1. HOME
  2. セミナー
  3. 最新のホテル投資事情とバリュエーション手法

最新のホテル投資事情とバリュエーション手法

ホテル市場の最新動向からバリュエーション手法を解説
最新のホテル投資事情とバリュエーション手法

講演内容

ホテルへの不動産投資は、従来、高度な専門性が求められるために敬遠されてきました。しかし、活況なホテル市況を背景に一転、その賃料収入等に着目した取得・開発の動きが活発となっています。ホテルについては所有・経営・運営の役割分化が進み、賃料水準や利回り水準が形成されつつある一方で、運営形態や賃料形式のほか、資産区分・修繕区分が複雑になっています。

本セミナーでは、最新のホテルの市場動向を解説のうえ、ホテルタイプ別の事業特性、価格形成要因がどのように作用して「価格」に影響するのか、どのような方策をとればバリューアップにつながるのか、ホテル特有のバリュエーション方法、キャッシュフローやキャップレートの査定・分析方法を解説し、バリュエーション手法の全容を明らかにしてまいります。

講師

出口 和也 氏

大和不動産鑑定株式会社
東京本社 鑑定・証券化部
課長
ホテルチームリーダー

不動産鑑定士。不動産証券化協会認定マスター。

証券化、訴訟、再生、M&A、開発等、様々な依頼目的・アセットに関わる。評価業務に従事しており、特にホテルについては、宿泊特化型ホテルからリゾートホテルまで数多くの評価実績を有している。また、全国各地でホテルの市況やバリュエーションをテーマとする。

セミナーで数多くの講演のほか、書籍の執筆等も行っている。

講師

山下 翔吾 氏

大和不動産鑑定株式会社
東京本社 鑑定・証券化部
ホテルチーム

主にホテルマーケット分析を担当しており、ホテル開発に関する案件も数多く経験している。

鑑定評価実績も豊富であり、特にホテルについては独立系小規模ホテルからグローバルブランドホテルまでタイプにかかわらず、多くの評価実績を有している。

また、クライアントなどを対象にホテルの市況についてのセミナーを開催している。

当日のプログラム

1.全国のホテル市況の動向

(1)ホテルを取り巻く市場環境
(2)インバウンドの動向
(3)ホテルの主要取引事例と取引動向
(4)ホテルの開発動向とエリアトピック

2.オペレーショナルアセット(事業用不動産)のバリュエーション手法

(1)コストアプローチ(原価法)
(2)インカムアプローチ(収益還元法)

3.ホテルのバリュエーション手法

(1)ホテルのタイプ別分析
(a)ホテルのカテゴライズ
(b)ホテルの事業特性
(c)ホテルの運営形態
(d)ホテルの賃料形態
(2)ホテルの価格形成要因の分析
(a)地域特性の分析
(b)対象ホテルの分析
(3)ホテルのバリュエーション
(a)ホテルの収益価格算定フロー
(b)各部門別の営業収入・費用分析
(c)不動産経費控除前営業利益(GOP)
(d)負担可能賃料の査定
(e)不動産キャッシュフロー分析
(f)キャップレート(還元利回り)

4.ケーススタディ

5.質疑応答

補足事項

※ 録音・ビデオ撮影・PCの使用等はご遠慮下さい。
※ご同業の方からのお申し込みはお断りさせていただく場合がございますので、ご了承ください。

主催企業

株式会社セミナーインフォ

お申し込み

開催情報

開催日時

2017-07-07(金) 13:30~16:30

参加費

33,280円 (定価 34,280円)

会場

株式会社セミナーインフォ カンファレンスルーム

〒102-0074 東京都千代田区九段南2-2-3 九段プラザビル2F