1. HOME
  2. ニュース
  3. シンプレクス 東海東京証券の機関投資家向け株式トレーディングシステム刷新案件を受注

シンプレクス 東海東京証券の機関投資家向け株式トレーディングシステム刷新案件を受注

~豊富なアルゴリズム・ストラテジーを標準搭載~

シンプレクス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:金子英樹、以下:シンプレクス)は、このたび東海東京証券株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:早川敏之、以下:東海東京証券)の機関投資家向け株式トレーディングシステム刷新案件を受注しました。

本案件では、多様化する機関投資家のニーズに応えるべく、豊富なアルゴリズム・ストラテジーを標準搭載したASP型の株式取引統合ソリューション「SimplexBLAST(シンプレクス・ブラスト)」に加え、ダークプールソリューション「SimplexBLAST X(シンプレクス・ブラスト・エックス)」が採用されました。

導入背景

2018年1月にMiFIDⅡ(第2次金融商品市場指令)が欧州で施行されたことに伴い、日本においても、機関投資家が証券会社に支払う費用(取引執行費用とリサーチ費用)の分離明確化が注目されています。こうした規制の影響もあり、アルゴリズム・トレーディングの高度化に代表される、最良執行の実現に向けた抜本的なシステム整備が、証券市場全体の重要なテーマとなっています。こうした状況に鑑み、東海東京証券では、サービスレベルの向上を図ることで、国内外の機関投資家からのオーダーフローの拡大を目指すべく、株式トレーディングシステムの刷新を決定しました。

評価されたポイント

本案件の受注にあたっては、VWAP/TWAP/POV/IS/Peg/Iceberg/Sniper/StopLossなど、豊富なアルゴリズム・ストラテジーを「SimplexBLAST」が標準搭載している点が評価されました。加えて、自社ロジックも組み込むことができるアルゴリズム・エンジンの拡張性の高さや、アルゴリズム執行計画を事前・事後で素早くモニタリングできる点も評価されました。

また、「SimplexBLAST」に精通した100名を超える金融専門エンジニアを擁し、1997年の創業以来、日本を拠点として事業を展開するシンプレクス特有の「ハイレベルなサポート体制」も高く評価されました。さらに、東海東京証券の債券フロントシステムや自己取引システムにおける長年に亘る開発・サポート実績も評価されました。

株式取引統合ソリューション「SimplexBLAST」の特長

「SimplexBLAST」は、業界トップクラスの執行レイテンシーを誇る株式取引統合ソリューションです。委託(計らい、DMA、DSA)、自己取引(プロップトレーディング、ファシリテーション)といったフロントオフィス業務から、ポジション管理、アロケーション、建玉管理、コンファメーションレポート等のミドルオフィス業務に至るまで、あらゆる株式取引業務を支援しています。モジュール単位での導入や、ASP導入にも対応するなど、証券会社毎のニーズに応じて、フレキシブルに導入できる点が評価され、大手証券を中心に多くの金融機関に採用されています。

本案件では、「SimplexBLAST」の豊富な機能のうち、(1)FIXゲートウェイ、(2)ナイト・キューイング、(3)オーダー・マネジメント、(4)バスケット・トレーディング、(5)アルゴリズム・トレーディング、(6)プレ・トレード・リスク・マネジメント、(7)コンプライアンス・チェック、(8)ミドルオフィス、(9)マーケットフィード、(10)マーケットアクセス、(11)SOR、(12)ダークプール、(13)エクストラ・ネットワークサービス等が採用されると共に、バックシステムとの連携やEUCにも対応する予定です。

シンプレクス株式会社について

シンプレクスは1997年の創業以来、メガバンクや大手証券、大手FX会社を筆頭に、日本を代表する金融機関に向けて、収益業務に特化した金融フロントソリューションを提供しています。金融とITの両方に深く精通したプロフェッショナルが、コンサルティングからシステム開発、運用・保守に至るまで、一気通貫で支援しています。

詳しくは
東海東京証券の機関投資家向け株式トレーディングシステム刷新案件を受注

新着の記事
新設される内部通報制度の認証制度・自己適合宣言登録制度とは

公益通報者保護制度が施行されてから10年以上経過し、多くの企業が内部通報制度を活用している中、消費者庁は公益通報者保護法の適用要件や効果の見直しなどとともに、事業者に対するインセンティブとして、事業者の内部通報制度の実効性の向上を図るための認証制度を導入することを決めた。本稿では、今年度より新設される予定のかかる認証制度について解説する。

【連載】不祥事とガバナンスの再構築~正しく「3線」防御の態勢を整備せよ

日本では「3線」防御というと、「3回、チェックすれば間違いが少なくなる」という程度の浅い理解にとどまっている。以下では、正しく「3線」防御の態勢を整備するうえで、日本独自のガバナンスのどこが問題なのか、また、日本企業・金融機関は、今後、何をすべきかを記載したい。

【連載】不祥事とガバナンスの再構築~ビジネスモデルの行き詰まりがミスコンダクトを誘発する

最近の不祥事の多発は、経営環境の変化に伴うビジネスモデルの行き詰まりと決して無関係ではない。ガバナンス改革は着実に進展しているが、日本独自のガバナンス慣行が有する弱点、限界を理解しないまま、ガバナンス改革を中途半端に終わらせることは危険であることを知る必要がある。とくにスルガ銀行の失敗は多くの金融機関にとって教訓とすべき点が多い。
本連載(全2回)では、近時の不祥事を例にあげ、日本独自のガバナンス態勢の問題点、正しく「3線」防御の態勢を構築する必要性について解説していく。

AI・アナリティクスを活用したデータ駆動型バンキングサービス

銀行のスマートバンキング化の動きが加速している。スマートバンキングはキャッシュレスなどの物理的な利便性に焦点を当てられがちだが、AIやデータアナリティクス、ディープラーニングと組み合わせることで、顧客体験に革命を起こすことができる。スマートバンキングとAIがもたらす銀行とITの未来を読み解く。