1. HOME
  2. セミナー
  3. 自動車産業の未来像

自動車産業の未来像

~デジタル化とシェアリングのインパクト~
今後の自動車産業をコンサルタントが予測する
自動車産業の未来像

講演内容

世界の自動車の生産台数は2021年には1億台を突破する予測がある中、自動運転、コネクティッド、電動化、シェアリング経済の進展、日本を筆頭に初めて市場の長期継続的減少に直面していく国が出てくるなど、自動車業界を取り巻く環境はまさに激変している。

また、通信や演算処理、人工知能など昨今のテクノロジー進化とIOTの進展のスピードは目覚ましく、自動車産業の中の業務についても大幅な変革が求められる可能性は高い。

本セミナーでは、自動車産業及びそれに関連する業界がどのように変化するのか、それに対して、各企業としてどのように対応していくことが求められるのか、できるだけ具体的にひも解いていく。

講師

白石 章二 氏

PwCコンサルティング合同会社
ストラテジーコンサルティング
パートナー

25年以上にわたり、自動車、産業機械、化学、エレクトロニクス、エネルギー、食品、流通・サービス業等に対し、全社成長戦略、技術戦略、新規事業開発、営業マーケティング戦略、グローバル戦略、合併後の統合、組織・風土改革、ターンアラウンドの実行支援等のプロジェクトを多数手がけてきた。

ベイン・アンド・カンパニーに21年在籍後、自ら戦略コンサルティングファームを立ち上げる傍ら、複数の事業会社マネジメントを経て、現職。

東京大学法学部卒、カリフォルニア大学バークレー校MBA。

講師

北川 友彦 氏

PwCコンサルティング合同会社
ストラテジーコンサルティング
ディレクター

15年以上にわたり、自動車や産業機械を中心とした機械製造業とその部品・素材等の分野を中心に、事業戦略、新規事業戦略、営業・マーケティング戦略、組織・オペレーション改革等のテーマについて、多様なコンサルティング経験を有する。

バンコクオフィスでの勤務経験も有し、東南アジアを中心として日本企業のグローバル化、ガバナンス強化等のサポートを積極的に行っている。

東京大学経済学部卒業、コロンビア大学ビジネススクールMBA。

当日のプログラム

1.自動車産業におこる変化を見通す

(1)シェアリング経済の収益性と進展
(2)環境規制と電動化の進展
(3)自動運転、コネクティッドカーのインパクト

2.自動車業界の競争の要諦と生き残りの鍵

(1)自動車業界の構造変化
(2)OEMの顧客戦略
(3)自動車会社のビジネスモデル

3.自動車産業のデジタル化

(1)販売の新しい形
(2)サプライチェーンのイノベーション
(3)R&Dの進め方
(4)デザイン改革

4.質疑応答

補足事項

※ 録音・ビデオ撮影・PCの使用等はご遠慮下さい。
※ご同業の方からのお申し込みはお断りさせていただく場合がございますので、ご了承ください。

主催企業

株式会社セミナーインフォ

お申し込み

開催情報

開催日時

2017-02-02(木) 13:30~16:30

参加費

32,600円 (単価 33,600円)

会場

株式会社セミナーインフォ カンファレンスルーム

〒102-0074 東京都千代田区九段南2-2-3 九段プラザビル2F