1. HOME
  2. セミナー
  3. 保険会社における医療ビッグデータの利活用

保険会社における医療ビッグデータの利活用

~インシュアランス産業におけるリアルワールドエビデンスの活用方法とその事例~
保険会社のマーケター、商品開発部門の方必見
保険会社における医療ビッグデータの利活用

講演内容

少子高齢化、経済・経営のグローバル化そして市場規制の緩和など、保険事業を取り巻く環境は急速に変化している。人口減少そのものは、一義的には市場の縮小につながるが、一方において高齢化によって病気やケガ、老後の生活への備えなど、保険需要が増大し、医療・年金・介護などのニーズが高まっている。インシュアランス企業が、このような環境変化に対応していくためには、消費者の保険加入検討行動の実態把握に加え、臨床現場における診療実態について、事実を数表化し、不合理を発見し、規則性を導くマーケティングが求められる。

本セミナーではこうした現状を踏まえて、時代に応じた保険マーケティング・商品開発を多面的に検討し、併せてMDV診療データが示す規則性について紹介する。 今後加速する少子高齢化に伴う疾病構造の変化を「EBM:Evidence-Based Medicine」という観点で捕捉するとはどういうことなのか、保険市場の競争が激化する中でマーケター・アクチュアリーがどのような戦略的発想を持てば良いのかをつかんでもらい、保険マーケティング・商品開発に活用してもらいたい。

講師

本多 功征 氏

メディカル・データ・ビジョン株式会社
コンシューマー・ヘルスケアユニット
シニアマネージャー

法政大学法学部卒業。住友電気工業株式会社。参天製薬株式会社を経て、2012年、日本医療データセンター入社、同社ヘルスケア事業部長を経て現職。

14年、メディカル・データ・ビジョン株式会社にてコンシューマー・ヘルスケア産業向けデータ利活用事業を開始する。

その他、メディカル・データ・ビジョン株式会社発行の「Medical Trend Reportシリーズ」における監修・執筆の他、「MDV OTC・H&BCマーケティング研究会」、「MDVインシュアランスマーケティング研究会」を主宰。

当日のプログラム

1.医療ビッグデータとは

(1)データの運用フロー
(2)データのクレンジング

2.インシュアランス向け事業の背景・目的

3.医療ビッグデータの質と量

(1)MDVリアルインサイトデータの概要
(2)DPCレセプト
(3)DPCデータ
(4)データの質における基本的な考え方
(5)MDVリアルインサイトにおける発症率の考え方

4.医療ビッグデータの活用事例

(1)就業不能特約における商品開発活用事例
(2)MCI・認知症保障における商品開発活用事例
(3)データセット製品の網羅情報と活用事例

5.質疑応答

補足事項

※ 録音・ビデオ撮影・PCの使用等はご遠慮下さい。
※ご同業の方からのお申し込みはお断りさせていただく場合がございますので、ご了承ください。

主催企業

株式会社セミナーインフォ

お申し込み

開催情報

開催日時

2017-01-13(金) 9:30~12:30

参加費

31,550円 (単価 32,550円)

会場

株式会社セミナーインフォ カンファレンスルーム

〒102-0074 東京都千代田区九段南2-2-3 九段プラザビル2F