1. HOME
  2. セミナー
  3. 金融機関の統合的リスク管理に係る最新実務

金融機関の統合的リスク管理に係る最新実務

統合的リスク管理を基礎から最新実務を学べる
金融機関の統合的リスク管理に係る最新実務

講演内容

統合的リスク管理が金融機関に導入され、定着し、10年以上の年月が経過していますが、リーマンショック等、大きなインベントの影響下、求められるプラクティスは徐々に変化しています。特に、最近では、不透明で、変化が読みにくい、経営環境にて、経営計画~収益管理~リスク管理をどのように結びつけるべきかが、大きな話題となっているところです。

今回のセミナーでは、銀行や保険を中心に、金融機関の統合リスク管理に関して、最新の論点を踏まえつつ、求められる要件やベストプラクティスについて、分かりやすく基礎から説明を行います。自社の担当者が自社の制度を評価する一方で、限界を認識しつつも、何ができるのか、今、何をすべきかについて、理解していただくことを目的としています。

講師

神崎 有吾 氏

新日本有限責任監査法人
金融部
シニアマネージャー

格付投資情報センター・金融工学研究所を経て、大手監査法人に入所。

統合的リスク管理(ERM)や信用リスクに対するコンサルティングや会計監査に従事。2009年~11年、金融庁監督局総務課バーゼルII 推進室に出向し、バーゼルII(信用リスク、市場リスク、オペリスク)の業務に従事。

5年に新日本有限責任監査法人入所後は、統合的リスク管理(ERM)の整備・高度化支援、各リスクの計量化・モデル構築支援、内部監査サポート、国内外の規制遵守に係るアドバイザリーを提供

著書等:『これで納得! 信用格付モデルの実際』(共著、金融財政事情連載)

当日のプログラム

1.統合リスク管理の全体像

(1)統合リスク管理の枠組み
(2)何を目的とすべきか(リスク量と対比すべきターゲット)
(3)リスクカテゴリーの設定
(4)資本配賦 / 経営指標

2.リスクアペタイトフレームワーク

(1)リスクアペタイトフレームワークの概要
(2)リスクアペタイトフレームワークに関する実務
(3)早期警戒指標を用いた投融資に対するモニタリング制度の設計
(4)戦略的なリスク指標の利用

3.ストレステスト

(1)マクロストレステスト
(2)投資の意思決定で用いるストレステスト
(3)RAFとストレステストの関連付け

4.市場リスク計量化手法

(1)市場リスク計量化モデルの種類
(2)市場リスク計量化モデルの癖・弱点

5.信用リスク計量化手法

(1)大口債務者のリスク計量化
(2)リテール債権のリスク計量化
(3)不動産・証券化のリスク管理

6.質疑応答

補足事項

※ 録音・ビデオ撮影・PCの使用等はご遠慮下さい。
※ご同業の方からのお申し込みはお断りさせていただく場合がございますので、ご了承ください。

主催企業

株式会社セミナーインフォ

お申し込み

開催情報

開催日時

2017-06-14(水) 13:30~16:30

参加費

34,940円 (定価 35,940円)

会場

株式会社セミナーインフォ カンファレンスルーム

〒102-0074 東京都千代田区九段南2-2-3 九段プラザビル2F