1. HOME
  2. セミナー
  3. 三菱地所が描く大手町・丸の内・有楽町大型再開発プロジェクト

三菱地所が描く大手町・丸の内・有楽町大型再開発プロジェクト

~丸の内3-2 計画、常盤橋街区再開発等を紹介~
東京駅周辺の再開発プロジェクト担当者が解説する
三菱地所が描く大手町・丸の内・有楽町大型再開発プロジェクト

講演内容

東京駅と皇居の間に位置し、日本最大のオフィス街である大手町・丸の内・有楽町地区は、1988年の再開発推進協議会設立以降、PPP(Public Private Partnership)の考え方に基づき、エリア一体となった大型再開発プロジェクトが進展しており、東京2020オリンピック・パラリンピック後も、引き続き街並みは大きく変わり続けていく。

さらに同地区では、建物の更新が進む中で、単なる建て替えに留まらず、オフィス以外の様々な機能導入や、建物敷地を超えた公共空間の整備・活用等のエリアマネジメントを行い、エリア全体として価値を持続的に高めようとしている。

小池都知事の『東京国際金融センター』構想の実現に向け、2017年2月に日本初のFinTech拠点「FINOLAB(フィノラボ)」を大手町エリアへ拡張移転するなどの取り組みも進めており、これを海外に対してもアピールすることで、ビジネス需要を質・量ともに増やしていこうとしている。

講師

井上 俊幸 氏

三菱地所株式会社
開発推進部長

1989年4月三菱地所株式会社入社。

2007年4月同社ビル開発企画部副長。08年4月同社ビルアセット開発部副長。14年4月同社横浜支店次長兼みなとみらい21事業室長。15年4月同社横浜支店副支店長兼みなとみらい21事業室長。16年4月同社開発推進部長。

当日のプログラム

1.丸の内再構築

(1)丸の内再開発計画
(2)丸の内再構築 第1ステージ
(3)丸の内再構築 第2ステージ
(a)大手町ホトリア(お濠の浄化、3×3 Lab Future)
(b)大手町フィナンシャルシティ グランキューブ(星のや東京、防災拠点ビル)
(4)今後のプロジェクト
(a)(仮称)丸の内3-2計画
(b)常盤橋街区再開発プロジェクト

2.まちづくりを支える仕組み

(1)大丸有まちづくり協議会
(2)大丸有エリアマネジメント協会
(3)エコッツェリア協会

3.新たなビジネスを生み出すために

(1)新しい発想のきっかけが生まれる快適な空間
(2)新しい刺激とリアルな体験ができる場
(3)Face to Faceで交流できる場(日本初のFinTech拠点『FINOLAB』)

4.質疑応答

補足事項

※ 録音・ビデオ撮影・PCの使用等はご遠慮下さい。

主催企業

株式会社セミナーインフォ

お申し込み

開催情報

開催日時

2017-01-26(木) 13:30~16:30

参加費

33,000円 (単価 34,000円)

会場

株式会社セミナーインフォ カンファレンスルーム

〒102-0074 東京都千代田区九段南2-2-3 九段プラザビル2F