1. HOME
  2. セミナー
  3. 金融機関におけるデジタル時代のデータガバナンスの実務的対応

金融機関におけるデジタル時代のデータガバナンスの実務的対応

~リスク管理/コンプライアンス/顧客インサイト事例から~
デジタル時代における金融機関のデータガバナンスの重要性と取組事例を分析
金融機関におけるデジタル時代のデータガバナンスの実務的対応

講演内容

データが新しい価値やビジネスを生むデジタル時代。IT技術の革新を背景にデータの量と種類が増大し、それを取り扱う技術の巧拙が金融機関のリスク管理・コンプライアンス対応は勿論のこと、デジタル化の成否にも大きな影響を及ぼすようになってきています。

本講演では冒頭で、金融機関におけるデータの本質的意味とデータガバナンスの重要性を再確認します。具体例としては、ストレステスト規制やデータ保護規制に対する欧米金融機関の取り組み、およびデジタル化を目指す一般企業の取り組みをご紹介します。そこから描く、目指すべきデータガバナンスのゴールに向けて金融機関が実務的にどのように対応すべきかご説明します。

講師

松下 隆一 氏

株式会社野村総合研究所
金融グローバル事業推進部
部長

1992年野村総合研究所(NRI)入社。都市計画、事業開発コンサルティングを担当。

NRIネットコム、本社企画部、アジア事業推進室を経て、2008年にNRIと三菱商事と合弁会社である上海菱威深信息技術有限公司(iVision上海)に出向し、副総経理を担当。

14年NRIシンガポールに出向し、金融システム事業を担当。17年より現職。

講師

佐藤 裕司 氏

株式会社野村総合研究所
金融犯罪対策ソリューショングループ
マネージャー

2000年野村総合研究所(NRI)入社。

証券会社の債券ポートフォリオ管理システム構築やトレーディング部門のIT戦略策定支援を担当。

04年銀行リテールの非対面チャネル関連システムの企画・営業担当。

大手銀行に常駐し、事業探索・ソリューション企画を推進。

15年大手銀行市場部門のIT戦略策定支援や、金利リスク管理、流動性リスク管理システムの導入を主導。

18年大手金融機関のAML/CFT対応システムの導入を主導。17年より現職。

講師

鈴木 啓 氏

株式会社野村総合研究所
金融犯罪対策ソリューショングループ
コンサルタント

2003年野村総合研究所(NRI)入社。銀行の投資信託窓販システムや勘定系システムの企画・開発を担当。

14年複数の金融機関において、リテール金融商品のデータマーケティング分析を支援。

15年 大手銀行の流動性リスク管理システムの導入を担当。

18年大手金融機関のAML/CFT対応や、データガバナンス導入を支援。

当日のプログラム

1.金融とデータとの関わりの歴史

(1)データの記録技術の歴史
(2)データの活用技術の歴史
(3)金融機関おけるデータの本質的意味

2.欧米における先進事例

(1)金融規制対応の適正化のためのデータガバナンス
(2)企業活動リスクの可視化のためのデータガバナンス
(3)潜在的な顧客インサイトを発見するためのデータガバナンス

3.データガバナンスの実務的アプローチ

(1)フォーカスエリアの設定
 (a)リスク管理領域の場合
 (b)コンプライアンス(AML/KYC)領域の場合
 (c)財務・会計領域の場合
 (d)CRM・マーケティング領域の場合
(2)スモールスタートの重要性
(3)メタデータの整備
 (a)業務用語の共通認識
 (b)論理・物理データの把握
 (c)データの上・下流の把握
 (d)データ品質の現状理解
(4)データガバナンスの仕組化とツール活用
 (a)ガバナンス作業を自律運用するための仕組化
 (b)ユーザをデータ利活用に導くためのツール
(5)データガバナンス態勢の高度化
 (a)ルール・手順の整備と効果的なユーザ研修
 (b)部門・業務を跨ぐデータガバナンスの実現
 (c)メタデータ整備状況の可視化と課題管理
 (d)定期的な監査とガバナンスの継続

4.質疑応答

補足事項

※ 録音・ビデオ撮影・PCの使用等はご遠慮下さい。

主催企業

株式会社セミナーインフォ

お申し込み

開催情報

開催日時

2020-01-29(水) 13:30~16:30

参加費

35,640円 (定価 36,640円)

会場

株式会社セミナーインフォ カンファレンスルーム

〒102-0074 東京都千代田区九段南2-2-3 九段プラザビル2F