1. HOME
  2. セミナー
  3. 中国プラットフォーマーのビジネスモデル最新動向と金融機関の競争・提携ポイント

中国プラットフォーマーのビジネスモデル最新動向と金融機関の競争・提携ポイント

~中国デジタル革命の体系的な理解を踏まえた国内金融機関の対応~
中国のプラットフォーマーの成長要因とビジネスモデルを解説
中国プラットフォーマーのビジネスモデル最新動向と金融機関の競争・提携ポイント

講演内容

中国デジタルビジネスの成長要因と変化(競争ポイントの最新動向)について、アリババ等プラットフォーマーのビジネスモデルと中国政府政策を中心に体系的に解説する。更に、「中国プラットフォーマーと銀行との競争と提携」について、プラットフォーマーの金融事業をアントフィナンシャル、微衆銀行(テンセント系)のケース分析をしたうえで、銀行Tier(Tier1:工商銀行等5大銀行、Tier2:株式制銀行、Tier3:都市商業銀行)毎に競争/提携の戦略と課題をモデル化し、日本企業への示唆を提示する。

講師

岡野 寿彦 氏

株式会社NTTデータ経営研究所
グローバル金融ビジネスユニット
シニアスペシャリスト

上智大学法学部卒業後、NTTデータにてSE、法務を経験した後、中国郵便貯金システムの構築、北京現地法人経営など中国ビジネスの豊富な経験を有する。

2011年より上海にて、中国金融機関向けITサービスの事業開発を目的に、人民銀行直系企業グループとの資本提携に取組み、合弁会社(董事長は元浦東発展銀行頭取)に経営陣No2で経営参画。16年からNTTデータ経営研究所勤務。

日本経済研究センターなど講演多数。上海交通大学客員教授、早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター研究員を兼務。

当日のプログラム

1.中国プラットフォーマーの成長要因とビジネスモデル

(1)中国デジタル革命の全体体系(要因間の因果関係×変化の構造)
(2)BAT:「社会の困りごと」を解決することを通じて成長
(3)事例分析:アリババ~EC事業者から中小企業にビジネスインフラを提供する企業へ

2.中国政府のロードマップとデジタル政策 (1)インターネット関連政策~経済新常態における成長エンジンの創出


(2)社会信用体系と信用スコア
(3)中国デジタル経済の進展による社会・経済活動の変化(分析)

3.プラットフォーマーとの競争ポイントの変化

(1)プラットフォーマーの戦略比較、分析
(2)競争ポイント1:生活シーンの囲い込み
(3)競争ポイント2:ネットとリアルの融合~チャネルから製品、サービスの競争へ

4.中国プラットフォーマーの金融ビジネス

(1)事例分析:アントフィナンシャル~“テックフィン”で目指すもの
(2)事例分析:微衆銀行(テンセント系)~ロングテール

5.銀行のデジタル対応とプラットフォーマーとの競争/提携

(1)銀行Tier1~3ごとのプラットフォーマーとの競争/提携モデル
(a)Tier1:工商銀行等5大銀行(工商銀行/建設銀行/農業銀行/中国銀行/交通銀行)
(b)Tier2:株式制銀行
(c)Tier3:都市商業銀行
(2)事例分析:工商銀行のデジタル戦略

6.日本の金融機関への示唆

(1)中国金融機関中堅幹部の課題意識からの考察~彼らは何に悩んでいるのか
(2)プラットフォーマーとの提携における課題(リーダーシップ争い、ビジネススタイルのギャップ等)
(3)ポジショニングとデジタル戦略~最新動向からの示唆

7.質疑応答

補足事項

※ 録音・ビデオ撮影・PCの使用等はご遠慮下さい。

主催企業

株式会社セミナーインフォ

お申し込み

開催情報

開催日時

2019-05-24(金) 13:30~16:30

参加費

34,780円 (定価 35,780円)

会場

株式会社セミナーインフォ カンファレンスルーム

〒102-0074 東京都千代田区九段南2-2-3 九段プラザビル2F