1. HOME
  2. セミナー
  3. UCカードにおけるモバイルウォレットの取り組みと今後の展望

UCカードにおけるモバイルウォレットの取り組みと今後の展望

~モバイルウォレットが消費行動を変える~
キャッシュレス時代の幕開け。金融庁 決済高度化官民推進会議メンバーがモバイルウォレットについて解説する。
UCカードにおけるモバイルウォレットの取り組みと今後の展望

講演内容

お財布を持たずにスマートフォンのみで支払いを完了させる。ランチ時にはそんなキャッシュレスユーザーが増えています。インターネットの普及による電子商取引市場の拡大、スマートフォンやタブレット端末等のモバイル機器の普及、セキュリティ技術の高度化、物流の進化等により、欲しいものを簡単、安全、スピーディに得られる時代が到来しました。

更には近い将来、AI、IoT等を活用した新たなサービスも期待されます。モバイルに格納できる“情報の財布”へサービス提供者がどのようなアプローチを行うことで新たな顧客体験・顧客満足を生み出せるのか、モバイルウォレットの大いなる可能性に注目したUCカードの取り組みをご紹介します。

講師

中野 征治 氏

ユーシーカード株式会社
事業開発部長
(金融庁 決済高度化官民推進会議メンバー)

1994年青山学院大学国際政治経済学部卒業。同年ユーシーカードに入社。

会員・加盟店獲得営業、人事、国際業務企画、経営企画、広報、事業法人受託営業、決済ソリューション開発等様々なペイメント関連業務に従事。モバイルウォレット市場の可能性に着目し、2014年にモバイルサービス事業室を創設、現在に至る。

15年に経済産業省主催「おもてなしプラットフォーム研究会」の専門委員、16年に金融庁主催「決済高度化官民推進会議」メンバーに任命。

当日のプログラム

1.モバイルウォレットがもたらすインパクト

(1)モバイルウォレットとは
(2)オムニチャネルによる消費行動の変化
(3)決済デバイスの変化
(4)国内外の参入プレイヤー

2.UCカードのモバイル決済プラットフォーム事業

(1)市場動向の変化と新たなビジネス機会
(2)モバイルウォレット「My Wallet」アプリの開発
(3)MasterPass(対面・非対面)とは
(4)モバイルプリペイドとは
(5)OEM(プラットフォームの提供)

3.ユーザー及び加盟店にとっての採用メリット

(1)セキュリティ面の改善
(2)カゴ落ち改善
(3)デバイス・OS・ブランドフリー
(4)インバウンド・アウトバウンド利用

4.導入事例

(1)MasterPass(EC)
(2)MasterPass(QR)
(3)モバイルプリペイド

5.今後の課題・展望

(1)ユーザー・加盟店に付加価値を与えるサービス設計
(2)ID紐付け決済を万人向け・スタンダードなものへ
(3)先進的な決済シーン
(4)決済+α

6.質疑応答

補足事項

※ 録音・ビデオ撮影・PCの使用等はご遠慮下さい。

主催企業

株式会社セミナーインフォ

お申し込み

開催情報

開催日時

2017-01-13(金) Array

参加費

33,180円 (単価 34,180円)

会場

エムワイ貸会議室お茶の水

〒101-0062 東京都千代田区 神田駿河台2丁目1-20 お茶の水 ユニオン ビル 4F