1. HOME
  2. セミナー
  3. 海外プロジェクトファイナンスの実務≪重要テーマ編≫

海外プロジェクトファイナンスの実務≪重要テーマ編≫

~重要テーマを深く掘り下げる~
海外で多くのプロジェクトファイナンスの案件を手掛けてきたコンサルが海外プロジェクトファイナンスにおける重要テーマを取り上げる
海外プロジェクトファイナンスの実務≪重要テーマ編≫

講演内容

日本の金融機関は国内の融資需要低迷とマイナス金利の影響で甚だしく運用難にある。運用伸長さらなる成長のためには海外に目を向けざるを得ない。海外融資を深く理解するには事業融資の雄であるプロジェクトファイナンスを習得するのが近道。

海外プロジェクトファイナンスの中には海外融資の要点すべてが網羅されている。また、日本の事業会社にとっては海外進出・海外事業投資が成長の鍵を握っている。その際の資金調達手段としてプロジェクトファイナンスを知悉し活用していきたい。

つまり、いま日本では、資金供給者および利用者の両面で海外プロジェクトファイナンスへの関心が高い。こういう昨今の状況を踏まえ、本講義では海外プロジェクトファイナンスにおける実践的な重要テーマを多く採り上げ、それぞれについて問題の所在、問題へのアプローチ方法、過去の実例、教訓、留意点等を実務経験豊かな講師が分かり易くかつ惜しみなく解説する。なお、本講義は同講師の既好評セミナー「海外プロジェクトファイナンスの実務」の続編である。講師は各国において資源開発、発電、インフラ等の広範な案件を25 年以上に亘って手掛けてきた。

海外プロジェクトファイナンスにおける重要テーマとして次の話題を採り上げる。いずれも問題の所在をまず明らかにし、問題へのアプローチ方法を展開する。一部ケース・スタディも行う。定式化の試みや発展課題にも触れるほか実例・具体例を多く採り上げる。

講師

井上 義明 氏

プロジェクトファイナンス研究所
代表

1984年富士銀行(現みずほ銀行)入行。

90年プロジェクトファイナンス部、ニューヨーク支店融資課長、ヒューストン支店プロジェクト&エネルギー課長、プロジェクトファイナンス部部長代理、同参事役を経て、2005年国際協力銀行プロジェクトファイナンス部参事(出向)。06年よりオーストラリア・ニュージーランド銀行スペシャライズドファイナンス・ジャパン本部本部長。17年より現職。

現職ではプロジェクトファイナンスや海外ファイナンスにつき執筆、講演、研修、コンサルティング等に従事

英検1級(優良賞)。早稲田大学大学院商学研究科修士課程修了。講師歴多数。著書:『実践プロジェクトファイナンス』(日経BP社2011年)、『LNG向けプロジェクトファイナンス』(金融財政事情研究会2015年)。

当日のプログラム

1.ノンリコースとオフバランス

2.借入金の通貨

3.DSCRの水準

4.金利の固定化

5.IRRとNPV

6.キャッシュフローコントロール

7.完工をめぐる諸問題

8.弱小ローカルスポンサーの問題

9.レンダーの取るリスク、取らないリスク

10.金融危機とプロジェクトファイナンス

11.問題案件への対応

12.電力案件の特徴

13.交通インフラ事業の難しさ

14.石油価格変動リスク

15.質疑応答

補足事項

※ 録音・ビデオ撮影・PCの使用等はご遠慮下さい。
※ 事情により一部採り上げテーマを変更する場合があります。予めご了承ください。

主催企業

株式会社セミナーインフォ

お申し込み

開催情報

開催日時

2017-04-07(金) 13:30~16:30

参加費

33,500円 (定価 34,500円)

会場

株式会社セミナーインフォ カンファレンスルーム

〒102-0074 東京都千代田区九段南2-2-3 九段プラザビル2F