1. HOME
  2. ニュース
  3. インシュアテックとブロックチェーンの iBeed が iChain(アイチェーン)へ社名変更~「人と人を技術でつなげる」というメッセージを「Chain」に込めて~

インシュアテックとブロックチェーンの iBeed が iChain(アイチェーン)へ社名変更~「人と人を技術でつなげる」というメッセージを「Chain」に込めて~

インシュアテック(InsurTech)のスタートアップである iBeed 株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役 CEO 加藤 裕之)は、iChain 株式会社(以下 iChain)に商号変更いたしました。同時にコーポレートロゴを変更したことを本⽇報告いたします。

新社名

和文社名 iChain 株式会社(あいちぇーん かぶしきがいしゃ)
英文社名 iChain, Inc.

新コーポレートブランドについて

保険×IT であるインシュアテック市場は今年に入り大きな注目を集めており、今後急激な成長が期待できる市場です。このような成長市場の中で当社のサービスを利用していただくコンシューマーおよび保険事業者に対して「人と人を技術でつなげる」というコーポレート・メッセージを明確にするとともに、ブロックチェーンのイメージを「Chain(チェーン)」というキーワードに込めています。

新ロゴは、チェーンの繋がりによる新しい価値の創造を意図しており、我々のソリューションを通じて、テクノロジーによる革新を、にしていくという思いを体現しております。

シンプルなサンセリフ体のフォントをベースにキーカラーに濃い紫を使い高貴な印象にすることで、保険関連ビジネスとして信頼感につながるデザインに仕上げています。

iChain 株式会社概要

iChain はブロックチェーンテクノロジー(分散台帳技術)をベースに保険業界にイノベーションを起こすインシュアテックのスタートアップです。

個人に対して、これまで紙ベースで⾏われてきた加入保険の保険証書をスマートフォンで管理できるようにします。「もしも」のときに迷わずに保険金請求ができるような「世の中を少し便利にする」世界観を実現します。

保険事業者に対しては、ブロックチェーンベースの保険証券管理および保険金支払いプロセス管理のプラットフォーム「iChain Base」により、保険事業者のメインフレームから Web を中⼼とした分散技術へのトランスフォーメーションを進めていきます。

会社名:iChain 株式会社(英文社名: iChain, Inc.)
所在地:東京都中央区新川 1-8-8
設立日:2016 年 4 月 1 日
資本金:52,710,000 円
代表者:代表取締役 CEO 加藤 裕之
URL : https://www.ichain.co.jp/

詳しくは、インシュアテックとブロックチェーンの iBeed が iChain(アイチェーン)へ社名変更~「人と人を技術でつなげる」というメッセージを「Chain」に込めて~

新着の記事
【初心者向け】機械学習とは ~理研AIP副センター長が解説

AIの能力の進化が凄まじい勢いで進んでいる。囲碁や将棋の世界では人間はAIに勝てなくなり、シンギュラリティという言葉も現実味を帯び始めてきた。レントゲン画像の正確かつ高速な診断や、ロボット投資アドバイザーなど、各業界へのAIの進出もますます進んでいる。本稿では、理化学研究所 革新知能統合研究センターの上田氏が、機械学習の概要から可能性まで、わかりやすく解説する。

生産性向上特別措置法(前編) ~規制のサンドボックスとは何か

2018年6月6日、生産性向上特別措置法(以下、「法」という。)が施行された。同法は、我が国における規制の在り方を根本的に変え得る「規制のサンドボックス」(Regulatory Sandbox)制度を創設するものとして注目を浴びている。本稿では、規制のサンドボックス制度に加え、同法が規定するデータ共有・連携のためのIoT投資減税等及び中小企業の生産性向上のための設備投資の促進の各制度のポイントについて弁護士が解説する。

規制業種における独禁法上の企業結合審査のあり方 ~諸外国の例を参考に

金融庁レポートにて、金融機関の経営統合に対する競争の観点からの審査について、現在のシステムは経営統合を用いた地域貢献の余地を狭め、地域金融インフラの確保や金融仲介の質の向上に負の影響が懸念されると示された。今後のあるべき銀行の企業結合審査とは何か。諸外国の法制にも目を配りつつ、論じる。

5年間で3.75倍に!? 世界中で進むデジタルペイメントを読み解く

銀行のスマートバンキング化の動きが加速している。その中でも特に注目すべきは「デジタルペイメント」だ。日本政府も2018年4月に「キャッシュレス・ビジョン」を公表し、デジタル上での資金のやり取りの重要性は高まってきている。デジタルペイメントは現在どの程度世界で活用されているのか、銀行や顧客にとってのメリットは何なのか、今後銀行はこの流れにどのように対処していくべきか解説する。