1. HOME
  2. ニュース
  3. インシュアテックとブロックチェーンの iBeed が iChain(アイチェーン)へ社名変更~「人と人を技術でつなげる」というメッセージを「Chain」に込めて~

インシュアテックとブロックチェーンの iBeed が iChain(アイチェーン)へ社名変更~「人と人を技術でつなげる」というメッセージを「Chain」に込めて~

インシュアテック(InsurTech)のスタートアップである iBeed 株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役 CEO 加藤 裕之)は、iChain 株式会社(以下 iChain)に商号変更いたしました。同時にコーポレートロゴを変更したことを本⽇報告いたします。

新社名

和文社名 iChain 株式会社(あいちぇーん かぶしきがいしゃ)
英文社名 iChain, Inc.

新コーポレートブランドについて

保険×IT であるインシュアテック市場は今年に入り大きな注目を集めており、今後急激な成長が期待できる市場です。このような成長市場の中で当社のサービスを利用していただくコンシューマーおよび保険事業者に対して「人と人を技術でつなげる」というコーポレート・メッセージを明確にするとともに、ブロックチェーンのイメージを「Chain(チェーン)」というキーワードに込めています。

新ロゴは、チェーンの繋がりによる新しい価値の創造を意図しており、我々のソリューションを通じて、テクノロジーによる革新を、にしていくという思いを体現しております。

シンプルなサンセリフ体のフォントをベースにキーカラーに濃い紫を使い高貴な印象にすることで、保険関連ビジネスとして信頼感につながるデザインに仕上げています。

iChain 株式会社概要

iChain はブロックチェーンテクノロジー(分散台帳技術)をベースに保険業界にイノベーションを起こすインシュアテックのスタートアップです。

個人に対して、これまで紙ベースで⾏われてきた加入保険の保険証書をスマートフォンで管理できるようにします。「もしも」のときに迷わずに保険金請求ができるような「世の中を少し便利にする」世界観を実現します。

保険事業者に対しては、ブロックチェーンベースの保険証券管理および保険金支払いプロセス管理のプラットフォーム「iChain Base」により、保険事業者のメインフレームから Web を中⼼とした分散技術へのトランスフォーメーションを進めていきます。

会社名:iChain 株式会社(英文社名: iChain, Inc.)
所在地:東京都中央区新川 1-8-8
設立日:2016 年 4 月 1 日
資本金:52,710,000 円
代表者:代表取締役 CEO 加藤 裕之
URL : https://www.ichain.co.jp/

詳しくは、インシュアテックとブロックチェーンの iBeed が iChain(アイチェーン)へ社名変更~「人と人を技術でつなげる」というメッセージを「Chain」に込めて~

新着の記事
2020年に情シスは何を頑張ったのか? IIJが実施したユニークな調査に注目!

2020年は新型コロナウイルス感染症により情報システム管理者にとってにとっては、「苦労の絶えない1年」となった。本稿では、インターネットイニシアティブが2020年11月に情報システム管理者に対して実施したアンケート調査より何に苦労し何に頑張たっかのかを紹介する。

ファイルサーバは、どうすれば管理性を落とさずにクラウド化できるか

「ハードウェアの管理負荷を無くしたい。」「容量不足を何とかしたい。」こうした思いからファイルサーバのクラウド化を検討する企業が増えている。だが、ァイルサーバの運用管理は、権限管理やバックアップ等、想像以上に複雑である。本稿では、オンプレミスの管理性を維持したままクラウドへ移行したい。そんな希望を叶えるサービスとしてインターネットイニシアティブの提供する「SCCloud with IIJ/ファイルサーバサービス」を紹介する。

コロナ影響でVDIの導入傾向は変わったのか? IIJがVDI利用状況に関する調査レポートを公開

新型コロナウイルス感染症への対応でテレワークの歩みは全国的に広がり、クラウドで仮想デスクトップ(VDI)を提供するDaaSの登場でコスト課題も解消されつつある。VDIに関わる企業の取り組み状況は、この1年で大きく変わったと言えるだろう。本稿では、2020年8月、情報システム管理者と利用者の双方を対象にして、VDIに対する意識調査を実施した調査結果を紹介する。

4つの方式を比較――クラウドサービスの通信接続はどうすれば安定化できるか

クラウドサービスを利用する上でIT管理者を悩ませる課題に、通信負荷がある。ユーザーの利用頻度によっては “ネットワーク負荷を要因とするパフォーマンスダウン” が生じてしまう。通信負荷を回避する、あるいは軽減・分散する仕組みは不可欠である。本稿では、インターネットイニシアティブがまとめたホワイトペーパー「クラウドサービスの通信負荷を解消――4つの方式比較資料」から、通信負荷のボトルネックを解消するための方式として4つの選択肢を解説する。