1. HOME
  2. ニュース
  3. シンプレクス 国内APN テクノロジーパートナーとして初めて「AWS金融サービスコンピテンシー」認定を取得

シンプレクス 国内APN テクノロジーパートナーとして初めて「AWS金融サービスコンピテンシー」認定を取得

シンプレクス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:金子英樹、以下、シンプレクス)は、このたびアマゾン ウェブ サービス(以下、AWS)のパートナー認定制度である「AWSコンピテンシープログラム」*1において、AWS パートナーネットワーク(以下、APN)の国内APNテクノロジーパートナーとして初めて、「金融サービスコンピテンシー」認定を取得したことをお知らせします。

シンプレクスは、1997年の創業以来、メガバンク、大手証券をはじめとした主要な金融機関向けに、金融商品の取引やリスク管理業務を支援する独自開発のITソリューション・サービスを提供しています。2016年12月よりテクノロジーパートナーとしてAPNに参加し、2017年9月にはAPN最上位である「APNアドバンスドテクノロジーパートナー」の認定を受けています。

今回の「金融サービスコンピテンシー」の取得にあたっては、シンプレクスの豊富な金融業務知識と高度な金融工学、最先端のIT技術に加え、これまで多くの金融機関に対してAWSを導入してきた実績が評価されました。今後もシンプレクスは、金融業務に求められる厳しいシステム要件を満たしたクラウド基盤への対応を積極的に進めることで、金融機関の収益力の向上を支援してまいります。

AWSが発行した金融サービスコンピテンシーのロゴ

AWS

補足説明

※1 「AWS コンピテンシープログラム」とは、優れた技術的能力を持ち、自らが専門とするソリューション分野において、お客様のビジネスの成功に貢献できるAPNパートナーであることを実証するために制定されたAWSのパートナー認定制度です。

※ アマゾン ウェブ サービス、AWSおよびAmazon Web Services ロゴは、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

詳しくは
国内APN テクノロジーパートナーとして初めて「AWS金融サービスコンピテンシー」認定を取得

新着の記事
会社法改正の動向と実務対応~自社に影響する事項を洗い出し改正に備えた対応を検討~

法制審議会会社法制(企業統治等関係)部会(部会長・神田秀樹学習院大学法科大学院教授)は、2019年1月16日の第19回会議において、「会社法制(企業統治等関係)の見直しに関する要綱案」及び附帯決議を決定し(※1)、要綱案及び附帯決議は、同年2月14日開催の法制審議会の第183回会議において原案どおり承認され、要綱案は「会社法制(企業統治等関係)の見直しに関する要綱」となって法務大臣に答申された(※2)。本稿は、要綱の概要及び要綱に基づく会社法改正法案が成立した場合に必要となる実務対応のポイントについて解説する。

【連載】自動運転の最前線~技術開発と日本の法整備

前稿では、自動運転技術とその影響を踏まえ実用化に向けた法整備の現状について解説した。第2回目では、走行試験と技術開発の現状を紹介するとともに法整備においてロードマップ、交通ルールの整備について解説していく。

不動産市場の先行きと投資機会

我が国の不動産市場は、このところ順調な回復をみせている。賃貸オフィス市場では主要都市において空室率が低下しており、賃料も増加基調にある。マンション市場においては、新築、中古ともにこれまで価格上昇基調をたどってきた。また不動産投資市場では、投資家の物件取得意欲が高い状態が続いている。本稿では、先行きと投資機会について考察する。

データサイエンティスト育成のための産学官による学びなおしの場を提供

ビッグデータ利活用の環境が整備されつつある中、その担い手となるデータサイエンティストが世界的に注目されて久しい。今や各国の政府が将来の国力を左右する材料として重視し、専門人材の育成に本腰を入れ始めた。データサイエンス人材に関する産官学の動きや、世界最高峰のデータサイエンティストが数多登録するプラットフォーム「Kaggle」などを関係者に聞いた。本稿では、文部科学省が超スマート社会の到来に向けてスタートさせた取り組みと、その狙いや目標について解説していく。

注目のセミナー すべて表示する