1. HOME
  2. セミナー
  3. IFRS とバーゼル規制の関係

IFRS とバーゼル規制の関係

IFRSとバーゼル規制の関係を紐解く
IFRS とバーゼル規制の関係

講演内容

企業会計と銀行規制はともに、円滑な金融取引や金融システムの安定を図る上で、車の両輪ともいうべき重要な制度です。しかしながら、会計と規制には、目的や考え方に違いもあります。

本セミナーの目的は、会計および規制の国際基準であるIFRS(国際財務報告基準)とバーゼル規制を取り上げた上で、二つの世界の関係を鳥瞰することにあります。

具体的には、資本に対する考え方の違い、IFRSで新たに導入された予想信用損失(Expected Credit Loss)型貸倒引当金制度のインプリケーション、銀行勘定の金利リスク(IRRBB)に関する銀行規制とIASBの動学的リスク管理会計(マクロヘッジ会計)プロジェクトの関係、等に焦点を当てます。

なお、本講演は、国際基準に焦点を当てるものであるため、資料は英語で作成されています。ただし、講演は日本語で行いますほか、専門用語にはGlossary も用意してあります。

講師

山下 裕司 氏

日本銀行
金融機構局
国際課
企画役

2013年、日本銀行より国際会計基準審議会(IASB)に出向し、動学的リスク管理会計(マクロヘッジ会計)のプロジェクト・マネージャーを務める。

16年より、日本銀行から、バーゼル委員会傘下の各種会計関連部会に参加。

当日のプログラム

1.Overview of interactions

(1)Purposes of accounting standards and banking regulations
(2)Bank’s balance sheet from IFRS and Basel perspectives
(3)Classification and Measurement in IFRS 9 and Risk Weighted Assets in Basel regulations
(4)Three Pillar approaches of Basel regulations
(5)At a glance: Comparison of accounting and regulatory capital ratios

2.‘Equity’ in IFRS and ‘Capital’ in Basel Regulations

(1)Positively defined ‘Capital’ in Basel and ‘Equity’ as a residual in IFRS
(2)Fair Value (FV) changes of Financial Instruments in Common Equity Tier 1 (CET 1) Capital
(3)Deductions of assets from CET 1 Capital
(4)Implications of IASB’s FICE (Financial Instruments with Characteristics of Equity) project

3.Expected Credit Loss (ECL) impairment

(1)Overview of interactions between ECL impairment in IFRS and loan loss provisioning in Basel regulations
(2)Incurred Loss impairment model in IAS 39 and ECL impairment model in IFRS 9
(3)Expected Loss (EL) and Unexpected Loss (UL) in Basel regulations
(4)Effects of ECL impairment on pro-cyclicality

4.Pillar 2 Basel regulation on Interest Rate Risk in the Banking Book (IRRBB)and IASB’s project on Dynamic Risk Management (Accounting for Macro Hedging)

(1)Different functions within a bank(Lending Unit, Asset Liability Management and Credit Valuation Adjustment desk)
(2)Different regulatory treatments on credit risk of loans, IRRBB and CVA of derivatives
(3)Overview of Pillar 2 regulations on IRRBB(Net Interest Income view and Economic Value of Equity view)
(4)Regulatory (Pillar 3) disclosure requirements on NII and EVE sensitivities
(5)Information needs among investors for NII generation by the profit source (lending, deposit and ALM margins)

5.Pillar 2 regulation on step-in risk beyond accounting consolidation

6.Regulatory treatment of the new lease accounting standard (IFRS 16)

7.質疑応答

補足事項

※ 録音・ビデオ撮影・PCの使用等はご遠慮下さい。
※ 会場にご注意ください。
※ 本講演は国際基準に焦点を当てるものであるため、資料は英語でのご用意となります。講演は日本語で実施いたします。

主催企業

株式会社セミナーインフォ

お申し込み

開催情報

開催日時

2018-03-05(月) 14:00~16:30

参加費

34,100円 (定価 35,100円)

会場

エムワイ貸会議室お茶の水

千代田区神田駿河台2-1-20 お茶の水ユニオンビル4F