1. HOME
  2. ニュース
  3. シンプレクス 東海東京証券の機関投資家向け株式トレーディングシステム刷新案件を受注

シンプレクス 東海東京証券の機関投資家向け株式トレーディングシステム刷新案件を受注

~豊富なアルゴリズム・ストラテジーを標準搭載~

シンプレクス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:金子英樹、以下:シンプレクス)は、このたび東海東京証券株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:早川敏之、以下:東海東京証券)の機関投資家向け株式トレーディングシステム刷新案件を受注しました。

本案件では、多様化する機関投資家のニーズに応えるべく、豊富なアルゴリズム・ストラテジーを標準搭載したASP型の株式取引統合ソリューション「SimplexBLAST(シンプレクス・ブラスト)」に加え、ダークプールソリューション「SimplexBLAST X(シンプレクス・ブラスト・エックス)」が採用されました。

導入背景

2018年1月にMiFIDⅡ(第2次金融商品市場指令)が欧州で施行されたことに伴い、日本においても、機関投資家が証券会社に支払う費用(取引執行費用とリサーチ費用)の分離明確化が注目されています。こうした規制の影響もあり、アルゴリズム・トレーディングの高度化に代表される、最良執行の実現に向けた抜本的なシステム整備が、証券市場全体の重要なテーマとなっています。こうした状況に鑑み、東海東京証券では、サービスレベルの向上を図ることで、国内外の機関投資家からのオーダーフローの拡大を目指すべく、株式トレーディングシステムの刷新を決定しました。

評価されたポイント

本案件の受注にあたっては、VWAP/TWAP/POV/IS/Peg/Iceberg/Sniper/StopLossなど、豊富なアルゴリズム・ストラテジーを「SimplexBLAST」が標準搭載している点が評価されました。加えて、自社ロジックも組み込むことができるアルゴリズム・エンジンの拡張性の高さや、アルゴリズム執行計画を事前・事後で素早くモニタリングできる点も評価されました。

また、「SimplexBLAST」に精通した100名を超える金融専門エンジニアを擁し、1997年の創業以来、日本を拠点として事業を展開するシンプレクス特有の「ハイレベルなサポート体制」も高く評価されました。さらに、東海東京証券の債券フロントシステムや自己取引システムにおける長年に亘る開発・サポート実績も評価されました。

株式取引統合ソリューション「SimplexBLAST」の特長

「SimplexBLAST」は、業界トップクラスの執行レイテンシーを誇る株式取引統合ソリューションです。委託(計らい、DMA、DSA)、自己取引(プロップトレーディング、ファシリテーション)といったフロントオフィス業務から、ポジション管理、アロケーション、建玉管理、コンファメーションレポート等のミドルオフィス業務に至るまで、あらゆる株式取引業務を支援しています。モジュール単位での導入や、ASP導入にも対応するなど、証券会社毎のニーズに応じて、フレキシブルに導入できる点が評価され、大手証券を中心に多くの金融機関に採用されています。

本案件では、「SimplexBLAST」の豊富な機能のうち、(1)FIXゲートウェイ、(2)ナイト・キューイング、(3)オーダー・マネジメント、(4)バスケット・トレーディング、(5)アルゴリズム・トレーディング、(6)プレ・トレード・リスク・マネジメント、(7)コンプライアンス・チェック、(8)ミドルオフィス、(9)マーケットフィード、(10)マーケットアクセス、(11)SOR、(12)ダークプール、(13)エクストラ・ネットワークサービス等が採用されると共に、バックシステムとの連携やEUCにも対応する予定です。

シンプレクス株式会社について

シンプレクスは1997年の創業以来、メガバンクや大手証券、大手FX会社を筆頭に、日本を代表する金融機関に向けて、収益業務に特化した金融フロントソリューションを提供しています。金融とITの両方に深く精通したプロフェッショナルが、コンサルティングからシステム開発、運用・保守に至るまで、一気通貫で支援しています。

詳しくは
東海東京証券の機関投資家向け株式トレーディングシステム刷新案件を受注

新着の記事
活用が進むクラウドコンピューティングにおける今後のバンキングサービスの行方

銀行のスマートバンキング化の動きが加速している。銀行やフィンテック企業は、最新テクノロジーを活用することによって新サービスを創出し、消費者のお金の使用・管理・運用に変革をもたらそうとしている。本稿では、クラウドコンピューティングに焦点を当て銀行の基幹システムの歴史を振返り、今後のクラウドコンピューティングを活用したバンキングサービスの行方について解説する。

情報銀行とは~情報銀行ビジネスの動向と今後の展望

情報銀行の社会実装が進むことで、従来、情報提供元となる企業に分散管理されていた個人情報が、統合・一元データとして活用されることで、データの付加価値が向上し、企業のマーケティングの高度化、新規サービスの創出等、様々な便益の向上が期待されている。また、2020年までに約1,000億円超の規模に成長するとも言われている。本稿では、情報銀行の概要から今後の展望について解説していく。

金融行政のこれまでの実践と今後の方針~金融実務における主なポイント【後編】

金融庁が公表した「変革期における金融サービスの向上にむけて~金融行政のこれまでの実践と今後の方針~(平成30事務年度)」。前編では、全体の構成と、平成30事務年度における金融行政の重点施策のうち「デジタライゼーションの加速的な進展への対応」、「家計の安定的な資産形成の推進」、「活力ある資本市場の実現と市場の公正性・透明性の確保」に関する金融実務上のポイントを解説した。本稿、後編ではその他の重点施策について、実務上重要なポイントを解説していく。

Kyash鷹取真一氏が描くキャッシュレス社会の姿とKyashにおける今後の展開

平成30年4月経済産業省は、日本のキャッシュレス社会を推進すべく「キャッシュレス・ビジョン」を公表した。また昨今、異業種の大企業が決済分野に参入するなどプレイヤーが乱立し、キャッシュレス社会に向けた動きが激化している。本稿では、2015年1月に創業しこれまでに総額10憶円を超える資金調達を行い、ウォレットアプリを提供している株式会社Kyash CEOの鷹取真一氏に同氏が描くキャッシュレス社会の姿とKyashにおける今後の展開についてインタビューを実施した。