1. HOME
  2. ニュース
  3. シンプレクス 東海東京証券の機関投資家向け株式トレーディングシステム刷新案件を受注

シンプレクス 東海東京証券の機関投資家向け株式トレーディングシステム刷新案件を受注

~豊富なアルゴリズム・ストラテジーを標準搭載~

シンプレクス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:金子英樹、以下:シンプレクス)は、このたび東海東京証券株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:早川敏之、以下:東海東京証券)の機関投資家向け株式トレーディングシステム刷新案件を受注しました。

本案件では、多様化する機関投資家のニーズに応えるべく、豊富なアルゴリズム・ストラテジーを標準搭載したASP型の株式取引統合ソリューション「SimplexBLAST(シンプレクス・ブラスト)」に加え、ダークプールソリューション「SimplexBLAST X(シンプレクス・ブラスト・エックス)」が採用されました。

導入背景

2018年1月にMiFIDⅡ(第2次金融商品市場指令)が欧州で施行されたことに伴い、日本においても、機関投資家が証券会社に支払う費用(取引執行費用とリサーチ費用)の分離明確化が注目されています。こうした規制の影響もあり、アルゴリズム・トレーディングの高度化に代表される、最良執行の実現に向けた抜本的なシステム整備が、証券市場全体の重要なテーマとなっています。こうした状況に鑑み、東海東京証券では、サービスレベルの向上を図ることで、国内外の機関投資家からのオーダーフローの拡大を目指すべく、株式トレーディングシステムの刷新を決定しました。

評価されたポイント

本案件の受注にあたっては、VWAP/TWAP/POV/IS/Peg/Iceberg/Sniper/StopLossなど、豊富なアルゴリズム・ストラテジーを「SimplexBLAST」が標準搭載している点が評価されました。加えて、自社ロジックも組み込むことができるアルゴリズム・エンジンの拡張性の高さや、アルゴリズム執行計画を事前・事後で素早くモニタリングできる点も評価されました。

また、「SimplexBLAST」に精通した100名を超える金融専門エンジニアを擁し、1997年の創業以来、日本を拠点として事業を展開するシンプレクス特有の「ハイレベルなサポート体制」も高く評価されました。さらに、東海東京証券の債券フロントシステムや自己取引システムにおける長年に亘る開発・サポート実績も評価されました。

株式取引統合ソリューション「SimplexBLAST」の特長

「SimplexBLAST」は、業界トップクラスの執行レイテンシーを誇る株式取引統合ソリューションです。委託(計らい、DMA、DSA)、自己取引(プロップトレーディング、ファシリテーション)といったフロントオフィス業務から、ポジション管理、アロケーション、建玉管理、コンファメーションレポート等のミドルオフィス業務に至るまで、あらゆる株式取引業務を支援しています。モジュール単位での導入や、ASP導入にも対応するなど、証券会社毎のニーズに応じて、フレキシブルに導入できる点が評価され、大手証券を中心に多くの金融機関に採用されています。

本案件では、「SimplexBLAST」の豊富な機能のうち、(1)FIXゲートウェイ、(2)ナイト・キューイング、(3)オーダー・マネジメント、(4)バスケット・トレーディング、(5)アルゴリズム・トレーディング、(6)プレ・トレード・リスク・マネジメント、(7)コンプライアンス・チェック、(8)ミドルオフィス、(9)マーケットフィード、(10)マーケットアクセス、(11)SOR、(12)ダークプール、(13)エクストラ・ネットワークサービス等が採用されると共に、バックシステムとの連携やEUCにも対応する予定です。

シンプレクス株式会社について

シンプレクスは1997年の創業以来、メガバンクや大手証券、大手FX会社を筆頭に、日本を代表する金融機関に向けて、収益業務に特化した金融フロントソリューションを提供しています。金融とITの両方に深く精通したプロフェッショナルが、コンサルティングからシステム開発、運用・保守に至るまで、一気通貫で支援しています。

詳しくは
東海東京証券の機関投資家向け株式トレーディングシステム刷新案件を受注

新着の記事
2020年に情シスは何を頑張ったのか? IIJが実施したユニークな調査に注目!

2020年は新型コロナウイルス感染症により情報システム管理者にとってにとっては、「苦労の絶えない1年」となった。本稿では、インターネットイニシアティブが2020年11月に情報システム管理者に対して実施したアンケート調査より何に苦労し何に頑張たっかのかを紹介する。

ファイルサーバは、どうすれば管理性を落とさずにクラウド化できるか

「ハードウェアの管理負荷を無くしたい。」「容量不足を何とかしたい。」こうした思いからファイルサーバのクラウド化を検討する企業が増えている。だが、ァイルサーバの運用管理は、権限管理やバックアップ等、想像以上に複雑である。本稿では、オンプレミスの管理性を維持したままクラウドへ移行したい。そんな希望を叶えるサービスとしてインターネットイニシアティブの提供する「SCCloud with IIJ/ファイルサーバサービス」を紹介する。

コロナ影響でVDIの導入傾向は変わったのか? IIJがVDI利用状況に関する調査レポートを公開

新型コロナウイルス感染症への対応でテレワークの歩みは全国的に広がり、クラウドで仮想デスクトップ(VDI)を提供するDaaSの登場でコスト課題も解消されつつある。VDIに関わる企業の取り組み状況は、この1年で大きく変わったと言えるだろう。本稿では、2020年8月、情報システム管理者と利用者の双方を対象にして、VDIに対する意識調査を実施した調査結果を紹介する。

4つの方式を比較――クラウドサービスの通信接続はどうすれば安定化できるか

クラウドサービスを利用する上でIT管理者を悩ませる課題に、通信負荷がある。ユーザーの利用頻度によっては “ネットワーク負荷を要因とするパフォーマンスダウン” が生じてしまう。通信負荷を回避する、あるいは軽減・分散する仕組みは不可欠である。本稿では、インターネットイニシアティブがまとめたホワイトペーパー「クラウドサービスの通信負荷を解消――4つの方式比較資料」から、通信負荷のボトルネックを解消するための方式として4つの選択肢を解説する。