1. HOME
  2. セミナー
  3. 債権法改正による保険代理店実務への影響

債権法改正による保険代理店実務への影響

元金融庁職員の弁護士がわかりやすく解説する
債権法改正による保険代理店実務への影響

講演内容

2015年3月31日に国会に提出された「民法の一部を改正する法律案」が2017年5月26日に成立、同年6月2日に公布されました。施行日は、「公布の日から起算して3年を超えない範囲内において政令で定める日」とされており、遅くとも、2020年6月には施行される見込みです。

民法制定以来、約120年ぶりの大改正であり、保険業界の皆様も、民法改正に合わせた態勢整備を余儀なくされることになります。 民法改正の内容は多岐にわたるところ、本セミナーでは、改正のポイントを紹介し、改正が保険代理店の実務にいかなる影響を与え得るのか等の点について、解説します。

講師

吉田 桂公 氏

のぞみ総合法律事務所
パートナー
弁護士

2002年11月司法試験合格。03年3月東京大学法学部卒業。

04年10月のぞみ総合法律事務所入所。06年4月~07年3月日本銀行決済機構局(決済企画担当)、07年4月~09年3月金融庁検査局(専門検査官)に出向。09年4月のぞみ総合法律事務所復帰。

主要取扱業務は、金融レギュレーション(保険業法、銀行法、金融商品取引法、信託業法等)、企業のコンプライアンス態勢構築、訴訟・金融ADR対応、調査委員会活動等。保険会社(生保、損保)、保険代理店、保険仲立人、銀行等のコンプライアンス態勢(内部規程、組織体制等)の構築支援等を多数手がける。

講師

高松 遼 氏

のぞみ総合法律事務所
弁護士

2012年3月東京大学法学部卒業。14年3月東京大学大学院法学政治学研究科法曹養成専攻卒業。同年9月司法試験合格。

15年12月のぞみ総合法律事務所入所。

主要取扱業務は、コンプライアンス(保険業法、銀行法等)、各種契約法務等。

当日のプログラム

1.民法改正の概要・ポイント

(1)意思表示に関する規定の拡充
(2)消滅時効に関する規定の見直し
(3)個人保証人の保護の規定の拡充
(4)定型約款に関する規定の新設
(5)その他

2.保険代理店業務に与える影響

(1)保険募集業務の場面
(2)保全業務の場面

3.上記影響を踏まえた留意点、態勢整備のポイント

(1)あるべき業務フロー
(2)規程類の改定等
(3)研修・教育
(4)その他

4.質疑応答

補足事項

※ 録音・ビデオ撮影・PCの使用等はご遠慮下さい。

主催企業

株式会社セミナーインフォ

お申し込み

開催情報

開催日時

2017-08-21(月) 13:30~16:30

参加費

35,850円 (定価 36,850円)

会場

株式会社セミナーインフォ カンファレンスルーム

〒102-0074 東京都千代田区九段南2-2-3 九段プラザビル2F