1. HOME
  2. ニュース
  3. シンプレクス 松井証券のPTS注文取次システムを構築

シンプレクス 松井証券のPTS注文取次システムを構築

~株式の夜間取引開始に伴うPTS注文取次システムをASPとして提供~

シンプレクス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:金子英樹、以下:シンプレクス)は、松井証券株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松井道夫、以下:松井証券)が2018年3月19日より取扱いを開始した株式の夜間取引において、私設取引システム「ジャパンネクストPTS(J-Market)(※1)」への注文取次システムとして、「SimplexBLAST(シンプレクス・ブラスト)」が採用されたことをお知らせします。

「SimplexBLAST」とは、シンプレクスが2004年より提供している株式取引統合ソリューションです。本案件では、「SimplexBLAST」の豊富な機能のうち、松井証券の既存取引システムとPTS(私設取引システム)をつなぐ「FIXゲートウェイ機能」、および、「各市場の時価受信機能」を搭載したPTS注文取次システムを、ASPとして松井証券に提供します。

導入背景

松井証券は、個人投資家の利益に資するイノベーティブなサービスの提供を通して、日本のオンライン証券ビジネスを牽引してきたインターネット専業の証券会社です。かねてより、国内株式市場の更なる活性化には夜間取引が不可欠と考え、東京証券取引所に対してその必要性を訴えてきた松井証券では、個人投資家の強い要望に応えるべく、PTSへの注文の取次により株式の夜間取引の取扱いを開始することを決定しました(※2)。

本案件では、「SimplexBLAST」の豊富な導入実績に加え、PTS注文取次システムに求められる「FIXゲートウェイ機能」、および、「各市場の時価受信機能」を、モジュール単位でASP導入できる点が評価されました。加えて、松井証券が提供する高機能株式トレーディングツール「ネットストック・ハイスピード」をはじめとした、10年以上に亘るシステム開発・運用実績も評価され、シンプレクスが事業パートナーとして選定されました。

株式取引統合ソリューション「SimplexBLAST」の特長

「SimplexBLAST」は、業界トップクラスの執行レイテンシーを誇る株式取引統合ソリューションです。委託(計らい、DMA、DSA)、自己取引(プロップトレーディング、ファシリテーション)といったフロントオフィス業務から、ポジション管理、アロケーション、建玉管理、コンファメーションレポート等のミドルオフィス業務に至るまで、あらゆる株式取引業務を支援しています。モジュール単位での導入や、ASP導入にも対応するなど、証券会社毎のニーズに応じて、フレキシブルに導入できる点が評価され、大手証券を中心に多くの金融機関に採用されています。

補足事項 ※
※1 「ジャパンネクストPTS(J-Market)」とは、 SBIジャパンネクスト証券株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:チャン・ソク・チョン)が運営する私設取引システムです。
※2 株式の夜間取引の詳細については、松井証券ホームページをご参照ください。

シンプレクス株式会社について

シンプレクスは1997年の創業以来、メガバンクや大手証券、大手FX会社を筆頭に、日本を代表する金融機関に向けて、収益業務に特化した金融フロントソリューションを提供しています。金融とITの両方に深く精通したプロフェッショナルが、コンサルティングからシステム開発、運用・保守に至るまで、一気通貫で支援しています。

詳しくはシンプレクス 松井証券のPTS注文取次システムを構築

新着の記事
活用が進むクラウドコンピューティングにおける今後のバンキングサービスの行方

銀行のスマートバンキング化の動きが加速している。銀行やフィンテック企業は、最新テクノロジーを活用することによって新サービスを創出し、消費者のお金の使用・管理・運用に変革をもたらそうとしている。本稿では、クラウドコンピューティングに焦点を当て銀行の基幹システムの歴史を振返り、今後のクラウドコンピューティングを活用したバンキングサービスの行方について解説する。

情報銀行とは~情報銀行ビジネスの動向と今後の展望

情報銀行の社会実装が進むことで、従来、情報提供元となる企業に分散管理されていた個人情報が、統合・一元データとして活用されることで、データの付加価値が向上し、企業のマーケティングの高度化、新規サービスの創出等、様々な便益の向上が期待されている。また、2020年までに約1,000億円超の規模に成長するとも言われている。本稿では、情報銀行の概要から今後の展望について解説していく。

金融行政のこれまでの実践と今後の方針~金融実務における主なポイント【後編】

金融庁が公表した「変革期における金融サービスの向上にむけて~金融行政のこれまでの実践と今後の方針~(平成30事務年度)」。前編では、全体の構成と、平成30事務年度における金融行政の重点施策のうち「デジタライゼーションの加速的な進展への対応」、「家計の安定的な資産形成の推進」、「活力ある資本市場の実現と市場の公正性・透明性の確保」に関する金融実務上のポイントを解説した。本稿、後編ではその他の重点施策について、実務上重要なポイントを解説していく。

Kyash鷹取真一氏が描くキャッシュレス社会の姿とKyashにおける今後の展開

平成30年4月経済産業省は、日本のキャッシュレス社会を推進すべく「キャッシュレス・ビジョン」を公表した。また昨今、異業種の大企業が決済分野に参入するなどプレイヤーが乱立し、キャッシュレス社会に向けた動きが激化している。本稿では、2015年1月に創業しこれまでに総額10憶円を超える資金調達を行い、ウォレットアプリを提供している株式会社Kyash CEOの鷹取真一氏に同氏が描くキャッシュレス社会の姿とKyashにおける今後の展開についてインタビューを実施した。