1. HOME
  2. セミナー
  3. 2018年同時改定の先を見据えた対応

2018年同時改定の先を見据えた対応

~10年後の病院のあるべき姿を描くデータ活用術と伝える力~
10年後の病院のあるべき姿を描くデータ活用術とは
2018年同時改定の先を見据えた対応

講演内容

多くの病院経営層のみなさんは、医療政策の動向などマクロ的視点から自院の将来に活路を見出そうと熱心に勉強されていますが、なかなか答えが見つかりません。病院を永続させるためにはまず地域の中で自院のポジショニングを明確化すること。しかしその判断基準となる経営指標やデータが不足しており漠然とした不安の中で出口が見えません。

仮に良い戦略だがあっても医療専門職の行動を喚起するにはどうしたら良いのか?元看護部長、事務局長として現場と経営の両方を知り尽くした、医療専門職コンサルタントが病院組織再生プロデューサーとして全国ワーストの公立病院はじめ、消費税、診療報酬改定のダブルパンチで減収は避けられないと言われた病院を逆に1.5億増収させるなど、人材と業績を同時に向上させるメソッドと、諦めない病院経営者のための病院組織再生プロジェクトについて事例を紹介しながらこれらの問題を解決する手法を解説します。

講師

杉浦 鉄平 氏

メディテイメント株式会社 代表取締役
病院組織再生プロデューサー
セコム医療システム株式会社 顧問

元看護師。30年に渡る病院経験で看護部長、副院長、事務局長を経て2012年セコム医療システムにて病院経営コンサルティングに従事。

診療報酬改定、消費税問題で3億円の減収見込みであった大規模病院のマネジメントで逆に1.5億の増収、全国ワーストの公立病院の改革に携わり前年度比半期で1.6億の増収を達成。

諦めない病院経営者のための戦うコンサルタント。

当日のプログラム

1.改革を阻害する病院組織の問題

(1)多忙型先送り症候群管理者からの脱却
(2)否定型評論家症候群の医師への対策
(3)成果に結びつかない無駄な会議からの脱却
(4)成果を上げるために最も大切なこと

2.医療制度と政策的背景から自院の将来を考える

(1)パブリックデータから見えるこれから地域で起こること
(2)2018年度診療報酬改定に向けた現状と課題
(3)地域医療構想を後押しする診療報酬改定の仕組み

3.データ活用と伝える力

(1)人が行動する本質的な構造とは
(2)病院のお金の流れの全体像
(3)データを活用した職員への利益に対する動機づけ
(4)ナースの経営貢献意欲を喚起するエビデンスベースのストーリーテリング
(5)ドクターの診療ニーズにマッチした経営に直結するデータ活用の着眼点

4.崖っぷちからの病院組織再生プロジェクトの事例

(1)全国ワーストの公立病院が改革を目指すチームに変わるまで
(2)病院組織成長の法則
(3)変えられるものだけにフォーカスするマインド

5.質疑応答

補足事項

※ 録音・ビデオ撮影・PCの使用等はご遠慮下さい。

主催企業

株式会社セミナーインフォ

お申し込み

開催情報

開催日時

2017-04-28(金) 13:30~16:30

参加費

33,080円 (定価 34,080円)

会場

株式会社セミナーインフォ カンファレンスルーム

〒102-0074 東京都千代田区九段南2-2-3 九段プラザビル2F