1. HOME
  2. セミナー
  3. 2017年の金融マーケティング戦略

2017年の金融マーケティング戦略

~戦略・接点・手段・機会を軸に~
2017年度の金融マーケティング戦略を案内
2017年の金融マーケティング戦略

講演内容

金融機関の国内事業は、かつてより法人融資が伸び悩む中、個人融資の短期的な収益貢献が2017年も重要であり続けている。収益機会を最大化しようとするマーケティングテクノロジーはどのようなものか。一方で、顧客との接点・関係性作りは中長期でみてどうあるべきなのか。

台頭するフィンテックを整理すると、顧客とのコミュニケーション接点の新設と代替がある。加えて、決済や融資といった金融業務そのものに対する変革があり、そこに収益を見出す外部プレイヤーたちが起こりはじめている。本セミナーでは、こういった議論を経ながら、2017年度の金融マーケティング戦略を案内していく。

講師

瀧下 孝明 氏

株式会社電通国際情報サービス
企画マーケティンググループ 兼
クライアントソリューション1グループ
グループマネージャー

2001年電通国際情報サービス入社。

金融リテール領域におけるコンサルティング及びマーケティング・サービスを統括。近年の実績として、インターネット広告・ウェブサイトアクセス履歴・購入履歴・与信結果等のデータ分析とコミュニケーション施策を組み合わせたマーケティング・サービスの提供、非対面接客サービスを国内ではじめて複数金融機関向けに提供するなど、新規サービスの企画・展開・運用を業務としている。

金融機関の本部向け講演、カンファレンス・外部セミナー講演など、多数実施。金融財政事情研究会より「金融マーケティングの考え方とやり方」を出版。

当日のプログラム

1.戦略:金融マーケティングの考え方

(1)個人領域の目的は「収益拡大」と「効率化」
(2)現時点の中間KPI「NPS」と「顧客満足度」
(3)求めるべきは長期的な関係性か短期的な関係性か
(4)各顧客層へのアプローチと既存・新規チャネルの整理

2.接点:顧客とのコミュニケーション~テクノロジーによって変わるコミュニケーションシナリオ

(a)2017年、日本のスマホの位置づけ
(b)非対面チャネルの整理
(c)AIによる接客と有人接客

3.手段:マーケティングテクノロジー

(1)既存顧客の掘り起こしから、新規獲得まで
(2)収益に貢献し、何が顧客との関係性に寄与するものは何か
(a)マーケティングオートメーションとCRM
(b)チャット
(c)メディアとインターネット広告の最適化
(d)DMP
(e)ビッグデータ分析
(3)テクノロジーから得られたデータをどの業務に生かせるか~顧客とのコミュニケーションか、融資か

4.機会:フィンテックと金融業務の融合

(1)外部環境、内部環境としてのフィンテックの取り扱い
(2)どのテクノロジー要素が既存業務を代替または拡張し得るか

5.おわりに

6.質疑応答

補足事項

※ 録音・ビデオ撮影・PCの使用等はご遠慮下さい。
※ご同業の方からのお申し込みはお断りさせていただく場合がございますので、ご了承ください。

主催企業

株式会社セミナーインフォ

お申し込み

開催情報

開催日時

2017-04-25(火) 13:30~16:00

参加費

34,500円 (定価 35,500円)

会場

株式会社セミナーインフォ カンファレンスルーム

〒102-0074 東京都千代田区九段南2-2-3 九段プラザビル2F