1. HOME
  2. セミナー
  3. 機械学習と量子コンピュータ

機械学習と量子コンピュータ

量子コンピュータの仕組みや全体概要を把握
機械学習と量子コンピュータ

講演内容

従来のスパコンの性能を上回るのではないかという量子(Quantum)コンピュータが最近話題になっています。2012年にカナダのベンチャーが発売した量子アニーリング(Annealing)マシンを始めとして、現在では大きく分けて2種類の方式が出ています。方式が違うので計算の方法が全く違いますが、どちらの方式も機械学習(Machine Learning)や量子化学シミュレーション(Chemistry Simulations)への期待がされています。

全体的な量子コンピュータの仕組みや全体概要を把握しながら、機械学習に応用する際にどのようなアプリケーションがあり、どのような構築をするのかに焦点を当てて確認したいと思います。

なお、本講演は、アプリケーションに焦点を当てているため、資料は英語で作成されています。ただし、講演は専門用語・フレーズのGlossary を用意し、日本語中心で行います。

講師

湊 雄一郎 氏

MDR株式会社
CEO

MDR株式会社(NVIDIA Inception Program パートナー企業)CEO。東京生まれ。東京大学工学部卒業後、隈研吾建築都市設計事務所勤務。2008年MDR株式会社設立。

15年総務省inovation 最終採択「量子コンピュータと人工知能」。16年量子シミュレーションをスパコン実装および量子コンピュータ会議@googleLA 参加。17年NVIDIA Inception Partner Program。

現在、業務内容は量子コンピュータのハードウェア・システム・アプリケーション開発を行っており、量子アニーリング、量子ゲートモデル両方の研究開発を進めている。

当日のプログラム

1.量子コンピュータとは?

(1)量子ゲート(Gate)モデル
(2)量子アニーリングモデル・イジング(Ising)モデル
(3)量子コンピュータのハードウェア

2.世界の量子コンピュータ企業

(1)量子コンピュータハードウェア企業紹介
(2)量子コンピュータソフトウェア企業紹介
(3)量子コンピュータアプリケーションの使い方

3.量子コンピュータアプリケーション開発手法の概要

(1)量子ゲートモデルとアルゴリズム(Algorithm)・アプリケーション
(2)量子アニーリング・イジングモデルとアルゴリズム・アプリケーション

4.量子コンピュータと機械学習

(1)量子ゲートモデルと機械学習の具体的な例
(2)量子アニーリングモデルと機械学習の具体的な例
(3)それぞれの特徴や使用できるアプリケーションの考察

5.ケース1:Rigetti Forest を使用した量子化学シミュレーション手順(予定)

(1)量子コンピュータ向けフレームワークやライブラリのインストール
(2)量子コンピュータ実機もしくはシミュレータに接続する方法、申請など
(3)量子化学シミュレーションライブラリOpenFermion の導入
(4)計算の実際の実行結果など

6.ケース2:自社シミュレータを使用した深層学習モデルの実行(予定)

(1)量子コンピュータ向け深層学習(Deep Learning)モデルの概要
(2)量子コンピュータ向け深層学習モデルの学習と理論
(3)計算の実際の実行結果など

7.今後の量子コンピュータ

(1)量子コンピュータハードウェアの現状と展望
(2)量子コンピュータアプリケーションの現状と展望
(3)まとめ

8.質疑応答

補足事項

※ 録音・ビデオ撮影・PCの使用等はご遠慮下さい。
※ アプリケーションに焦点を当てるため、資料は英語でのご用意となります。講演は、専門用語以外日本語で実施いたします。

主催企業

株式会社セミナーインフォ

お申し込み

開催情報

開催日時

2018-03-15(木) 9:30~12:30

参加費

34,520円 (定価 35,520円)

会場

株式会社セミナーインフォ カンファレンスルーム

〒102-0074 東京都千代田区九段南2-2-3 九段プラザビル2F