1. HOME
  2. セミナー
  3. 自動運転が自動車金融ビジネスに与える影響

自動運転が自動車金融ビジネスに与える影響

自動車産業を中心に多くのプロジェクトを手掛けるコンサルタントが自動運転にが金融業界与えるインパクトを考察する
自動運転が自動車金融ビジネスに与える影響

講演内容

自動運転が脚光を浴びるようになって2年近く経つ。近年ではシェアリングと相まって、移動したい時に呼べば、無人で迎えに来てくれて、乗車中は好きなことをして過ごし、目的地に着いたら駐車場を探すこともなく降りるだけ、という世界観の実現に向けて、様々な取り組みも進んでいる。

実現すれば、消費者の車の持ち方や使い方が大きく変わり、同時に従来からの完成車メーカーやディーラー、自動車関連金融事業者は、グーグルやウーバーなど新たな移動サービス事業者の参入もあり、自動車産業におけるプレイヤー構造や役割分担も大きく変わる。

本講演では、自動運転に伴う消費者と提供者のエコシステムの変化に着目し、既存事業に与えるインパクトについて考察する。

講師

貝瀬 斉 氏

株式会社ローランド・ベルガー
パートナー

横浜国立大学大学院修了後、大手自動車メーカーを経てローランド・ベルガーに参画。その後、事業会社、ベンチャー支援会社を経て、2007年にローランド・ベルガーに復職。

自動車グループのリーダーシップメンバー 自動車産業を中心に開発戦略、M&A支援、事業戦略、マーケティング戦略など多様なプロジェクトを手掛ける。

完成車メーカー、サプライヤ、商社、金融サービス、ファンドなど様々なクライアントと議論を重ねながら「共に創る」スタイルを信条とする。

当日のプログラム

1.自動運転の実現に向けた取り組み

(1)政府支援
(2)法規制整備
(3)技術/サービス開発
(4)リソースマネジメント

2.自動運転×シェアリングで実現する世界観

(1)Automotive4.0のコンセプト
(2)Automotive4.0におけるクルマ

3.消費者の車の持ち方・使い方の変化

(1)モビリティサービスの利用メリット
(2)自己保有する意義/自動車金融の意味合いの変化
(3)車両販売/保有市場へのインパクト

4.プレイヤー構造の変化

(1)モビリティサービス事業者への付加価値シフト
(2)モビリティサービス事業者が握る力
(3)既存OEM/サプライヤ/自動車金融事業者のポジショニング

5.自動車金融ビジネスに与えるインパクト

(1)個人の自己保有現象の影響
(2)ビジネスモデル転換の好機

6.質疑応答

補足事項

※ 録音・ビデオ撮影・PCの使用等はご遠慮下さい。

主催企業

株式会社セミナーインフォ

お申し込み

開催情報

開催日時

2017-05-09(火) 10:00~12:30

参加費

33,000円 (定価 34,000円)

会場

株式会社セミナーインフォ カンファレンスルーム

〒102-0074 東京都千代田区九段南2-2-3 九段プラザビル2F