1. HOME
  2. セミナー
  3. 2020年に向けたVisaの新しい決済への取り組み

2020年に向けたVisaの新しい決済への取り組み

Visa実務担当者がVisaの決済への取り組みを紹介する
2020年に向けたVisaの新しい決済への取り組み

講演内容

世界ではフィンテックを使った新しい決済サービスがマーケットに展開されている中、日本においても割販法の改正によって新しい決済を導入するためのEMVのインフラが普及してきた。

本セミナーでは、世界各国での決済の動向と、EMV技術の概要をご紹介し、2020年の東京オリンピックに向けてVisaが導入する非接触決済Visa payWaveや、その他の決済技術への取り組みを紹介する。

講師

今田 和成 氏

ビザ・ワールドワイド・ジャパン株式会社
デジタル・ソリューション&ディプロイメント
ディレクター

大学、大学院で通信工学を専攻後、日本エリクソンを経て2003年Visaへ入社。

ICカードの普及活動や赤外線など新しい技術を使った決済の導入を担当。

現在は加盟店やカード会社、銀行の接触、非接触IC カードの導入を技術面から支援しながら携帯電話等のデバイスを使った新しい決済の日本への導入を行っている。

当日のプログラム

1.Visaのご紹介と決済における役割

(1)電子決済の推進
(a)Visaのご紹介と決済の電子化の歩み
(b)決済におけるVisaの役割
(c)VisaのCore Value

(2)地域、国別動向~世界の決済動向

2.フィンテックへの取り組み

(1)モバイル決済の現状と将来
(a)モバイル決済の定義
(b) Visa payWaveとモバイル
(2)VisaNetのオープン化政策
(a)Visa Developerとは
(b)Visa Innovation Centerとは
(3)新たなペイメントサービス
(a)モバイルウォレットを使ったサービス
(b)QRコード決済
(c)個人間送金

3.2020年に向けて

(1)日本におけるキャッシュレス推進
(a)日本での決済マーケットの課題
(b)どうやってキャッシュレス社会を作るのか
(2)接触EMV推進の重要性
(a)EMVとは何か
(b)EMVのインフラ整備の重要性
(3)日本における非接触決済推進
(a)Visa payWaveは電子マネーではない!!
(b)Visa payWaveの推進
(4)インバウンド施策
(a)外国人観光客のために何をするべきなのか
(b)2020年そしてキャッシュレス・ジャパンに向けて

4.質疑応答

補足事項

※ 録音・ビデオ撮影・PCの使用等はご遠慮下さい。

主催企業

株式会社セミナーインフォ

お申し込み

開催情報

開催日時

2017-08-23(水) 13:30~16:30

参加費

34,180円 (定価 35,180円)

会場

株式会社セミナーインフォ カンファレンスルーム

〒102-0074 東京都千代田区九段南2-2-3 九段プラザビル2F