1. HOME
  2. ニュース
  3. アクセンチュア、アジア・パシフィック先進金融テクノロジーラボで、スタートアップ企業8社が新しい金融テクノロジーを発表

アクセンチュア、アジア・パシフィック先進金融テクノロジーラボで、スタートアップ企業8社が新しい金融テクノロジーを発表

5年にわたるプログラムを通じ、アジアでのフィンテック・エコシステムの進化、スタートアップ企業と金融機関の連携を促進

アクセンチュア(NYSE: ACN)は、今年で5回目となる「アジア・パシフィック先進金融テクノロジーラボ(FinTech Innovation Lab Asia-Pacific)」のプログラムを締めくくる「投資家の日(Investor Day)」を香港で開催しました。当日は、先進的なフィンテックスタートアップ企業8社が、大手銀行、保険会社、ベンチャーキャピタル、テクノロジー企業の経営層に向けて自社のソリューションとサービスを発表し、フィンテックの進化と成長を示しました。

アクセンチュアと大手金融機関が協力し、先進的なフィンテックスタートアップ企業に対して12週間にわたって開催されるこのメンタリングプログラムは、2014年の開始以降順調に成長を続けています。参加金融機関は2014年の10社から今年は22社へと倍増、応募するスタートアップ企業も、2014年の100社未満から今年は160社以上へと急増しています。

2018年度のプログラム採択企業は、以下の8社です。

Bereev

Bereev https://bereev.com/

マレーシアに拠点を置くスタートアップ企業で、アジア初の遺産整理の計画をサポートするアプリケーションを開発しました。家族が困らないために、自分が死亡したときに向けて金銭面や個人的な問題などを整理し、準備できるよう支援するサービスです。

BetterTradeOff

BetterTradeOff https://bettertradeoff.com/

シンガポールに拠点を置くスタートアップ企業で、独自の包括的なライフプランニングのソリューション「Aardviser」を提供しています。人々の夢の実現に向けた資金計画において、高度な統計モデルと人工知能(AI)を活用して、最適な判断が下せるよう支援します。

Checkbox.ai

Checkbox.ai https://www.checkbox.ai/

シドニーに拠点を置くスタートアップ企業で、受賞実績のあるテクノロジープラットフォームにより、各種規制や規定、ビジネスサービスに対応するクラウド上の使いやすいアプリケーション開発を可能とし、デジタルトランスフォーメーションを実現します。技術的なトレーニングやプログラミングスキルがなくとも、各種申請書類の作成などを支援する、オンラインアプリケーションを開発することが可能です。

Gekko Lab

Gekko Lab https://www.gekko.ai/

香港に拠点を置く、金融分野での分析と調査・査定を行うレグテック(RegTech)のスタートアップ企業です。グラフ解析のソフトウェアと独自開発のデータベースにより、ユーザーはデータ分析を用いてリスクを検知、管理する能力を向上できます。

Hyper Anna

Hyper Anna https://hyperanna.com/

オーストラリアのスタートアップ企業で、AIの仮想データサイエンティスト「Anna」を提供しています。Annaは高度なデータアナリティクスを活用して、コード作成、データ分析、チャート生成、インサイト検出といった煩雑な技術的作業の処理が可能です。

Know Your Customer

Know Your Customer https://www.knowyourcustomer.com/

香港とアイルランドに拠点を置くスタートアップ企業で、口座開設前に企業や個人を迅速かつ正確に特定し、検証するデジタルソリューションを提供しています。コンプライアンス関連の定常業務を、90%自動化させることが可能です。

NoPassword

NoPassword https://www2.nopassword.com/

米国に拠点を置くスタートアップ企業で、次世代のID基盤を提供しています。企業内外のユーザーのパスワードについて、生体情報を活用した多要素認証により代替することが可能です。

Tookitaki

Tookitaki https://tookitaki.com/

シンガポールに拠点を置くレグテック(RegTech)分野のスタートアップ企業で、完全に説明可能かつ監査可能である実用的な機械学習ベースのAIプラットフォームを金融機関に提供しています。持続可能なコンプライアンス プログラムの構築をはじめ、リスクの大幅な削減、業務効率の向上を可能にします。

アクセンチュアのシニア・マネジング・ディレクターでアジア太平洋およびアフリカ地域の金融サービス部門を統括するピユッシュ・シン(Piyush Singh)は次のように述べています。「過去5年間の市場とラボの進化は、この地域における金融サービステクノロジーの未来がいかに有望であるかを示しています。スタートアップ企業の応募数が大幅に増加しているだけでなく、プログラムに参加する金融機関が毎年増えていることからも、デジタルツールを使ってビジネスを強化することの価値を、誰もが認め、実感していることが分かります。」

このアジア・パシフィック先進金融テクノロジーラボの成長は、アジア・パシフィックにおけるフィンテック分野への関心と投資意欲の高まりを反映しています。CB Insights社が提供するデータをアクセンチュアが分析したところ、同地域における2017年のフィンテック投資は69億米ドルでしたが、2018年は最初の9カ月で既に223億米ドルに到達しました。2018年1月~9月の全世界のフィンテック投資は403億米ドルに達し、前年の合計である266億米ドルを上回っています。アジア・パシフィック先進金融テクノロジーラボの開始以降、選出された金融テクノロジー企業41社は、プログラム採択後に合計4億5700万米ドルの資金を調達しています。

ラボの創設メンバーでもあるインベスト香港(香港政府で海外直接投資を担当する部門)でフィンテックを統括しているチャールズ・ドーシー(Charles D’Haussy)氏は次のように述べています。「香港におけるフィンテックのエコシステムは、過去数十年にわたって技術的変化の最前線にいます。特にこの5年間は新たなイノベーションに基づくフィンテックの新時代を迎えており、香港の関連企業や機関は急速に変化する市場ニーズに応えるためにさまざまな変革を進めています。香港における金融サービスコミュニティー関係者の多くが集結する、この先進金融テクノロジーラボによって、フィンテックの発展は確実に促進されています。」

2018年度のアジア・パシフィック先進金融テクノロジーラボに参加した主な金融機関は、バンクオブアメリカ・メリルリンチ、クレディ・スイス、ゴールドマン・サックス、HSBC、J.P.モルガン、マッコーリーグループ、モルガン・スタンレー、野村グループ、ソシエテ・ジェネラル、スタンダードチャータード、サンライフ・フィナンシャル、UBSでした。また、AIAインターナショナルリミテッド、ブラックロック、中信銀行国際、中国建設銀行(アジア)、シティ香港、ゼネラリ、メイバンク、サイアム商業銀行、衆安インターナショナル、チューリッヒ・インシュアランスが準パートナー金融機関として参画しました。

アジア・パシフィック先進金融テクノロジーラボの創設メンバーの1社であるサイバーポートが、参加スタートアップ企業にワークスペースを提供しました。サイバーポート社は香港最大のフィンテックコミュニティーを有し、スタートアップ企業に対して、志を同じくする世界のイノベーターとの緊密かつダイナミックなネットワークを提供しています。

アジア・パシフィック先進金融テクノロジーラボは、アクセンチュアとニューヨーク市パートナーシップ基金(Partnership Fund for New York City)が2010年に設立した「ニューヨーク先進金融テクノロジーラボ」をモデルにしています。ニューヨーク市パートナーシップ基金は、1億5000万ドルの資金を擁したPartnership for New York Cityの投資部門です。アクセンチュアはこのプログラムの成功を受けて、2012年に「ロンドン先進金融テクノロジーラボ」をスタートさせました。2017年にはドバイ国際金融センター(DIFC)と協力して、中東・アフリカ・南アジア(MEASA)地域初のフィンテックアクセラレーターとなるFinTech Hiveのプログラムを開発しました。先進金融テクノロジーラボに参加した全世界の企業は、プログラム参加後に15億米ドルのベンチャーキャピタル資金を調達しています。

本プレスリリースは、2018年10月25日(現地時間)にアクセンチュアの香港より発表した内容を日本語に翻訳したものです。原文のプレスリリースは、以下のURLよりご覧いただけます。(英語のみ)

https://newsroom.accenture.com/news/eight-startups-featured-at-accentures-2018-fintech-innovation-lab-asia-pacific-investor-day.htm

アクセンチュアについて

アクセンチュアは「ストラテジー」「コンサルティング」「デジタル」「テクノロジー」「オペレーションズ」の5つの領域で幅広いサービスとソリューションを提供する世界最大級の総合コンサルティング企業です。世界最大の規模を誇るデリバリーネットワークに裏打ちされた、40を超す業界とあらゆる業務に対応可能な豊富な経験と専門スキルなどの強みを生かし、ビジネスとテクノロジーを融合させて、お客様のハイパフォーマンス実現と、持続可能な価値創出を支援しています。世界120カ国以上のお客様にサービスを提供する45万9,000人の社員が、イノベーションの創出と世界中の人々のより豊かな生活の実現に取り組んでいます。

アクセンチュアの詳細はwww.accenture.comを、アクセンチュア株式会社の詳細はwww.accenture.com/jpをご覧ください。

詳しくはこちら 、「アクセンチュア、アジア・パシフィック先進金融テクノロジーラボで、スタートアップ企業8社が新しい金融テクノロジーを発表

新着の記事
異業種の金融参入・連携における成功実現の要諦

本連載の第1回では、国内市場における異業種連携の最新動向と、金融サービスの位置付け、連携の実現に向けて初期構想段階に検討すべきポイントなどについて解説した。第2回ではこれを踏まえ、具体的事例として日本郵船の電子通貨事業MarCoPayのCEO 藤岡敏晃様のお話を紹介した。最終回となる今回は、これらを踏まえて準備・実行フェーズにおける課題・ポイント、戦略・システム面での成功の要諦について解説していく。

異業種による金融参入事例〜MARCOPAYの実現に向けた日本郵船の取り組み

本連載の第1回では、国内市場における異業種連携の最新動向と、金融サービスの位置付け、連携の実現に向けて初期構想段階に検討すべきポイントなどについて解説した。第2回ではこれを踏まえ、具体的事例として日本郵船の電子通貨事業MarCoPayのCEO 藤岡敏晃様のお話を紹介していく。

機械学習モデルにおけるカテゴリ変数の数値化手法4選~扱い方から注意点

今回は「機械学習モデル」を使う上でポイントとなるカテゴリ変数の数値化手法に焦点を当て、代表的な4つの数値変換手法、①One hot Encoding、②Label Encoding、③Count Encoding、⑤Target Encodingについて解説するとともに、カテゴリ変数を扱う上での注意点についても解説する。

異業種連携の最新動向と金融サービスのポテンシャル

日本では近年、デジタル化・IoT化の進行などを背景に、産業の垣根の消失と異業種参入・連携が加速している。特に巨大な顧客基盤を持つ大手企業は、本業で得た消費者の嗜好データを活用し、需要の高い様々な業種のサービスを展開することで1つの“経済圏”を形成。従来には考えられなかったようなスピードで事業領域を拡大するとともに、トッププレイヤーとしての地位を複数市場分野で確立し、高度なコングロマリット経営を実現している。では企業は、この流れを活用し成長につなげるために、どのような手を打つべきなのだろうか?効果的な異業種参入・連携を実現し、顧客へこれまで以上の価値を提供するために求められる新たな発想・経営手法について解説していく。