1. HOME
  2. ニュース
  3. シンプレクス 国内APN テクノロジーパートナーとして初めて「AWS金融サービスコンピテンシー」認定を取得

シンプレクス 国内APN テクノロジーパートナーとして初めて「AWS金融サービスコンピテンシー」認定を取得

シンプレクス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:金子英樹、以下、シンプレクス)は、このたびアマゾン ウェブ サービス(以下、AWS)のパートナー認定制度である「AWSコンピテンシープログラム」*1において、AWS パートナーネットワーク(以下、APN)の国内APNテクノロジーパートナーとして初めて、「金融サービスコンピテンシー」認定を取得したことをお知らせします。

シンプレクスは、1997年の創業以来、メガバンク、大手証券をはじめとした主要な金融機関向けに、金融商品の取引やリスク管理業務を支援する独自開発のITソリューション・サービスを提供しています。2016年12月よりテクノロジーパートナーとしてAPNに参加し、2017年9月にはAPN最上位である「APNアドバンスドテクノロジーパートナー」の認定を受けています。

今回の「金融サービスコンピテンシー」の取得にあたっては、シンプレクスの豊富な金融業務知識と高度な金融工学、最先端のIT技術に加え、これまで多くの金融機関に対してAWSを導入してきた実績が評価されました。今後もシンプレクスは、金融業務に求められる厳しいシステム要件を満たしたクラウド基盤への対応を積極的に進めることで、金融機関の収益力の向上を支援してまいります。

AWSが発行した金融サービスコンピテンシーのロゴ

AWS

補足説明

※1 「AWS コンピテンシープログラム」とは、優れた技術的能力を持ち、自らが専門とするソリューション分野において、お客様のビジネスの成功に貢献できるAPNパートナーであることを実証するために制定されたAWSのパートナー認定制度です。

※ アマゾン ウェブ サービス、AWSおよびAmazon Web Services ロゴは、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

詳しくは
国内APN テクノロジーパートナーとして初めて「AWS金融サービスコンピテンシー」認定を取得

新着の記事
異業種による金融参入事例〜MARCOPAYの実現に向けた日本郵船の取り組み

本連載の第1回では、国内市場における異業種連携の最新動向と、金融サービスの位置付け、連携の実現に向けて初期構想段階に検討すべきポイントなどについて解説した。第2回ではこれを踏まえ、具体的事例として日本郵船の電子通貨事業MarCoPayのCEO 藤岡敏晃様のお話を紹介していく。

機械学習モデルにおけるカテゴリ変数の数値化手法4選~扱い方から注意点

今回は「機械学習モデル」を使う上でポイントとなるカテゴリ変数の数値化手法に焦点を当て、代表的な4つの数値変換手法、①One hot Encoding、②Label Encoding、③Count Encoding、⑤Target Encodingについて解説するとともに、カテゴリ変数を扱う上での注意点についても解説する。

異業種連携の最新動向と金融サービスのポテンシャル

日本では近年、デジタル化・IoT化の進行などを背景に、産業の垣根の消失と異業種参入・連携が加速している。特に巨大な顧客基盤を持つ大手企業は、本業で得た消費者の嗜好データを活用し、需要の高い様々な業種のサービスを展開することで1つの“経済圏”を形成。従来には考えられなかったようなスピードで事業領域を拡大するとともに、トッププレイヤーとしての地位を複数市場分野で確立し、高度なコングロマリット経営を実現している。では企業は、この流れを活用し成長につなげるために、どのような手を打つべきなのだろうか?効果的な異業種参入・連携を実現し、顧客へこれまで以上の価値を提供するために求められる新たな発想・経営手法について解説していく。

先進事例に学ぶ「ニューノーマル」へのシフト(証券・保険業界)

本連載の第1回では、COVID-19がビジネスにもたらす影響と『ニューノーマル』の時代における産業構造変革のキーワードについて解説した。そして第2回ではこれを踏まえ、COVID-19が銀行業界にもたらした影響と、「ニューノーマル」への新たな潮流、そして日本の銀行業界が今後視野に入れるべき戦略について話した。最終回となる今回は証券・保険業界を取り上げ、コロナ危機がもたらした影響と今後を見据えた戦略について解説する。