1. HOME
  2. セミナー
  3. 保険業務への人工知能(AI)導入と運用・管理に関する法務・コンプライアンス上の留意点

保険業務への人工知能(AI)導入と運用・管理に関する法務・コンプライアンス上の留意点

保険会社の企画、システム、営業部門の方必見
保険業務への人工知能(AI)導入と運用・管理に関する法務・コンプライアンス上の留意点

講演内容

保険業務に高度なシステムが導入され、大量の事務・情報の迅速な処理が実現して久しいが、近時、人工知能(AI)の革新が進み、大手金融機関を中心として、こうした成果の業務への取り込みに関心が集まり(InsTech/FinTech)、そのフィージビリティスタディ(FS)などが行われている。

本セミナーでは、保険業務のうち後記3と4の業務をとりあげ、これらの業務に関する法規制(業法等・監督指針・検査マニュアル等)を概観した上で、これらの業務に人工知能(AI)を導入し運用・管理する際の法務・コンプライアンス上の留意点について、私見を交えた解説を行う。

併せて、将来の人工知能(AI)の利用分野の拡大を見据え、後記5の業務をとりあげ、事務・システム・金融規制法の観点からFSを行う。

講師

浅井 弘章 弁護士

浅井国際法律事務所

銀行・信託銀行・保険会社・証券会社・金融機関の業界団体等からの法律相談・意見書作成を行うほか、金融庁の職員向け研修の講師、㈱全銀電子債権ネットワークの取締役を務める。

著書に「ウェブチャネル・モバイルチャネルの活用推進と法務・コンプライアンス上の留意点」Financial Regulation 創刊号、「個人情報保護法と金融実務」(金融財政事情研究会)など。

当日のプログラム

1.人工知能(AI)の導入・運用に伴い生ずる法的論点

(1)人工知能(AI)の各種法規制上の位置づけ
(2)人工知能(AI)による「学習」の法的位置づけ
(3)人工知能(AI)の成果物の取扱い

2.業法の観点からみた、人工知能(AI)導入・運用管理上の留意点

(1)体制整備義務
(2)人工知能(AI)に求められる水準
(3)本番環境への導入手順
(4)運用管理上の留意点

3.コールセンターの支援業務、代理店等からの照会への回答支援業務への導入・運用管理上の留意点

(1)コールセンター業務等に関する主な法規制
(2)人工知能(AI)の導入時の検討の着眼点
(3)人工知能(AI)の運用開始後の管理上の着眼点

4.引受査定・支払審査の支援業務への導入・運用管理上の留意点

(1)査定・審査業務に関する主な法規制
(2)人工知能(AI)の導入時の検討の着眼点
(3)人工知能(AI)の運用開始後の管理上の着眼点

5.接客・保険募集など顧客への助言・対面サービスへの導入に関する留意点

(1)助言・対面サービスに関する主な法規制
(2)人工知能(AI)の導入時の検討の着眼点

6.質疑応答

補足事項

※ 録音・ビデオ撮影・PCの使用等はご遠慮下さい。
※ご同業の方からのお申し込みはお断りさせて頂く場合がございますので、ご了承ください。

主催企業

株式会社セミナーインフォ

お申し込み

開催情報

開催日時

2017-01-18(水) 13:30~16:30

参加費

36,000円 (単価 37,000円)

会場

株式会社セミナーインフォ カンファレンスルーム

〒102-0074 東京都千代田区九段南2-2-3 九段プラザビル2F