想通貨交換業者:関東財務局長 第00010号)の新たな仮想通貨取引システムとして、仮想通貨取引プラットフォーム「SimplexCryptoCurrency(シンプレクス・クリプト・カレンシー)」が採用されたことをお知らせします。

株式会社DMM Bitcoinは、「DMM Bitcoin」ブランドによる仮想通貨取引の新サービスサイトを2018年1月10日に公開し、2018年1月11日より口座開設申込の受付を開始しました※1。

特長

本案件でシンプレクスは、(1)一般投資家向け取引ツール、(2)業務管理システム、(3)ディーリングシステムを提供しています。それぞれの主な特長は以下の通りです。

(1)快適な仮想通貨取引を実現する一般投資家向け取引ツール

一般投資家向け取引ツールとして、豊富な注文機能と高機能チャートを搭載し、カスタマイズ性にも優れたWebブラウザ版取引ツールと、チャートを見ながらの「ワンタッチ」発注や各種アラートのポップアップ機能を搭載したiOS/Android対応のネイティブアプリを提供しています。

(2)適切な業務運用を支援する業務管理システム

口座管理や取引管理など、仮想通貨取引サービスに求められる適切な業務運営を支援する業務管理システムを提供しています。他社製ウォレット管理システムとの連携にも対応しています。

(3)仮想通貨取引サービスの早期収益化に貢献するディーリングシステム

仮想通貨の特性や現状のボラティリティ等を考慮した収益化戦略の遂行により、仮想通貨取引サービスの早期収益化に貢献するディーリングシステムを提供しています。

DMM Bitcoin

SimplexCryptoCurrencyについて

「SimplexCryptoCurrency」は、シンプレクスが20年以上に渡り培ってきた大手金融機関向けシステムの開発・運用ノウハウを集約した、これまでにない新しい仮想通貨取引プラットフォームです。一般投資家向け取引システムとして求められる耐障害性と信頼性を備え、仮想通貨ビジネスに必要なあらゆる機能をオールインワンで提供します。

今後もシンプレクスは、「SimplexCryptoCurrency」の提供を通して、仮想通貨交換業者のビジネス基盤の早期構築と、安定的なシステム運営を支援してまいります。併せて、将来的な取り扱い仮想通貨の拡充や、法令規制等への対応、金融工学に精通した専門スタッフによるディーリングコンサルティングの提供など、今後の市場動向を的確に捉えた包括的な支援を目指すことで、仮想通貨交換業者の収益最大化に貢献してまいります。

補足説明

※1 株式会社DMM Bitcoin及び「DMM Bitcoin」の新サービスについては下記のページをご参照ください。https://bitcoin.dmm.com

詳しくはDMM Bitcoinの仮想通貨取引システムを構築

新着の記事
「お得・便利・悩み解決」の3要素を押さえ ニッチなニーズを掘り起こす

サブスクリプション(以降、サブスク)とは、もともと雑誌や新聞の定期購読を指す言葉だったが、最近はモノやサービス、ソフトウェアやデジタルコンテンツなどを毎月一定額や従量で支払う契約全般を、サブスクリプションサービス/サブスクリプションビジネス(以降、サブスクビジネス)と呼ぶようになった。多様な業種が注目するサブスクビジネスのポイントや今後の展望について関係者に聞いた。

データサイエンティストの技術指標となるKaggle(カグル)とは~Kaggleを活用した新たなビジネス創出

ビッグデータ利活用の環境が整備されつつある中、その担い手となるデータサイエンティストが世界的に注目されて久しい。今や各国の政府が将来の国力を左右する材料として重視し、専門人材の育成に本腰を入れ始めた。データサイエンス人材に関する産官学の動きや、世界最高峰のデータサイエンティストが数多登録するプラットフォーム「Kaggle」などを関係者に聞いた。本稿では、データサイエンティストの技術力指標の一つとして使われている「Kaggle(カグル)」について焦点を当てKaggleの概要から活用事例を紹介しデータサイエンティストチームとの連携ポイントについて解説する。

RPAを最大限活用するための3つのポイントと副次的作用

RPAがコスト削減や業務効率化、或いは働き方改革の救世主として注目されて3年余り。多くの金融機関でも導入が進んだが、当初期待していた効果を得られなかったケースも多いのではないだろうか、今回「RPAブームから見る活用ポイントと次なる活用法」と題した全2回の特集をお届けする。第一回目では、この3年余りのRPAについて総括するともにRPAを最大限活用するためのポイントを大きく3つに分け解説する。

JPXによるTOCOM買収と「総合取引所」構想の行方

2019年7月30日、JPX(日本取引所グループ)とTOCOM(東京商品取引所)は、JPXがTOCOM株を総額約55億円で買収することで最終合意した。2020年7月には金や農産物をTOCOMからJPX傘下の大阪取引所に移管し、正式に「総合取引所」を発足させる予定だ。そもそも総合取引所構想の狙いはどこにあるのか、将来的に投資家にはどのようなメリットがあるのか、有識者に話を聞いた。

注目のセミナー すべて表示する