1. HOME
  2. ニュース
  3. シンプレクス SBI生命の代理店向け申込ペーパーレスシステムを構築

シンプレクス SBI生命の代理店向け申込ペーパーレスシステムを構築

~「超高速開発」により、約5ヶ月での短期間導入を実現~

~SBI生命が推進する代理店窓口販売チャネル拡充の迅速化に貢献~

シンプレクス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:金子英樹、以下:シンプレクス)は、SBI生命保険株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:飯沼邦彦、以下:SBI生命)の代理店向け申込ペーパーレスシステムを構築しました。

本システムは、SBI生命の代理店窓口販売における新しいチャネルとして導入されるもので、一連の保険申込手続きをペーパーレスで完結できるシステムです。2018年6月の案件開始から、5ヶ月間の導入期間を経て、2018年11月1日より本番稼動する予定です。

代理店向け申込ペーパーレスシステムの導入背景

SBI生命は、2015年2月にSBIグループの一員となり、2016年2月から時代のニーズに応える在宅医療を保障する医療保険や定期保険を販売しています。代理店窓口販売におけるチャネル拡大を目指すSBI生命では、さらなる顧客利便性の向上に向けて、新たに代理店向け申込ペーパーレスシステムの導入を決定しました。そして、SBI生命の医療保険・定期保険の新契約システムや、団体信用保険向けパッケージシステム等の新規導入・運用保守を手掛け、豊富な金融ノウハウと高度な技術力に定評のあるシンプレクスが事業パートナーとして選定されました。

代理店向け申込ペーパーレスシステムの特長

(1)帳票生成システムとシンプレクス・ライブラリによる開発効率化により、短期間導入を実現

保険業界で使用される帳票は項目数やページ数が膨大なため、新システム構築での帳票開発には過大な負荷がかかる傾向にあります。本案件では、保険業界の帳票に特化したトータルソリューションサービス提供する株式会社ミック(本社:東京都文京区、代表取締役:細川謙三)の帳票生成システムを活用することにより、飛躍的な開発効率の向上を実現しました。

加えて、豊富な保険業務知識を有するメンバーが、シンプレクス・ライブラリと呼ばれる自社保有のシステムコンポーネントを存分に利用することで開発負荷を極小化し、約5ヶ月での短期間導入を実現しました。

(2)SBI生命が推進する代理店窓口販売チャネル拡大の迅速化に貢献

代理店向け窓口販売市場においては、従来の紙チャネルだけでなく、一連の申込手続きをペーパーレスで完結できる販売チャネルが求められています。本案件においては、帳票開発の効率化とアジャイル開発を融合した「超高速開発」により、代理店向け申込ペーパーレスシステムの導入を約5ヶ月で実現したことで、SBI生命が推進する代理店窓口販売チャネル拡大の迅速化に貢献しました。

保険ソリューション分野におけるシンプレクスの取り組み

シンプレクスは1997年の創業以来、メガバンクや大手証券、大手FX会社を筆頭に、日本を代表する金融機関に向けて、収益業務に特化した金融フロントソリューションを提供しています。金融とITの両方に深く精通したプロフェッショナルが、コンサルティングからシステム開発、運用・保守に至るまで、一気通貫で支援しています。

少子高齢化による市場収縮や保険商品の多様化などを背景に、保険業界では迅速な商品開発とコンプライアンスの強化が求められています。シンプレクスは、2013年より当該分野に参入し、大手生命保険会社やネット専業生命保険会社、外資系生命保険会社に向けて、商品設計から営業支援、契約管理に至る広範なソリューションを提供しています。今後もシンプレクスは、豊富な金融ノウハウと高度な技術力を駆使することで、保険会社のビジネス拡大に貢献するシステム構築の支援を強化してまいります。

詳しくは、SBI生命の代理店向け申込ペーパーレスシステムを構築

新着の記事
【徹底解説】不動産クラウドファンディング・貸付型クラウドファンディング に関する新ルールのポイント

近時、クラウドファンディングに関して監督当局から相次いでガイドライン等が公表された。いずれも特定類型のクラウドファンディングを直接の対象とするものであるが、その中で言及されている問題意識はクラウドファンディング全般においても参考になる。そこで、新ルールの概要と実務上のポイントを専門の弁護士が解説する。

AI活用がもたらす効果とAI活用を成功させるためのポイントと留意点

先進国で効果的なAI活用が進めば、大きな価値を生み出すことはよく知られているが、日本でAIの活用を進めていく意味合いが他国と比べても非常に大きいことは必ずしも理解されていない。本稿では、日本がAIを活用することによってもたらす効果とAI活用を成功させるためのポイントと留意点について解説する。

IoTが銀行の融資サービス業務にもたらす影響

スマートバンキングが加速している。人工知能やクラウドコンピューティングが銀行業界で徐々に普及し始めている中、次のフロンティアとしてIoTのバンキングへの応用が注目されている。IoT機器の活用によって銀行が収集できるデータ量は爆発的に増加し、融資サービスを始めとする銀行業務の幅を大きく広げるだろう。本稿では、れまでの銀行融資の一般的なスキームと課題について説明した上で、その課題をIoTによってどのように克服できるのかについて解説する。

デジタルウェルスマネジメント推進に向けた国内金融機関がとるべき3つのアクション

ウェルスマネジメントにおいて市場/規制・顧客・競合プレイヤーの急速な変化により、ウェルスマネジメントビジネスにおける環境は急激な変化が起きている。本稿では、ウェルスマネジメントビジネスの環境変化について触れるとともに、国内金融機関がデジタルウェルスマネジメントを推進していくうえで重要となる3つのアクションについて解説する。