1. HOME
  2. セミナー
  3. RPA・AIを活用した内部監査と今後の展望

RPA・AIを活用した内部監査と今後の展望

今後の内部監査におけるテクノロジーの活用とその可能性について考察
RPA・AIを活用した内部監査と今後の展望

講演内容

企業のデジタル化が急速に進む今日において、内部監査の領域においてもデータ分析の活用が1つのテーマとなっています。

本セミナーでは、改訂されたコーポレートガバナンスコードやCOSO ERMフレームワークについての対応や、PwCがグローバルで実施している内部監査の調査動向、実際の現場でのデータ分析の活用方法をご紹介するとともに、伝統的な監査手法とデータ分析を活用した内部監査の手法、RPAやAIを使用した監査など、金融機関における活用事例と最新の技術動向を交えて、今後の内部監査におけるテクノロジーの活用とその可能性について、考察いたします。

講師

高木 和人 氏

PwCあらた有限責任監査法人
ディレクター

PwCあらた有限責任監査法人 リスク・デジタル・アシュアランス部門 ディレクター。

グローバル企業の内部監査高度化支援、ガバナンス・リスク・コンプライアンス態勢の高度化支援を含む、様々なサービスを提供。

講師

浅水 賢祐 氏

PwCあらた有限責任監査法人
マネージャー

PwCあらた有限責任監査法人 リスク・デジタル・アシュアランス部門 マネージャー。

データアナリティクスを活用したモニタリングの高度化支援業務、RPA(Robotic Process Automation)による内部統制の自動化及びガバナンス態勢の構築支援業務を始め、様々なサービスを提供。

当日のプログラム

1.リスクマネジメントの最前線

(1)コーポレートガバナンスコードの改訂とその対応
(2)改訂版COSO ERMフレームワークへの対応

2.PwC内部監査サーベイからの示唆

~内部監査においてデータ分析はどのように活用されているか?

3.内部監査におけるデータ分析活用のステップ

4.内部監査の各プロセスにおけるデータ分析の活用例

5.テクノロジーを活用した内部監査

(1)伝統的なデータ分析
~CAATs(Computer Assisted Audit Technics)の活用
(2)内部監査におけるプロセスマイニングの活用
~業務の実態を時系列で視覚化する
(3)内部監査におけるソーシャルリスクへのデータ活用
~デジタルリスクを可視化する
(4)RPAのインパクト
~RPA(Robotic Process Automation)に対する内部監査と、内部監査におけるRPAの対応

6.未来の内部監査への展望

~内部監査におけるテクノロジー活用のロードマップ

7.質疑応答

補足事項

※ 録音・ビデオ撮影・PCの使用等はご遠慮下さい。
※ 講師とご同業にあたる方からのお申し込みはお断りさせていただく場合がございますので、ご了承ください。

主催企業

株式会社セミナーインフォ

お申し込み

開催情報

開催日時

2018-07-24(火) 9:30~12:30

参加費

34,500円 (定価 35,500円)

会場

株式会社セミナーインフォ カンファレンスルーム

〒102-0074 東京都千代田区九段南2-2-3 九段プラザビル2F