1. HOME
  2. ニュース
  3. シンプレクス 松井証券のPTS注文取次システムを構築

シンプレクス 松井証券のPTS注文取次システムを構築

~株式の夜間取引開始に伴うPTS注文取次システムをASPとして提供~

シンプレクス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:金子英樹、以下:シンプレクス)は、松井証券株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松井道夫、以下:松井証券)が2018年3月19日より取扱いを開始した株式の夜間取引において、私設取引システム「ジャパンネクストPTS(J-Market)(※1)」への注文取次システムとして、「SimplexBLAST(シンプレクス・ブラスト)」が採用されたことをお知らせします。

「SimplexBLAST」とは、シンプレクスが2004年より提供している株式取引統合ソリューションです。本案件では、「SimplexBLAST」の豊富な機能のうち、松井証券の既存取引システムとPTS(私設取引システム)をつなぐ「FIXゲートウェイ機能」、および、「各市場の時価受信機能」を搭載したPTS注文取次システムを、ASPとして松井証券に提供します。

導入背景

松井証券は、個人投資家の利益に資するイノベーティブなサービスの提供を通して、日本のオンライン証券ビジネスを牽引してきたインターネット専業の証券会社です。かねてより、国内株式市場の更なる活性化には夜間取引が不可欠と考え、東京証券取引所に対してその必要性を訴えてきた松井証券では、個人投資家の強い要望に応えるべく、PTSへの注文の取次により株式の夜間取引の取扱いを開始することを決定しました(※2)。

本案件では、「SimplexBLAST」の豊富な導入実績に加え、PTS注文取次システムに求められる「FIXゲートウェイ機能」、および、「各市場の時価受信機能」を、モジュール単位でASP導入できる点が評価されました。加えて、松井証券が提供する高機能株式トレーディングツール「ネットストック・ハイスピード」をはじめとした、10年以上に亘るシステム開発・運用実績も評価され、シンプレクスが事業パートナーとして選定されました。

株式取引統合ソリューション「SimplexBLAST」の特長

「SimplexBLAST」は、業界トップクラスの執行レイテンシーを誇る株式取引統合ソリューションです。委託(計らい、DMA、DSA)、自己取引(プロップトレーディング、ファシリテーション)といったフロントオフィス業務から、ポジション管理、アロケーション、建玉管理、コンファメーションレポート等のミドルオフィス業務に至るまで、あらゆる株式取引業務を支援しています。モジュール単位での導入や、ASP導入にも対応するなど、証券会社毎のニーズに応じて、フレキシブルに導入できる点が評価され、大手証券を中心に多くの金融機関に採用されています。

補足事項 ※
※1 「ジャパンネクストPTS(J-Market)」とは、 SBIジャパンネクスト証券株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:チャン・ソク・チョン)が運営する私設取引システムです。
※2 株式の夜間取引の詳細については、松井証券ホームページをご参照ください。

シンプレクス株式会社について

シンプレクスは1997年の創業以来、メガバンクや大手証券、大手FX会社を筆頭に、日本を代表する金融機関に向けて、収益業務に特化した金融フロントソリューションを提供しています。金融とITの両方に深く精通したプロフェッショナルが、コンサルティングからシステム開発、運用・保守に至るまで、一気通貫で支援しています。

詳しくはシンプレクス 松井証券のPTS注文取次システムを構築

新着の記事
BPS(ビジネスプロセスサービス)のメリットと活用事例

前回は、金融機関を含む日本企業が直面する生産性低下・人員増加のジレンマと従来型ビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)の現状・課題、そしてその進化形態であるビジネスプロセスサービス(BPS)の特徴について解説してきた。第2回目の今回は、BPSが持つ4つの強みと活用事例について紹介する。

業務生産性の向上を抜本的に導くBPS(ビジネスプロセスサービス)

金融業界を含めた日本企業の多くが業務生産性の向上を求められている。コスト改革やDX推進は徐々に進展してはいるものの、改革に向けた取り組みがまだ不十分である現状も多い。BPOの活用によるコストメリットも縮小する中、人材やデジタルを最大限に活用しながら、総合的に解決するサービスの可能性について解説する。

ICS・保険規制の最新動向~ソルベンシー規制の見直し進む経済価値ベース手法を取り入れ

保険会社に対するソルベンシー規制は国内外で転換点を迎えている。現行の「ソルベンシー・マージン比率」では、適切な保険負債やリスクの評価がなされていないという問題が広く認識されている。国内外のソルベンシー規制は、「経済価値ベース」の考え方を導入する方向へと動いている。

低金利対策の「利回り追求型」人気4つのマクロ環境が投資判断に影響

日本銀行の継続的な買い観測が浮上する「ETF(上場投資信託)」の注目度が高まり、取引残高も順調に伸びている。金融機関などの機関投資家や企業の投資対象としてのETFのトレンドや注目の商品、ポートフォリオに組み入れる際のポイントなどについてGlobal X Japan 取締役兼営業部長 米山 章吾 氏に聞いた(記事内容は2020年5月15日現在)。

注目のセミナー すべて表示する