1. HOME
  2. ニュース
  3. インシュアテックとブロックチェーンの iBeed が iChain(アイチェーン)へ社名変更~「人と人を技術でつなげる」というメッセージを「Chain」に込めて~

インシュアテックとブロックチェーンの iBeed が iChain(アイチェーン)へ社名変更~「人と人を技術でつなげる」というメッセージを「Chain」に込めて~

インシュアテック(InsurTech)のスタートアップである iBeed 株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役 CEO 加藤 裕之)は、iChain 株式会社(以下 iChain)に商号変更いたしました。同時にコーポレートロゴを変更したことを本⽇報告いたします。

新社名

和文社名 iChain 株式会社(あいちぇーん かぶしきがいしゃ)
英文社名 iChain, Inc.

新コーポレートブランドについて

保険×IT であるインシュアテック市場は今年に入り大きな注目を集めており、今後急激な成長が期待できる市場です。このような成長市場の中で当社のサービスを利用していただくコンシューマーおよび保険事業者に対して「人と人を技術でつなげる」というコーポレート・メッセージを明確にするとともに、ブロックチェーンのイメージを「Chain(チェーン)」というキーワードに込めています。

新ロゴは、チェーンの繋がりによる新しい価値の創造を意図しており、我々のソリューションを通じて、テクノロジーによる革新を、にしていくという思いを体現しております。

シンプルなサンセリフ体のフォントをベースにキーカラーに濃い紫を使い高貴な印象にすることで、保険関連ビジネスとして信頼感につながるデザインに仕上げています。

iChain 株式会社概要

iChain はブロックチェーンテクノロジー(分散台帳技術)をベースに保険業界にイノベーションを起こすインシュアテックのスタートアップです。

個人に対して、これまで紙ベースで⾏われてきた加入保険の保険証書をスマートフォンで管理できるようにします。「もしも」のときに迷わずに保険金請求ができるような「世の中を少し便利にする」世界観を実現します。

保険事業者に対しては、ブロックチェーンベースの保険証券管理および保険金支払いプロセス管理のプラットフォーム「iChain Base」により、保険事業者のメインフレームから Web を中⼼とした分散技術へのトランスフォーメーションを進めていきます。

会社名:iChain 株式会社(英文社名: iChain, Inc.)
所在地:東京都中央区新川 1-8-8
設立日:2016 年 4 月 1 日
資本金:52,710,000 円
代表者:代表取締役 CEO 加藤 裕之
URL : https://www.ichain.co.jp/

詳しくは、インシュアテックとブロックチェーンの iBeed が iChain(アイチェーン)へ社名変更~「人と人を技術でつなげる」というメッセージを「Chain」に込めて~

新着の記事
【徹底解説】不動産クラウドファンディング・貸付型クラウドファンディング に関する新ルールのポイント

近時、クラウドファンディングに関して監督当局から相次いでガイドライン等が公表された。いずれも特定類型のクラウドファンディングを直接の対象とするものであるが、その中で言及されている問題意識はクラウドファンディング全般においても参考になる。そこで、新ルールの概要と実務上のポイントを専門の弁護士が解説する。

AI活用がもたらす効果とAI活用を成功させるためのポイントと留意点

先進国で効果的なAI活用が進めば、大きな価値を生み出すことはよく知られているが、日本でAIの活用を進めていく意味合いが他国と比べても非常に大きいことは必ずしも理解されていない。本稿では、日本がAIを活用することによってもたらす効果とAI活用を成功させるためのポイントと留意点について解説する。

IoTが銀行の融資サービス業務にもたらす影響

スマートバンキングが加速している。人工知能やクラウドコンピューティングが銀行業界で徐々に普及し始めている中、次のフロンティアとしてIoTのバンキングへの応用が注目されている。IoT機器の活用によって銀行が収集できるデータ量は爆発的に増加し、融資サービスを始めとする銀行業務の幅を大きく広げるだろう。本稿では、れまでの銀行融資の一般的なスキームと課題について説明した上で、その課題をIoTによってどのように克服できるのかについて解説する。

デジタルウェルスマネジメント推進に向けた国内金融機関がとるべき3つのアクション

ウェルスマネジメントにおいて市場/規制・顧客・競合プレイヤーの急速な変化により、ウェルスマネジメントビジネスにおける環境は急激な変化が起きている。本稿では、ウェルスマネジメントビジネスの環境変化について触れるとともに、国内金融機関がデジタルウェルスマネジメントを推進していくうえで重要となる3つのアクションについて解説する。